再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№92

低い石の手すりが湖の岸をかこみ、その水面にテラスの模型をうつしていた。そして、その近辺では薔薇が咲きほこっていた。他の場所でも薔薇の茂みが注意深く刈り込まれたり、手入れをされたりしながら、安らぎをあたえてくれる芝の緑に囲まれて、色彩と香りのオアシスを形成していた。さらに離れたところからでも、目に入ってくるのは、多彩な色にみちたロードデンドロンの生垣であった。こうした好ましい例外とともに、よく整えられた庭では花を見つけるのは難しかった。けばけばしいゼラニウムの花壇は見当違いの権威の乱用であり、花で飾られた道は無駄なしろものである。だから郊外の庭いじり趣味の人も、ここではそうした表現を見かけないのであった。

 A low stone balustrade fenced part of the shore of the lake, making a miniature terrace above its level, and here roses grew in a rich multitude.  Other rose bushes, carefully pruned and tended, formed little oases of colour and perfume amid the restful green of the sward, and in the distance the eye caught the variegated blaze of a many-hued hedge of rhododendron.  With these favoured exceptions flowers were hard to find in this well-ordered garden; the misguided tyranny of staring geranium beds and beflowered archways leading to nowhere, so dear to the suburban gardener, found no expression here. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№91

噴水から四方八方になめらかな芝生が広がり、小人のような栗や桑の木立があちらこちらに姿をあらわしては、その葉や小枝からレース模様のような影がのびていた。片側では芝生が緩やかな傾斜をえがいて、その先には小さな湖があり、湖上には白鳥のカルテットが漂っていたーその動作には悲しく、物憂いものが漂い、彼らのカーストのうんざりする威厳のせいで、小さな水鳥の喜びに満ちたざわめきの輪に入らないとでも言うようであった。エレーヌが好んで想像するところでは、白鳥は不幸な少年たちの魂が再び形成されたものであり、その少年たちは親の利益のために、無理やり教会の高僧にさせられたり、早々と尊師にさせられたりしたのであった。

 On all sides of it a stretch of smooth turf spread away, broken up here and there by groups of dwarfish chestnut and mulberry trees, whose leaves and branches cast a laced pattern of shade beneath them.  On one side the lawn sloped gently down to a small lake, whereon floated a quartette of swans, their movements suggestive of a certain mournful listlessness, as though a weary dignity of caste held them back from the joyous bustling life of the lesser waterfowl.  Elaine liked to imagine that they re-embodied the souls of unhappy boys who had been forced by family interests to become high ecclesiastical dignitaries and had grown prematurely Right Reverend. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№90

 エレーヌ・ド・フレイはくつろいで座っていたーとにかく、全身でくつろいでいたー柳の小枝で編んだ低い椅子はヒマラヤスギの木立におかれていたが、そこは荘重で広々とした庭の中心だったーその庭は公園になることを最初から心に決めていたかのような場所であった。古風な噴水の浅い石の水盤がーその縁では鉛のカワウソが永遠に鉛の鮭を捕食していたー人目につく場所をしめながら、すぐ近くで前景をなしていた。周囲にはラテン語の銘文が刻まれ、死すべき人間に警告しているのは「時は水のように速く流れ、時を利用しようとする者は疲れ果てる」との言葉であった。その後ろでは、その言葉について道徳的考察をするジャコビアン様式の小品が、恥知らずにもその道を通りすぎる者を惑わしてしまうので、瞑想にふけって休憩することはあきらなければならなかった。

Elaine de Frey sat at ease—at bodily ease—at any rate—in a low wicker chair placed under the shade of a group of cedars in the heart of a stately spacious garden that had almost made up its mind to be a park.  The shallow stone basin of an old fountain, on whose wide ledge a leaden-moulded otter for ever preyed on a leaden salmon, filled a conspicuous place in the immediate foreground. Around its rim ran an inscription in Latin, warning mortal man that time flows as swiftly as water and exhorting him to make the most of his hours; after which piece of Jacobean moralising it set itself shamelessly to beguile all who might pass that way into an abandonment of contemplative repose.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№89

退散していく彼の姿を、彼女は徐々に涙でかすんでいく目で見つめた。彼は陽気で、見た目もいい友達で、ともに楽しい時を過ごしてきた。慣れ親しんだ待ち合わせの場を見わたしたときに、まつ毛にかかる涙がこぼれそうになったのは、そこは初めて二人してやってきた日から密会を続けてきた場所だからであった。彼がまだ学生で、彼女も十代のときのことである。しばし、彼女は悲しみに隷属している己を感じた。

 それから驚くほどの精力でーわずか二週間しか街にいない者ならではのものだったー、彼女はそこから立ち去って世界を旅する船のファンと一緒に彼のクラブでお茶をした。多元論とは、慈悲深い麻薬なのである。

She watched his retreating figure with eyes that grew slowly misty; he had been such a jolly comely boy-friend, and they had had such good times together.  The mist deepened on her lashes as she looked round at the familiar rendezvous where they had so often kept tryst since the day when they had first come there together, he a schoolboy and she but lately out of her teens.  For the moment she felt herself in the thrall of a very real sorrow.

Then, with the admirable energy of one who is only in town for a fleeting fortnight, she raced away to have tea with a world-faring naval admirer at his club.  Pluralism is a merciful narcotic.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№88

「君はずいぶん先のことを考えている」ヨールは笑った。「あの娘さんも、君と同じ見方をするようになって、僕と将来を分かち合えば不幸になる可能性があると考えるかもしれない。そうなると貧しい政治家として独身時代を過ごす自分に甘んじる羽目になる。とにかく今はいっしょなんだ。今夜、ケトナーの店で夕食にしよう、いいね」

「どちらかといえば」モリーはいった。「のどにつまるようなご馳走になりそうよ。わたしの気持ちとしては。でも未来のヨール夫人の健康を祈って乾杯しないといけないのね。ところで、お相手がどなたなのか言わないのもあなたらしいわ。それがどなたなのか聞かないのも私らしいけど。でも今は、いい子になって。急いで立ち去って、私をひとりにして。まだ、あなたにはさようならは言わないわ。でも雉の飼育場には別れを告げるつもり。ここでずいぶんと楽しい話をしたわねえ。あなたと私でこの席に腰かけて、ねえ、そうでしょ。わかっているわ。それもこれでおしまいになる。今夜、八時に。できるだけ時間には正確に」

“You’re looking forward pretty far,” laughed Youghal; “the lady may take your view as to the probable unhappiness of a future shared with me, and I may have to content myself with penurious political bachelorhood.  Anyhow, the present is still with us. We dine at Kettner’s to-night, don’t we?”

“Rather,” said Molly, “though it will be more or less a throat-lumpy feast as far as I am concerned.  We shall have to drink to the health of the future Mrs. Youghal. By the way, it’s rather characteristic of you that you haven’t told me who she is, and of me that I haven’t asked.  And now, like a dear boy, trot away and leave me. I haven’t got to say good-bye to you yet, but I’m going to take a quiet farewell of the Pheasantry. We’ve had some jolly good talks, you and I, sitting on this seat, haven’t we?  And I know, as well as I know anything, that this is the last of them. Eight o’clock to-night, as punctually as possible.”



PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№87

一瞬、沈黙がたちこめ、ふたりとも雉の檻をみつめていた。ややしてモリーがふたたび口火をきったが、それは機敏で、神経質な将軍が急いで自分の部隊の配置を変え、退却しようとする戦略をとろうとするときさながらの勢いだった。

「無事に結婚して新婚旅行に出かけ、妻を政治上の女主人として試すのね。でも議会が開会していないときは、あなたはひとりでここに立ち寄って、一緒にちょっとした狩りもどきをするにちがいないわ。そうじゃないかしら。昔のままというわけにはいかないでしょうけど。でも時流にのった政治婚の記事が延々と書かれることになるでしょうから、私も読むのが楽しみよ」

There was a short pause; they were both staring at the pheasant cages.  Then Molly spoke again, with the swift nervous tone of a general who is hurriedly altering the disposition of his forces for a strategic retreat.

“When you are safely married and honey-mooned and all that sort of thing, and have put your wife through her paces as a political hostess, some time, when the House isn’t sitting, you must come down by yourself, and do a little hunting with us.  Will you? It won’t be quite the same as old times, but it will be something to look forward to when I’m reading the endless paragraphs about your fashionable political wedding.”


PDF
カテゴリー: 未分類 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№86

「たしかにあなたは恋をしているわ、コートニー」モリーはいった。「でも、それは老練の恋、うぶな恋とはちがう。だから、うれしくもあるのよ。ほんの少しのあいだでも、あなたが可愛らしい女の人に惚れたりしたら嫌だもの。恋が成就すれば、あなたは幸せになることでしょうね。だから私は自分の気持ちは脇において、あなたには前進して、勝つのよと言うことにするわ。お金のある女性と結婚することになった。相手は素敵な女性で、しかも申し分のない女主人になれる。誰にとっても結構な話だわ。私の結婚生活よりも、ずっと幸せな結婚生活をおくることになるのでしょうね。でも結婚をすれば、あなたのことだから、他のことに夢中になるでしょうけど。私は庭いじりをしたり、乳しぼりをしたりして、子供部屋には子供たちがいて、貸本屋さんで本を借りて読むのよ。周囲数百マイルにある庭や乳搾り場や子供部屋とどこも変わらない暮らしだわ。自分の妻が指の痛みを訴えるたびに、あなたはふだん心配されているほどには心配したりしないでしょうね。妻とは家で時々会っていれば、じゅうぶん嬉しいひとなのだから。あなたがそれで幸せかどうかなんて詮索はしない。その女の人はおそらくみじめでしょうね。けれど、どんな女の人でも、あなたと結婚すればみじめになる」

“You are certainly in love, Courtenay,” said Molly, “but it’s the old love and not a new one.  I’m rather glad. I should have hated to have you head-over-heels in love with a pretty woman, even for a short time.  You’ll be much happier as it is. And I’m going to put all my feelings in the background, and tell you to go in and win.  You’ve got to marry a rich woman, and if she’s nice and will make a good hostess, so much the better for everybody. You’ll be happier in your married life than I shall be in mine, when it comes; you’ll have other interests to absorb you.  I shall just have the garden and dairy and nursery and lending library, as like as two peas to all the gardens and dairies and nurseries for hundreds of miles round. You won’t care for your wife enough to be worried every time she has a finger-ache, and you’ll like her well enough to be pleased to meet her sometimes at your own house.  I shouldn’t wonder if you were quite happy. She will probably be miserable, but any woman who married you would be.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№85

「そして彼女も、あなたに恋しているのかしら?」

ヨールはかすかに断定する動作で頭をそらしたが、その動作はモリーが見慣れたものであり、好んでいるものでもあった。

「よく判断してから行動する娘だと思う。だから馬鹿みたいに好いてはくれないかもしれないが、私に関心をもつのも悪くはないだろう。私は若いし、見かけもいい。それに議会で功をとげつつある。彼女なら、私についてのあらゆる記事を、良い記事から怖ろしい記事まで新聞を、朝食の席でも読むことができるだろう。私にしても、時には朗らかで楽しくも振る舞うこともできる。だが、私は沈黙の価値を理解しているから、陽気でおしゃべり好きの夫という怖ろしいものになりさがる心配はない。お金もあって社会的な野心もある娘にすれば、まんざらでもあるまい。」

“And is she in love with you?”

Youghal threw back his head with the slight assertive movement that Molly knew and liked.

“She’s a girl who I fancy would let judgment influence her a lot.  And without being stupidly conceited, I think I may say she might do worse than throw herself away on me.  I’m young and quite good-looking, and I’m making a name for myself in the House; she’ll be able to read all sorts of nice and horrid things about me in the papers at breakfast-time.  I can be brilliantly amusing at times, and I understand the value of silence; there is no fear that I shall ever degenerate into that fearsome thing—a cheerful talkative husband. For a girl with money and social ambitions I should think I was rather a good thing.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№84

モリーは安堵のあまりブーと息をついた。コートニーへの愛情は不安をうみ、その不安が先ほどの問いかけのもとになっていた。至極当然の嫉妬から、彼女は次の問いかけをした。

「若くて、可愛らしい感じの方なのかしら。それとも物腰のいい、目のきれいな方なのかしら。ふつう、お金がたくさんあれば、そうなるものだから」

「若くて、見た目もいいし、独特の物腰の持ち主でもある。美人だという人もいるかもしれない。政治家の妻としては、すばらしい女性だと思う。どちらかと言えば、彼女に恋していると思う」

Molly gave a grunt of relief.  Her affection for Courtenay had produced the anxiety which underlay her first question; a natural jealousy prompted the next one.

“Is she young and pretty and all that sort of thing, or is she just a good sort with a sympathetic manner and nice eyes?  As a rule that’s the kind that goes with a lot of money.”

“Young and quite good-looking in her way, and a distinct style of her own.  Some people would call her beautiful. As a political hostess I should think she’d be splendid.  I imagine I’m rather in love with her.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№83

モリー・マククェードは鋭く相手を見つめたが、彼は目の前で駆けまわる雉に視線をむけたままだった。

「役に立たない相手に夢中になっているなんて言わないで。お金もないひとなんかに」彼女は言った。「そんなことには耐えられないわ」

しばらくのあいだ、彼女はコートニーのわがままが思いもよらない展開を生じたのではないかと怖れた。そこでは、野心が今このときを空想する方へと流されてしまう。もしかしたら議会での出世を犠牲にしてまで、束の間の、魅力的な女を相手にして、愚かしい無為の時を過ごすのだろうか。彼はすばやく彼女の疑念をはらいのけた。

「その女性には、山ほどの資産がある」

Molly McQuade turned sharply to look at her companion, who still fixed his gaze on the pheasant run in front of him.

“Don’t tell me you’re losing your head over somebody useless, someone without money,” she said; “I don’t think I could stand that.”

For the moment she feared that Courtenay’s selfishness might have taken an unexpected turn, in which ambition had given way to the fancy of the hour; he might be going to sacrifice his Parliamentary career for a life of stupid lounging in momentarily attractive company.  He quickly undeceived her.

“She’s got heaps of money.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする