チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第193回

「紳士淑女のみなさん」彼は腹をたててわめいた。「仲間が話したように、我々は喜んで被告側にも自由をあたえます。もし被告側がいればの話ですが。と言うのも、ムーン氏がそこにいるのは、冗談をいうためのように思えるからです。とても面白い冗談だと、あえて言っておきましょう。ですが、弁護依頼人を手伝おうとはまったくしません。彼はあらさがしをするのです。沈黙していることにも。私に依頼してくる人物の社会的人気にも。私が文をかくときのスタイルにも。彼の格調高いヨ-ロッパの趣味とは異なるものですから。でも、こうしてあらさがしをしたところで、この問題にどう影響するのでしょうか。スミスは、私の依頼人の帽子に二か所、穴をあけました。もし、もう一インチずれていたら、弾があたって彼の頭に穴が二か所あいていたことでしょう。世界中のどんな冗談も、こうした穴をこじあけることはないでしょうし、弁護側の役にたつことはないでしょう」

 

“Ladies and gentlemen,” he cried indignantly, “as my colleague has said, we should be delighted to give any latitude to the defence—if there were a defence. But Mr. Moon seems to think he is there to make jokes— very good jokes I dare say, but not at all adapted to assist his client. He picks holes in science. He picks holes in my client’s social popularity. He picks holes in my literary style, which doesn’t seem to suit his high-toned European taste. But how does this picking of holes affect the issue? This Smith has picked two holes in my client’s hat, and with an inch better aim would have picked two holes in his head. All the jokes in the world won’t unpick those holes or be any use for the defence.”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第192回

ムーンは激しい感情にかられながら、この大げさな演説をした。だが、さらに激しい感情が、テーブルの向こう側では吐露されていた。ウォーナー博士はモーゼス・グールドの小さな体のむかいでその巨体をかたむけ、ピム博士に興奮した囁き声で話していた。その専門家は何度も頷き、ついには厳めしい様子で立ちあがった。

 

He pronounced this peroration with an appearance of strong emotion. But even stronger emotions were manifesting themselves on the other side of the table. Dr. Warner had leaned his large body quite across the little figure of Moses Gould and was talking in excited whispers to Dr. Pym. That expert nodded a great many times and finally started to his feet with a sincere expression of sternness.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第191回

「他にも手紙はたくさんある」ムーンはつづけた。「すべての手紙は、優秀なる我が友の証拠とするに耐えうるものだ。だからピム博士は、調査のこうした面を認めるべきだと思う。ピム博士は実に正確に言われたけれど、我々の目の前にあるのは自然の力なんだ。ロンドンの水道が大きな滝となって流れるほうがましじゃないか。誰かに殺されてしまうというウォーナー博士のすごい状況と比べたら。クェーカー教徒の集まりに博士を連れていってごらん。クェーカー教徒はクリスチャンのなかでも、いちばん平和な連中だけれど、すぐにチョコレートの棒で博士を殴り殺してしまうだろう。ニュー・エルサレムの街角に博士を連れていってごらん。宝石を投げつけられて死んでしまうことだろう。環境は美しいし、素晴らしいものかもしれない。ふつうのひとは心躍るのかもしれない。収穫者は黄金色のあごひげをはやしているかもしれない。医者は秘密をあてるかもしれない。滝には虹がかかっているかもしれない。アングロサクソン人の子どもは勇敢な眉をしているかもしれない。だが、こうした素晴らしいものがあっても、ウォーナー博士は殺されるほうへと己の道をあゆみ、ついには幸せに、誇らしく思いながら成功するのだろう」

 

“I have numberless other letters,” continued Moon, “all bearing witness to this widespread feeling about my eminent friend; and I therefore think that Dr. Pym should have admitted this side of the question in his survey. We are in the presence, as Dr. Pym so truly says, of a natural force. As soon stay the cataract of the London water-works as stay the great tendency of Dr. Warner to be assassinated by somebody. Place that man in a Quakers’ meeting, among the most peaceful of Christians, and he will immediately be beaten to death with sticks of chocolate. Place him among the angels of the New Jerusalem, and he will be stoned to death with precious stones. Circumstances may be beautiful and wonderful, the average may be heart-upholding, the harvester may be golden-bearded, the doctor may be secret-guessing, the cataract may be iris-leapt, the Anglo-Saxon infant may be brave-browed, but against and above all these prodigies the grand simple tendency of Dr. Warner to get murdered will still pursue its way until it happily and triumphantly succeeds at last.”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第190回

学識高い我が友の例にならい、手紙のうち二通だけを読もう。最初は、ハロー・ロードに住んでいる正直で、勤勉な寮母からのものだ」

「サー・ムーン様

ええ、わたしは彼にソースパンを投げました。なぜかって? それしか投げられるものがなかったものですから。柔らかいものは全部どこかに消えていたので。もしウォーナー博士がソースパンを投げつけられたくないと思うのなら、ご婦人の居間では帽子をとるように伝えてください。それからにやにやしたり、冗談をいったりすることも止めるように伝えてください。ハンナ・マイルズ」

「もう一通はダブリンに住む医者からのものだ。その医者といっしょに、ウォーナー博士は医師の協議会で働いていた。彼はこう書いてきた」

「拝啓

 その件について知り、私も誠に遺憾に思わざるをません。ただ説明申し上げることも不可能なのです。私が専門としている医学分野は精神面ではありませんから、精神の専門家の見解をいただけたら嬉しく思います。それは瞬時の出来事で、無意識の行動でもありました。しかしながら、私がウォーナー博士の鼻をひっぱったと言うのは、不正確な表現であり、重要な出来事に思えるのです。彼の鼻にパンチをくらわせたことは、よろこんで認めますし、いささかの悔いも感じてはおりません。ですが「ひっぱる」と言うと、それは正確な目標があり、その目標とは近づけないもののように思えます。これと比較すると、「パンチをくらわせる」という行為は外にむかった行為であり、瞬間的なものであり、自然なふるまいなのです。どうぞ信じていただけたらと思います。バートン・レストランジ」

 

Following the example of my learned friends I will read only two of them. The first is from an honest and laborious matron living off the Harrow Road.

“Mr. Moon, Sir,—Yes, I did throw a sorsepan at him. Wot then? It was all I had to throw, all the soft things being porned, and if your Docter Warner doesn’t like having sorsepans thrown at him, don’t let him wear his hat in a respectable woman’s parler, and tell him to leave orf smiling or tell us the joke.—Yours respectfully, Hannah Miles.

“The other letter is from a physician of some note in Dublin, with whom Dr. Warner was once engaged in consultation. He writes as follows:—

“Dear Sir,—The incident to which you refer is one which I regret, and which, moreover, I have never been able to explain. My own branch of medicine is not mental; and I should be glad to have the view of a mental specialist on my singular momentary and indeed almost automatic action. To say that I `pulled Dr. Warner’s nose,’ is, however, inaccurate in a respect that strikes me as important. That I punched his nose I must cheerfully admit (I need not say with what regret); but pulling seems to me to imply a precision of objective with which I cannot reproach myself. In comparison with this, the act of punching was an outward, instantaneous, and even natural gesture.— Believe me, yours faithfully, Burton Lestrange.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第189回

「そんな論文に権威なんかがあるのだろうか?」ピム博士は腰をおろしながら問いかけた。

「ああ、権威ですか!」ムーンはあっさり言った。「そんなものは信仰に基づいているものですよ」

 ピム博士は、ふたたび飛び上がった。「私たちの権威が基づいているのは、かなり正確で、詳細に記してあるものなんだ」彼は言った。

「そこで扱われている分野は、論じたり、検証したりすることができるものだ。弁護人も認めるでしょうが、死とは経験からなる事実なのです」

「私の経験からなるものではない」ムーンは陰鬱に答えると、頭をふった。

「そうしたことは、人生で一度も経験したことがない」

「ああ、たしかに」ピム博士は言うと、かさかさ音をたてる書類のあいだに座った。

「そこで思うのだが」ムーンは同じように憂鬱な声で、ふたたび始めた。「ウォーナー博士のような男は、進化の神秘的な過程において、そうした攻撃をうけるように運命づけられているんだ。私の依頼人スミスは猛攻撃をしたと言われているが、そうしたことがあったとしても、めずらしいことではない。ウォーナー博士の複数の知り合いから手紙をもらっているんだ。それによれば、この非凡なる博士は、知り合いにも同じような影響をおよぼしたらしい。

 

“Would it have much authority?” asked Pym, sitting down.

“Oh, authority!” said Moon lightly; “that depends on a fellow’s religion.”

Dr. Pym jumped up again. “Our authority is based on masses of accurate detail,” he said. “It deals with a region in which things can be handled and tested. My opponent will at least admit that death is a fact of experience.”

“Not of mine,” said Moon mournfully, shaking his head.
“I’ve never experienced such a thing in all my life.”

“Well, really,” said Dr. Pym, and sat down sharply amid a crackle of papers.

“So we see,” resumed Moon, in the same melancholy voice, “that a man like Dr. Warner is, in the mysterious workings of evolution, doomed to such attacks. My client’s onslaught, even if it occurred, was not unique. I have in my hand letters from more than one acquaintance of Dr. Warner whom that remarkable man has affected in the same way.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第188回

「待ってくれ。ちょっと待ってくれ」モーゼスは叫びながら跳びあがると、興奮のあまり、さかんに身ぶりでしめした。「こちらの先生には言うことがある。こちらの先生が、その件について少し話したいそうだ」

 ピム博士は実際に立ちあがったが、その顔は青ざめ、やや残酷そうに見えた。「私が自らに厳しく課していることは」彼は鼻にかかった声で言った。「すぐに参照することが可能な本から説明するということです。ゾンネンシャインの「破壊的なタイプ」は、テーブルの上にありますから、もし弁護側が見たければ見ることもできます。でもムーンさんが話されている『破壊可能性』に関する素晴らしい論文とはどこにあるのですか? 存在するのですか? 彼はその論文を見せることができるのでしょうか」

「見せることはできる」アイルランド人は嘲りをこめて叫んだ。

「インク代と紙代を払ってくれたら、見せてやるとも」

 

“Hi, stop the ‘bus! stop the ‘bus!” cried Moses, jumping up and down and gesticulating in great excitement. “My principal’s got something to say! My principal wants to do a bit of talkin’.”

Dr. Pym was indeed on his feet, looking pallid and rather vicious. “I have strictly CON-fined myself,” he said nasally, “to books to which immediate reference can be made. I have Sonnenschein’s `Destructive Type’ here on the table, if the defence wish to see it. Where is this wonderful work on Destructability Mr. Moon is talking about? Does it exist? Can he produce it?”

“Produce it!” cried the Irishman with a rich scorn.
“I’ll produce it in a week if you’ll pay for the ink and paper.”

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第187回

「いいじゃないか。伯母が好きだということに関しても」ムーンは始めた。「ぼくは思うんだが―いや、おそらく君が言うように、伯母は問題ではほとんどない。繰り返すけど、抽象的な思索にしたがうつもりはない。だから、たしかにピム博士に対する僕の答えは厳しいし、容赦ないものなんだけど。ピム博士が語っているのは、殺人の心理学の片面だけだ。殺人をおかしてしまう傾向を生まれつき備えた男の存在が真実なら」ここで彼は重々しく声をおとした。「殺される傾向を生まれつき備えている男の存在も、真実ではないだろうか。ウォーナー博士がそういう男であるということは、少なくとも、その分野を支える仮説ではないだろうか。僕は本を持たずに話をしないし、学識のある僕の友人も同様だから言うけれど。こうしたこと全般については、ムーネンシャイン博士の記念碑的研究『壊れやすい博士たち』に、図表いりで論述されている。その研究は、ウォーナー博士みたいな男を分解する方法について、いろいろ教えてくれるものだ。そうした方面に光をあてると」

 

“Why, as to liking her,” began Moon, “I—but perhaps, as you say, she is scarcely the core of the question. I repeat that I do not mean to follow the abstract speculations. For, indeed, my answer to Dr. Pym is simple and severely concrete. Dr. Pym has only treated one side of the psychology of murder. If it is true that there is a kind of man who has a natural tendency to murder, is it not equally true”—here he lowered his voice and spoke with a crushing quietude and earnestness—”is it not equally true that there is a kind of man who has a natural tendency to get murdered? Is it not at least a hypothesis holding the field that Dr. Warner is such a man? I do not speak without the book, any more than my learned friend. The whole matter is expounded in Dr. Moonenschein’s monumental work, `The Destructible Doctor,’ with diagrams, showing the various ways in which such a person as Dr. Warner may be resolved into his elements. In the light of these facts—”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第186回

「おい、そこで話は一休みだ」モーゼス・グールドはさけぶと、汗をうかべながら立ち上がった。「被告にも、公平に話をしてもらいたい。いいか、紳士のように。でも、いかなる紳士といえども、輝くポプラの話なんかしないだろう」

「なんだと、くそったれ」ムーンは傷ついた様子で言った。「ピム博士にフェレットを飼っている昔からの友人がいるなら、私だってポプラ並木のところにいる伯母がいてもいいではないか」

「そのとおりだと思いますわ」デューク夫人は言うと、頭をつんとあげたが、その様子は弱々しい権力者といったところであった。「ムーンさんは、どんな伯母様であろうとご自由にお好きになる権利がおありですよ」

 

“Hi! here, stop the ‘bus a bit,” cried Mr. Moses Gould, rising in a sort of perspiration. “We want to give the defence a fair run—like gents, you know; but any gent would draw the line at shimmering poplars.”

“Well, hang it all,” said Moon, in an injured manner, “if Dr. Pym may have an old friend with ferrets, why mayn’t I have an old aunt with poplars?”

“I am sure,” said Mrs. Duke, bridling, with something almost like a shaky authority, “Mr. Moon may have what aunts he likes.”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第185回

マイケル・ムーンは弁護のためにたちあがったが、ふさぎこんだ雰囲気をただよわせていたので、最初、被告人側の人々は希望を少しも抱かなかった。彼は抽象的な質問につきあうつもりはないと言った。「不可知論者であるほど十分に知っているわけではないから」彼は、やや疲れたように言った。「それに私が精通しているのは、よく知られていて、認められている原理だけです。科学と宗教について言えば、よく知られて、認められた事実とは十分に分かりやすいものなのです。教区司祭が言っていることはすべて、どれも証明されていません。博士たちが言うことはすべて、反証されています。これこそが科学と宗教のあいだにある違いであり、今までもそうでしたが、これからも変わることはないでしょう。しかしながら、こうした新しい発見に、どういう訳か、私は感動してしまう」彼は悲しそうに足元を見つめた。「新しい発見は、年老いた伯母のことを思い出させるのです。彼女も、若い頃は、新しい発見を楽しんでいました。今でも、庭の塀のそばにある古いバケツのかたわらに、ゆらめくポプラ並木の下に見えるようです…」

 

Michael Moon rose for the defence with an air of depression which gave little hope at the outset to the sympathizers with the prisoner. He did not, he said, propose to follow the doctor into the abstract questions. “I do not know enough to be an agnostic,” he said, rather wearily, “and I can only master the known and admitted elements in such controversies. As for science and religion, the known and admitted facts are plain enough. All that the parsons say is unproved. All that the doctors say is disproved. That’s the only difference between science and religion there’s ever been, or will be. Yet these new discoveries touch me, somehow,” he said, looking down sorrowfully at his boots. “They remind me of a dear old great-aunt of mine who used to enjoy them in her youth. It brings tears to my eyes. I can see the old bucket by the garden fence and the line of shimmering poplars behind—”

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第184回

「もう一通の手紙は」勝利に酔いしれてグールドは言った。「門番からのもので、読むのに時間はかからない」

「ブリックスピア・カレッジで門番をしている者です。学長が、お若い方に銃で狙われたところを下におろしてさしあげる手伝いをしたことがございます。ボールター氏が手紙で書かれているとおりのことでございます。学長を撃とうとした若者とはスミスさんでした。ボールター氏が送りました写真の中の人物と同一人物です。敬具 サミュエル・バーカー」

 グールドが二通の手紙を渡したので、ムーンは調べてみた。hとaの発音が違う点をのぞけば、副学長の手紙はグールドが読んでみせたとおりであり、門番の手紙とともに、明らかに本物であった。ムーンはイングルウッドに手紙をわたし、イングルウッドは無言でモーゼス・グールドに手紙を返した。

「最初の容疑は、殺人を継続して試みたという件だが」ピム博士は言うと、とうとう立ちあがった。「それは私の事件と関係している」

 

“The other letter,” continued Gould in a glow of triumph, “is from the porter, and won’t take long to read.

“Dear Sir,—It is quite true that I am the porter of Brikespeare College, and that I ‘elped the Warden down when the young man was shooting at him, as Mr. Boulter has said in his letter. The young man who was shooting at him was Mr. Smith, the same that is in the photograph Mr. Boulter sends.— Yours respectfully, Samuel Barker.”

Gould handed the two letters across to Moon, who examined them. But for the vocal divergences in the matter of h’s and a’s, the Sub-Warden’s letter was exactly as Gould had rendered it; and both that and the porter’s letter were plainly genuine. Moon handed them to Inglewood, who handed them back in silence to Moses Gould.

“So far as this first charge of continual attempted murder is concerned,” said Dr. Pym, standing up for the last time, “that is my case.”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする