チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第221回

「助けてくれ」ブレークスピア・カレッジの学長は叫んだ。「助けてくれ」

「若造がじたばたしている」その学部生は、目に哀れみの色をうかべて言った。「あわれな若造がじたばたしている。彼よりも自分の方が賢く、親切であるのは、なんと幸運なことか」彼は自分の武器の照準を正確に定め、イームズの禿げ頭の上のほうに突きつけた。

「スミス」哲学者が呼びかけるその声は、怖ろしいほど平静だった。「私の気が狂ってしまうではないか」

「そうして、物事を正しい角度から眺めなさい」スミスは言うと、穏やかにため息をついた。「ああ、でも狂気は緩和剤にすぎない。唯一の治療とは手術なのだ。いつも成功する手術があるが、それは死である」

 

“`Help!’ cried the Warden of Brakespeare College; `help!’

“`The puppy struggles,’ said the undergraduate, with an eye of pity, `the poor puppy struggles. How fortunate it is that I am wiser and kinder than he,’ and he sighted his weapon so as exactly to cover the upper part of Eames’s bald head.

“`Smith,’ said the philosopher with a sudden change to a sort of ghastly lucidity, `I shall go mad.’

“`And so look at things from the right angle,’ observed Smith, sighing gently. `Ah, but madness is only a palliative at best, a drug. The only cure is an operation—an operation that is always successful: death.’

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第220回

「世界を掛けてしまえ、と我々は言った」スミスは口をひらいた。「そして今、我々は世界を掛けている。『主は、地を無のうえに掛けておられる』と聖書の言葉にはある。教授は無のうえに掛けられることがお好みですか?私は、何かに自分を掛けるつもりです。教授のために体をぶらぶらさせるつもりです。懐かしくもあり、甘美でもある昔からのこの言葉は」彼はつぶやいた。「この瞬間まで、真実の言葉ではなかった。教授のために体をぶらぶらさせよう。親愛なる教授のためにだよ。教授のためなんだ。教授がはっきり望んでいるからなんだよ」

 

“`Hang the world, we said,’ observed Smith, `and the world is hanged. “He has hanged the world upon nothing,” says the Bible. Do you like being hanged upon nothing? I’m going to be hanged upon something myself. I’m going to swing for you… Dear, tender old phrase,’ he murmured; `never true till this moment. I am going to swing for you. For you, dear friend. For your sake. At your express desire.’

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第219回

無様だけれど勇ましい飛躍をして、イームズはこの古代様式の橋のうえに飛びおりたが、それが狂人から逃れる唯一の脱出手段なのであった。彼は橋にまたがって腰をおろしたが、まだ学衣を着たまま、その長くも、痩せた足を宙に放りだして、また飛びだす機会を窺った。白々と明るんだ日の光がさしこみ、その頭上にも、足元にも同様に、姿をあらわしはじめた形とは、垂直に、無限に屹立する影であり、ブレークスピアのまわりにある小さな池についてのところでも語った影である。下をむいて、水面に影をおとす尖頭や煙突を眺めているうちに、ふたりはこの空間に自分たちしかいないのだと感じた。その時の心持ちとは、北極から地の果てをながめ、眼下に南極をながめているような気持ちであった。

 

With an ungainly and most courageous leap, Eames sprang out on this antique bridge, as the only possible mode of escape from the maniac. He sat astride of it, still in his academic gown, dangling his long thin legs, and considering further chances of flight. The whitening daylight opened under as well as over him that impression of vertical infinity already remarked about the little lakes round Brakespeare. Looking down and seeing the spires and chimneys pendent in the pools, they felt alone in space. They felt as if they were looking over the edge from the North Pole and seeing the South Pole below.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第218回

おそらく、どちらの男も気がついた瞬間、はっとしたことだろうが、夜明けがせまり、空は灰色の明るい空となり、白々とした色になっていた。それでも片方の男は、驚きの念を隠そうと目論んだ。ブレークスピア・カレッジはゴシックの装飾様式の跡をたしかに受けついでいる数少ない建物なので、イームズ博士のバルコニーの真下からも、おそらくは飛梁だったらしいものが飛び出していたけれど、それは灰色をした獣と悪魔の、醜悪なものとして、まだ形をとどめてはいたが、苔に覆われ、雨のせいで摩耗していた。

 

“Both men were perhaps surprised to see that the gray and white of early daybreak had already come. One of them, however, had emotions calculated to swallow up surprise. Brakespeare College was one of the few that retained real traces of Gothic ornament, and just beneath Dr. Eames’s balcony there ran out what had perhaps been a flying buttress, still shapelessly shaped into gray beasts and devils, but blinded with mosses and washed out with rains.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第217回

「苦境から助けてあげますよ、教授」スミスは優しいけど、荒々しい口調で言った。「子犬から苦しみを取り除いてあげよう」

エマーソン・イームズは窓の方へと退いた。「つまり、君が言いたいのは、私を殺すつもりだということか?」彼は叫んだ。

「そんなふうにしてあげるのも、すべてのひとにというわけではないのですよ」スミスは感情をこめて言った。「でも、どういうわけだか、今夜、教授と僕はとても親しくなったようだから。今、僕にはわかるんですよ。教授の困りごとすべてが。それから唯一の解決方法も」

「それをおろしなさい」学長はさけんだ。

「すぐに終わりますから」スミスは、同情をしている歯科医という雰囲気で言った。学長がバルコニーのある窓へと駆けていったとき、彼に恩恵を施そうとする者も、しっかりとした足どりであとに続き、思いやりのある表情をうかべた。

 

“`I’ll help you out of your hole, old man,’ said Smith, with rough tenderness. `I’ll put the puppy out of his pain.’

“Emerson Eames retreated towards the window. `Do you mean to kill me?’ he cried.

“`It’s not a thing I’d do for every one,’ said Smith with emotion; `but you and I seem to have got so intimate to-night, somehow. I know all your troubles now, and the only cure, old chap.’

“`Put that thing down,’ shouted the Warden.

“`It’ll soon be over, you know,’ said Smith with the air of a sympathetic dentist. And as the Warden made a run for the window and balcony, his benefactor followed him with a firm step and a compassionate expression.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第216回

「イームズ博士が、疲れているけれど、まだ話をしたそうな顔で背後をふりかえると、そこに見いだしたのは小さくて、丸い、黒い穴がひとつ、その穴は鋼鉄でできた六角の小円で縁どられ、その上部には太釘のようなものが突き出ていた。それは鋼の目のように彼を見据えた。こうして永遠に思われる時がながれ、そのあいだに彼の理性は吹っ飛んでしまったが、それでも彼にはそれが何であるのか分かっていなかった。それから、そのむこうに彼が見たものとは装填された銃であり、今にも火をふこうとしているレボルバーであった。さらにそのむこうには、紅潮させながらも、幾分真面目なスミスの顔があり、その表情はあきらかに変わることなく、かつてよりも穏やかでさえあった。

 

“Dr. Eames had turned his tired but still talkative head over his shoulder, and had found himself looking into a small round black hole, rimmed by a six-sided circlet of steel, with a sort of spike standing up on the top. It fixed him like an iron eye. Through those eternal instants during which the reason is stunned he did not even know what it was. Then he saw behind it the chambered barrel and cocked hammer of a revolver, and behind that the flushed and rather heavy face of Smith, apparently quite unchanged, or even more mild than before.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第215回

「なぜ神は、僕たちを殴り殺してしまわないのだろうか」その大学生はぼんやりと、両手をポケットにつっこんだまま訊ねた。

「神ご自身は死んでいる」その哲学者は言った。「そういうところが、本当に羨ましがられる点である」

「考える者にすれば」イームズは続けた。「人生の喜びとは些細なものであり、すぐに無味乾燥なものになる。それはまた拷問部屋への賄賂でもある。皆が知っていることであるが、考える者にすれば、死滅とは単に…何をしているんだ? 気でも狂ったのか?…それを下におろすんだ」

 

“`Why doesn’t he strike us dead?’ asked the undergraduate abstractedly, plunging his hands into his pockets.

“`He is dead himself,’ said the philosopher; `that is where he is really enviable.’

“`To any one who thinks,’ proceeded Eames, `the pleasures of life, trivial and soon tasteless, are bribes to bring us into a torture chamber. We all see that for any thinking man mere extinction is the… What are you doing?… Are you mad?… Put that thing down.’

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第214回

「もちろん」彼は夢見るように続けた。「中にはひとり、ふたり、離れたところから、ありのままの事実をみる者がいるが、そうすると気が狂ってしまう。君は気がついているだろうか? 狂人とは大体のところ、物を壊そうとするか、あるいは考え深い者たちなら、自分を壊そうとする者たちだということに。狂人とは黒幕なんだよ。劇場の舞台袖をさすらう者のように。間違った扉をあけてしまったけれど、正しい場所に出ただけなのだ。物事を正しい角度から見ている。世間一般は―」

「世間一般なんか知るものか」不機嫌なスミスは言うと、片方の拳をテーブルにおとして、漠とした絶望にかられた様子をみせた。

「最初にそれにひどい名前をつけるとしよう」教授は冷静に言った。「無視するのはそれからだ。狂犬病にかかった子犬は、殺されるあいだも、生きるために闘っているのだろう。だが心優しい人間であれば、殺すべきなのだ。同じように全知全能の神も、苦痛から、私達を引きぬいてくれるだろう。私達は死と直面させられるのだ」

“`Of course,’ he went on dreamily, `one or two men see the sober fact a long way off—they go mad. Do you notice that maniacs mostly try either to destroy other things, or (if they are thoughtful) to destroy themselves? The madman is the man behind the scenes, like the man that wanders about the coulisse of a theater. He has only opened the wrong door and come into the right place. He sees things at the right angle. But the common world—’

“`Oh, hang the common world!’ said the sullen Smith, letting his fist fall on the table in an idle despair.

“`Let’s give it a bad name first,’ said the Professor calmly, `and then hang it. A puppy with hydrophobia would probably struggle for life while we killed it; but if we were kind we should kill it. So an omniscient god would put us out of our pain. He would strike us dead.’

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第213回

「しばらく話は途切れたが、それは初めてのことではなかった。この気の滅入るような会話は何時間も続き、皮肉をあびせたり、沈黙したりということが繰り返されていたからだ。イームズは話し続けたけれど、その明敏な才気も疲弊しているようにみえた。『正しくない推測について疑念をはさみたいということを望むだけである。蛾は蝋燭に飛び込んでしまう。なぜなら、蛾は蝋燭にそうして戯れることが、生死をかけるほどのものでないと知らないからだ。スズメバチがジャムに飛び込んでしまうのは、ジャムを取り込もうと望んだ挙句の、嬉々としたふるまいだからだ。同じようにして教養のない人々は人生を楽しむが、それはジンを楽しみたいからだ。あまりにも愚かしい人々だから、ジンに高い代価を払っていることがわからない。人々は幸せを見つけられないし、幸せの探し方もわからないでいる。人々のとる行動すべてが、目もくらむほど醜悪であることから、それは証明される。人々の調和のとれていない姿は、苦痛の叫びである。大学をこえ、川沿いにあるレンガの家々を見てごらん。シミのついたブラインドがかかっている家がある。見てごらん。さあ、見てごきてらん』

 

“After a patch of pause, not the first—for this depressing conversation had gone on for some hours with alternations of cynicism and silence— the Warden continued with his air of weary brilliancy: `It’s all a question of wrong calculation. The moth flies into the candle because he doesn’t happen to know that the game is not worth the candle. The wasp gets into the jam in hearty and hopeful efforts to get the jam into him. IN the same way the vulgar people want to enjoy life just as they want to enjoy gin—because they are too stupid to see that they are paying too big a price for it. That they never find happiness—that they don’t even know how to look for it—is proved by the paralyzing clumsiness and ugliness of everything they do. Their discordant colours are cries of pain. Look at the brick villas beyond the college on this side of the river. There’s one with spotted blinds; look at it! just go and look at it!’

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第212回

「来たよ。規則には反しているし、途方もない時間だけれど」スミスは言った。目にうつるその姿は、自分を小さく見せようとしている大男でしかなかった。「それというのも、存在が腐りかけているという結論に達しそうだからなんだ。別のやり方で考える思想家、司教や不可知論者、そうした類の人達が論じる論争はすべて知っている。それに君が厭世主義の思想家については、偉大な、生きた権威だということも知っているけれど」

「思想家はすべて」イームズは言った。「厭世的に思索するものだ」

 

“`I came, against the rules, at this unearthly hour,’ said Smith, who was nothing to the eye except a very big man trying to make himself small, `because I am coming to the conclusion that existence is really too rotten. I know all the arguments of the thinkers that think otherwise—bishops, and agnostics, and those sort of people. And knowing you were the greatest living authority on the pessimist thinkers—’

“`All thinkers,’ said Eames, `are pessimist thinkers.’

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする