再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№58

「昨日、トルダム家を訪ねた」彼はいった。「どうやら夫妻の銀婚式があったらしいけど知っているのでは? 昨日ではなくて、それより前のことらしい。銀の贈り物がたくさんあって、いい目の保養になった。もちろん複製品もたくさんあった。それでも持っているということはいいものだ。あんなにたくさん手にしたら、あの夫妻も嬉しかろう」

「二十五年の結婚生活のあとの贈り物を見せられたからといって、羨ましく思う必要はないわ」レディ・キャロラインが穏やかにいった。「ふたりの不満に銀の裏地をつけたものにすぎないのだから」

そこに居合わせた客のうち三分の一の者が、トルダム家と縁がある者だった。

「レディ・キャロラインの出だしは上々だ」コートニー・ヨールはつぶやいた。

“I called on the Trudhams yesterday,” he announced; “it was their Silver Wedding, you know, at least the day before was.  Such lots of silver presents, quite a show. Of course there were a great many duplicates, but still, very nice to have. I think they were very pleased to get so many.”

“We must not grudge them their show of presents after their twenty-five years of married life,” said Lady Caroline, gently; “it is the silver lining to their cloud.”

A third of the guests present were related to the Trudhams.

“Lady Caroline is beginning well,” murmured Courtenay Youghal.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№57

「むかいの方に関心があると見える」コートニー・ヨールがいった。

「以前、お会いしたことがあるような」フランチェスカはいった。「お顔に覚えがありますから」

「ルーヴルの狭い回廊でじゃないですか? ダ・ヴィンチの絵が飾られている回廊でね」ヨールはいった。

「たしかに」フランチェスカは相槌をうちながら、その思いは乱れ、漠然とした印象をとらえたことに満足を覚える一方で、ヨールが自分の救世主になったことに困惑もしていた。いっそう困惑が強まったのは、レディ・キャロラインのいるテーブルの方から、ヘンリー・グリーチの声がひどく響いてきたときのことだった。

“You seem interested in your vis-à-vis,” said Courtenay Youghal.

“I almost think I’ve seen her before,” said Francesca; “her face seems familiar to me.”

“The narrow gallery at the Louvre; attributed to Leonardo da Vinci,” said Youghal.

“Of course,” said Francesca, her feelings divided between satisfaction at capturing an elusive impression and annoyance that Youghal should have been her helper.  A stronger tinge of annoyance possessed her when she heard the voice of Henry Greech raised in painful prominence at Lady Caroline’s end of the table.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№56

晩餐のパーティは大きなものであり、フランチェスカが遅く到着したため、客をたしかめる予備の時間もなかった。「ミス・ドゥ・フレイ」と名前が記されたカードが、彼女のすぐ向かいの、テーブルの向こう側におかれ、相続人女性の席をしめしていた。フランチェスカの特徴なのだが、まずメニューを注意深く、端から端まで目をとおした。それから、向かいに座っている娘についても同様の注意深さで、でも目立たないように詮索した。取り立てて言うほどの娘でもないが、それでも彼女の収入は望みうる最善であった。彼女は可愛らしく、慎みのある栗色の服を身につけ、まじめで、思慮深く、穏やかな表情をうかべ、憶測をめぐらすような不安定な気質を隠蔽していた。彼女の態度は、もし酷評したいなら、わざと構わないようなところがあった。彼女が素晴らしいルビーの装身具一式を身につけた様子には、説明しがたい雰囲気があって、家にはもっと宝石があるけれど、間に合わせることが難しかった言わんばかりであった。

The dinner party was a large one and Francesca arrived late with little time to take preliminary stock of the guests; a card with the name, “Miss de Frey,” immediately opposite her own place at the other side of the table, indicated, however, the whereabouts of the heiress.  It was characteristic of Francesca that she first carefully read the menu from end to end, and then indulged in an equally careful though less open scrutiny of the girl who sat opposite her, the girl who was nobody in particular, but whose income was everything that could be desired.  She was pretty in a restrained nut-brown fashion, and had a look of grave reflective calm that probably masked a speculative unsettled temperament. Her pose, if one wished to be critical, was just a little too elaborately careless. She wore some excellently set rubies with that indefinable air of having more at home that is so difficult to improvise.  Francesca was distinctly pleased with her survey.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№55

 レディ・キャロラインは、政治的には社会主義者を自称していた。もっぱらそう信じられていたのは、彼女が当時のほとんどの自由主義者、すべての保守主義者社会主義者とこうして意見を食い違わせることができたからである。しかしながら、彼女は自分の社会主義が階下の召使い部屋に浸透することは認めなかった。彼女の調理人や執事は個人主義者になるようにという叱咤激励をあらゆる面でうけた。鋭敏で、知的な食事の批評家であるフランチェスカは、女中頭の台所と食料庫について何の疑念もいだかなかった。それでも宴席における人間という添え料理のなかには、彼女の心にさらなる不安の種をまく者もあった。たとえば、コートニー・ヨールときたら見事なまでに黙り込むだろうし、彼女の兄のヘンリーはきっとその逆だろう。

Lady Caroline was a professed Socialist in politics, chiefly, it was believed, because she was thus enabled to disagree with most of the Liberals and Conservatives, and all the Socialists of the day.  She did not permit her Socialism, however, to penetrate below stairs; her cook and butler had every encouragement to be Individualists. Francesca, who was a keen and intelligent food critic, harboured no misgivings as to her hostess’s kitchen and cellar departments; some of the human side-dishes at the feast gave her more ground for uneasiness.  Courtenay Youghal, for instance, would probably be brilliantly silent; her brother Henry would almost certainly be the reverse.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№54

打算的な結婚が第一手段であることはあきらかなのだが、まじめにその件を考えてもらおうとは彼女も思ってはいなかった。もし魅力のある(同時に引きつけられている)娘といちゃつくところまでいけば、その娘は相続人なのだから、たしかに好機でもあろう。でも余りにもつむじ曲りな性格のせいで、はっきりとした求愛へと駆り立てられたとしても、それはただ、夢中になっている他の求婚者をわきに押し倒したいという欲望にすぎないためかもしれない。望みのない希望である。余りに望みがないため、彼女の脳裏を横切った考えとは、大嫌いな人間ではあるけれど、コートニー・ヨールに流れをゆだねて、コーマスにおよぼしているように思える影響に便乗しようとするもので、思いついた計画を大急ぎですすめるためであった。なにはともあれ、晩餐会は、彼女が期待していた本来の楽しみよりも、更に興味深いものになることはたしかだった。

An advantageous marriage was so obviously the most sensible course for him to embark on that she scarcely dared to hope that he would seriously entertain it; yet there was just a chance that if he got as far as the flirtation stage with an attractive (and attracted) girl who was also an heiress, the sheer perversity of his nature might carry him on to more definite courtship, if only from the desire to thrust other more genuinely enamoured suitors into the background.  It was a forlorn hope; so forlorn that the idea even crossed her mind of throwing herself on the mercy of her bête noire, Courtenay Youghal, and trying to enlist the influence which he seemed to possess over Comus for the purpose of furthering her hurriedly conceived project.  Anyhow, the dinner promised to be more interesting than she had originally anticipated.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№53

「その娘と結婚しなさい」という助言が口からこぼれそうになったが、フランチェスカがその言葉をこらえ、塩漬けのアーモンドといっしょに呑みこんだのは、言葉にはときどき目的を台無しにしてしまうこともあるという事実をよく認識していたからだ。

「キャロラインはたぶんトビーのためか、甥の息子のひとりのためになんでしょうけど、彼女に目をつけたのね」彼女が口にしたのは、ついうっかりであった。「いくらかでもお金があれば、そういうときには役に立つものね」

コーマスは下唇をかんだが、そこに浮かんでいる喧嘩好きな表情こそは、彼女が見たいと望んでいたものであった。

“Marry her” was the advice which sprang to Francesca’s lips, but she choked it back with a salted almond, having a rare perception of the fact that words are sometimes given to us to defeat our purposes.

“Caroline has probably marked her down for Toby or one of the grand-nephews,” she said, carelessly; “a little money would be rather useful in that quarter, I imagine.”

Comus tucked in his underlip with just the shade of pugnacity that she wanted to see.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№52

みずから認めてはいたが、もし議会の論議で用いたならば、彼女の理論はあっけなく崩れ落ちるものであった。だが晩餐の食卓ではたいてい、その理論の成功が誇らかに証明されるのであった。

「今夜の食事会には、どなたがいらっしゃるのかしら」フランチェスカは至極もっとも質問をなげかけた。

「コートニー・ヨール。たぶん母さんの隣に座ることになるから、相手を撃沈するような意見をたくさん考えて、そなえておいた方がいいよ。それからエレイン・ド・フレイ」

「その方のことを聞いたことはないと思うけど。どんな方なの?」

「どうってことはないよ。まじめに言えば可愛いけど。それから、はしたないくらいの金持ちなんだ」

She admitted that her theory broke down rather badly if you applied it to Parliamentary debates.  At her own dinner table its success was usually triumphantly vindicated.

“Who else is to be there?” Francesca asked, with some pardonable misgiving.

“Courtenay Youghal.  He’ll probably sit next to you, so you’d better think out a lot of annihilating remarks in readiness.  And Elaine de Frey.”

“I don’t think I’ve heard of her.  Who is she?”

“Nobody in particular, but rather nice-looking in a solemn sort of way, and almost indecently rich.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№51

それを埋め合わせる神の情けが働き、彼女の一家は外の世界と言い争うよりは、身内で言い争うことの方が多かった。よく知られていることだが、宗教や政治の多様性や陰のせいで彼女の一族の利益は行き詰まりをみせたが、人生に欠かせないものについて折り合いをつけることには及び腰だった。アイルランド自治の分裂のような出来事には備えず、関税の大改革や婦人参政権論は、幸いにも必要品を供給する機会として理解し、さらなる紛争をひきおこし、さらに分割をするための機会だと思っていた。レディ・キャロラインお気に入りの、楽しみにしている企てとは、軋み、敵愾心をあおるきっかけを身近な人にあたえては、無情にも互いを争わせることであった。「こうした状況におかれたほうが、よい結果がでるものよ」彼女はよく指摘した。「互いに会いたいと願っている人たちに頼むよりよいものよ。それに上手に話をして、友達の心に残る人なんかいないわ。敵を失望させるために話す方が心に残るものだから」

 It was a compensating mercy that they disagreed rather more among themselves than they did with the outside world; every known variety and shade of religion and politics had been pressed into the family service to avoid the possibility of any agreement on the larger essentials of life, and such unlooked-for happenings as the Home Rule schism, the Tariff-Reform upheaval and the Suffragette crusade were thankfully seized on as furnishing occasion for further differences and sub-divisions.  Lady Caroline’s favourite scheme of entertaining was to bring jarring and antagonistic elements into close contact and play them remorselessly one against the other. “One gets much better results under those circumstances” she used to observe, “than by asking people who wish to meet each other. Few people talk as brilliantly to impress a friend as they do to depress an enemy.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№50

今夜出かける集まりはまあまあだよ」コーマスは上機嫌でくすくす笑った。

「かあさん、ヘンリーおじさん、それから信仰心のあつい、退屈な連中たちと夕食をとるんだから」

 フランチェスカは驚きと当惑のあまり息をのんだ。

 「まさか、キャロラインが、今夜、おまえを夕食に招いたということではないでしょうね」彼女はいった。「しかも私に相談もなく。ずいぶんとやりたい放題ね」

 レディ・キャロライン・ベナレスクは、人々の繊細な感情も、尊重されるべき嫌悪感も無視して発言したり、行動したりすることができる年齢になっていた。今の年齢に達するのを待ってから、そうした行動をとったわけではなく、そもそも彼女の家系とは、ひとりひとりが生涯をとおして、揺りかごから墓場まで、機転と機知を発揮して生きていくように出来ていて、それはまるで込み合った水遊びの天幕をとおるときにサボテンの生け垣があらわれるようなものだった。

“I’m going to move in quite decent society to-night,” replied Comus with a pleased chuckle; “I’m going to meet you and Uncle Henry and heaps of nice dull God-fearing people at dinner.”

Francesca gave a little gasp of surprise and annoyance.

“You don’t mean to say Caroline has asked you to dinner to-night?” she said; “and of course without telling me.  How exceedingly like her!”

Lady Caroline Benaresq had reached that age when you can say and do what you like in defiance of people’s most sensitive feelings and most cherished antipathies.  Not that she had waited to attain her present age before pursuing that line of conduct; she came of a family whose individual members went through life, from the nursery to the grave, with as much tact and consideration as a cactus-hedge might show in going through a crowded bathing tent. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№49

こうして母親と息子のあいだの氷の壁がだんだんと厚みを増していき、壁ごしに会話はできても、その壁のせいで軽い言葉のきらめきにも冬の寒さがあった。その若者には、そうした方向に自分を発揮しては思わず楽しむ才能があった。食事の席では、長々と不機嫌にしていたり、言い争ったりしては、急流のような速さで世間話や醜聞、悪意にみちた話をした。真実ももあったけれど、たいていの場合はつくり話であったのだが、それでもフランチェスカはその話を楽しみつつ味わい、嫌々ながら聞かされたというよりも、むしろ喜んでいるのであった。

 「友達をえらぶときに、どちらかといえば評判のいい方々から選んだりしても、たしかに面白くないものだわ。でも、埋め合わせをしてくれる利点があるものよ」

 昼食の席でフランチェスカが素っ気なく指摘したのは、自由奔放な微笑みにさんざん裏切られたのちのことなので、コーマスにそうした態度をとるのははきわめて正当なものだと彼女は考えた。

Thus a wall of ice had grown up gradually between mother and son, a barrier across which they could hold converse, but which gave a wintry chill even to the sparkle of their lightest words.  The boy had the gift of being irresistibly amusing when he chose to exert himself in that direction, and after a long series of moody or jangling meal-sittings he would break forth into a torrential flow of small talk, scandal and malicious anecdote, true or more generally invented, to which Francesca listened with a relish and appreciation, that was all the more flattering from being so unwillingly bestowed.

“If you chose your friends from a rather more reputable set you would be doubtless less amusing, but there would be compensating advantages.”

Francesca snapped the remark out at lunch one day when she had been betrayed into a broader smile than she considered the circumstances of her attitude towards Comus warranted.



PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする