チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第208回

イングルウッドは幾分荒々しい表情をうかべている参加者たちを無視すると、底抜けに明るい調子で言葉をつづけた。

「そうした考えはうかばなかったのだよ、大学生のスミスの頭には。そのとき彼が歩いていたのは運河と溝のあいだの道で、溝は雨に濡れて光っていたし、水はブレークスピア・カレッジから流れてきていたのに。もしこうした考えが頭にうかんだなら、スミスも今より幸せだったろうに。不幸にも彼は知らなかったけれど、彼の心のさざ波とは水たまりだったんだ。彼は知らなかったけれど、学究的な心が無限をあらわしているし、明かりにみちているのは浅いものだし、流れることなく其処にあるという簡潔さのせいなんだ。そのせいなんだよ。彼の場合、どこか厳粛なところがあるのは。それに仄めかされている無限性ときたら禍々しいくらいだ。あれは夜中も過ぎた頃のことだった。星の多い夜だったよ。戸惑うくらいに星は輝いていた。頭上にも、足元にも、星があった。若いスミスのひねくれた幻想のなかでは、足元の空は頭上の空よりも虚ろなものに思えたんだ。彼は嫌なことを思いついた。もし星を数えるのであれば、水たまりをのぞけば、たくさん発見するだろうと。

 

Inglewood ignored a somewhat wild expression on the faces of some present, and continued with eminent cheerfulness:—

“Such were the thoughts that failed to cross the mind of the undergraduate Smith as he picked his way among the stripes of canal and the glittering rainy gutters into which the water broke up round the back of Brakespeare College. Had these thoughts crossed his mind he would have been much happier than he was. Unfortunately he did not know that his puzzles were puddles. He did not know that the academic mind reflects infinity and is full of light by the simple process of being shallow and standing still. In his case, therefore, there was something solemn, and even evil about the infinity implied. It was half-way through a starry night of bewildering brilliancy; stars were both above and below. To young Smith’s sullen fancy the skies below seemed even hollower than the skies above; he had a horrible idea that if he counted the stars he would find one too many in the pool.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第207回

「署名したひとたちは、大学改革でしばしば論議される類似の問題について触れる必要はないと考えている。すなわち教員の目に二重に見えるのは、彼らが酔っぱらっているからだ。あるいは酔っぱらっているのは二重に見えているからだ。署名したひとたちにすれば、奇妙で、有益なテーマを追いかけることができれば十分だというものだろう。そのテーマとは水たまりのことである。水たまりとは何か、と署名したひとたち自身が問いかけている。水たまりは無限を繰り返し、明かりに充ちている。それでも客観的に分析すれば、水たまりとは、泥の上にうすくひろがった汚い水のことである。英国における歴史ある二つの素晴らしい大学には、こうした広々とした、平らな、輝きを反射するすべてがある。それにもかかわらず、いやむしろ、一方ではそうした大学とは水たまりなのである。水たまり、水たまり、水たまり、水たまりなのである。署名したひとたちが皆さんに乞うてきたものとは強調することで、それは確信する気持ちからは切り離すことができないものなのです」

 

“The undersigned persons think it needless to touch on a kindred problem so often discussed at committees for University Reform: the question of whether dons see double because they are drunk, or get drunk because they see double. It is enough for them (the undersigned persons) if they are able to pursue their own peculiar and profitable theme—which is puddles. What (the undersigned persons ask themselves) is a puddle? A puddle repeats infinity, and is full of light; nevertheless, if analyzed objectively, a puddle is a piece of dirty water spread very thin on mud. The two great historic universities of England have all this large and level and reflective brilliance. Nevertheless, or, rather, on the other hand, they are puddles—puddles, puddles, puddles, puddles. The undersigned persons ask you to excuse an emphasis inseparable from strong conviction.”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第206回

「分かっているよ。そういう考え方にも、はじめは少し優れたところがあるのは」イングルウッドは口をはさみ、弁明するかのような表情を露骨にうかべた。「だが、君も分かるだろうが、この文書を書くのに協力しているのは教員と…」

「ほう、飲んだくれと言いたいのか?」モーゼスはあてこすっては楽しんだ。

「ぼくもそう考えているよ」イングルウッドは平静に話し続けたが、その口調は容赦なかった。「この部分を書いたのは教員だろうと。ただ法廷に警告しておきたいのは、この文書について言えば、疑う余地のないほど、二人の人間が書いた跡があちらこちらに残っている」

「この場合は」ピム博士は後ろにもたれかかって馬鹿にした。

「双頭のほうが、ひとりの人間よりもいいということには賛成しかねる」

 

“I know it’s a little transcendental at first,” interposed Inglewood, beaming round with a broad apology, “but you see this document was written in collaboration by a don and a—”

“Drunkard, eh?” suggested Moses Gould, beginning to enjoy himself.

“I rather think,” proceeded Inglewood with an unruffled and critical air, “that this part was written by the don. I merely warn the Court that the statement, though indubitably accurate, bears here and there the trace of coming from two authors.”

“In that case,” said Dr. Pym, leaning back and sniffing,
“I cannot agree with them that two heads are better than one.”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第205回

「君はたぶん」ピムは辛辣な皮肉をこめて言った。「君の依頼人がなにかの鳥だと主張しているのだろう―たとえばフラミンゴであるとか」

「彼がフラミンゴであるという件については」ムーンはいきなり辛辣な口調で言った。「私の依頼人は、自ら抗弁することだろう」

 この発言をどう受け取ればいいのか誰も分からなかったので、ムーン氏は席に戻った。そしてイングルウッドがふたたび文書を読みあげ始めた。

「こうした反射からなる国というものには、神秘主義者にすれば、なんらかの喜ばしいことがある。神秘主義者とは、世界が一つしかないより、二つあるほうがよいと考えている者なのだから。より高度な概念にしたがえば、たしかに、すべての考えとは何かを反射している。

「再考が最上の策と言うなら、たしかに真実である。動物には、二度めの考えというものがない。人間だけが自分の考えを二重にして見ることができる。酔っぱらいの目に街灯が見えるように。人間だけが自分の考えをひっくり返して見ることができる。水面にうつる家を見るときのように。物の考え方における二重構造とは、鏡にうつすときのようなもの。くりかえすけど、人間の哲学の一番深い部分なのだ。神秘主義につつまれた、奇怪な真実ではないだろうか。双頭のほうが、ただひとつの頭よりいいという考えは。だが、その頭はともに同じ胴体からでているべきなのだ」

 

“Do you, perhaps,” inquired Pym with austere irony, “maintain that your client was a bird of some sort—say, a flamingo?”

“In the matter of his being a flamingo,” said Moon with sudden severity, “my client reserves his defence.”

No one quite knowing what to make of this, Mr. Moon resumed his seat and Inglewood resumed the reading of his document:—

“There is something pleasing to a mystic in such a land of mirrors.
For a mystic is one who holds that two worlds are better than one.
In the highest sense, indeed, all thought is reflection.

“This is the real truth, in the saying that second thoughts are best. Animals have no second thoughts; man alone is able to see his own thought double, as a drunkard sees a lamp-post; man alone is able to see his own thought upside down as one sees a house in a puddle. This duplication of mentality, as in a mirror, is (we repeat) the inmost thing of human philosophy. There is a mystical, even a monstrous truth, in the statement that two heads are better than one. But they ought both to grow on the same body.”

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第204回

「ああ、よくわからないけど」マイケルは物憂げに立ち上がった。「いいかい、君たちはまだ知らないんだよ、僕たちの抗弁がどんなものだか。それが分からないんだから、どんなことでも関連がある。そうだ、考えてごらん」彼は考えがうかんだかのように、急いで言った。「私たちが証明したいのは、学長が色盲だということだと考えてごらん。撃ってきたのは白い髪をした黒人なのに、学長が考えている犯人とは黄色い髪をした白人だと考えてごらん? あの雲がまぎれもなく珊瑚色をしているかどうか確かめることは、とても大切なことかもしれない」

 彼は口をつぐみ、真摯な様子をみせてから―他の人の共感をよぶ態度ではなかったがー、あいかわらずの流暢さでつづけた。「あるいはこう考えてごらん、学長は自殺をはかったのだと我々は主張したいのだと。彼がスミスに銃をもたせたのは、ブルータスの奴隷が剣を持たされたのと同じようなものだと考えてごらん。いいかい、大事なことは、学長が流れのなない水面に自分の姿をはっきりと見ているかどうかなんだ。流れのない水のせいで、何百人と自殺している。なぜなら自分というものが、あまりにもよく見えてしまうから。はっきりと見えてしまうんだ」

 

“Oh, I don’t know,” said Michael, lifting himself lazily; “you see, you don’t know yet what our defence is. Till you know that, don’t you see, anything may be relevant. Why, suppose,” he said suddenly, as if an idea had struck him, “suppose we wanted to prove the old Warden colour-blind. Suppose he was shot by a black man with white hair, when he thought he was being shot by a white man with yellow hair! To ascertain if that cloud was really and truly coral-coloured might be of the most massive importance.”

He paused with a seriousness which was hardly generally shared, and continued with the same fluency: “Or suppose we wanted to maintain that the Warden committed suicide—that he just got Smith to hold the pistol as Brutus’s slave held the sword. Why, it would make all the difference whether the Warden could see himself plain in still water. Still water has made hundreds of suicides: one sees oneself so very—well, so very plain.”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第203回

サイラス・ピム博士は抗議して立ち上がった。彼がこれまで証拠として受け取ってきた文書は、事実を冷静に確認したものに限られていた。一般的に被告には、自分たちのやり方で言い分をのべる明らかな権利があるが、こうした田園風景の描写は、彼にすれば(ピム博士にすれば)、まったく関係のないことのように思えた。「主任弁護士に教えてもらいたいのだが」彼は訊ねた。「この事例にどう影響があるのだろうか、雲が珊瑚色をしていたということにしても、鳥がどこにでも飛んで行くということにしても」

 

Dr. Cyrus Pym rose in protest. The documents he had put in evidence had been confined to cold affirmation of fact. The defence, in a general way, had an indubitable right to put their case in their own way, but all this landscape gardening seemed to him (Dr. Cyrus Pym) to be not up to the business. “Will the leader of the defence tell me,” he asked, “how it can possibly affect this case, that a cloud was cor’l-coloured, or that a bird could have winged itself anywhere?”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第202回

「このカレッジのある土地は平坦な筈なのに、こうしてカレッジのあいだにいると平坦には見えない。この平らな沼沢地には、蛇行する湖もあれば、川の流れもある。こうした蛇行する流れは、水平な線のように見えていたものを、垂直な線に変えてしまうのだ。水があるところならどこであろうとも、建物の高さは倍のものになる。そして英国の煉瓦造りの家がバビロンの塔になる。さざめきをたてずにきらめく水面に、家々はその高い煙突も、低い煙突もまざまざとその姿を逆に映し出す。その深い淵に見える珊瑚色の雲は、もともとの世界でも遥か彼方にみえていたように、足元の世界でも奥深いところにある。水面を切り抜く影は窓であり、空の光である。大地は足もとで裂け、そこに急勾配の、空中にそびえる建物の透視図があらわれ、そのなかを鳥がやすやすと飛び交い…」

 

“The country around these colleges is flat; but it does not seem flat when one is thus in the midst of the colleges. For in these flat fens there are always wandering lakes and lingering rivers of water. And these always change what might have been a scheme of horizontal lines into a scheme of vertical lines. Wherever there is water the height of high buildings is doubled, and a British brick house becomes a Babylonian tower. In that shining unshaken surface the houses hang head downwards exactly to their highest or lowest chimney. The coral-coloured cloud seen in that abyss is as far below the world as its original appears above it. Every scrap of water is not only a window but a skylight. Earth splits under men’s feet into precipitous aerial perspectives, into which a bird could as easily wing its way as—”

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第201回

「同封の陳述書によれば」イングルウッドはつづけた。「以下のようになります」

「有名な、英国のある大学は、その裏手が川のうえにそそり立ち、その建物をささえ、変化をあたえているものは、言わば、あらゆる種類の橋であり、二軒一棟の建物なのです。川は幾つかの小さな流れや運河に分岐していき、その曲がり角のなかにはヴェニスのように見える場所もあります。とりわけ私たちに関わる事件のありました場所は、そのように見える所なのです。そこでは蝶が舞い、繊細な石作りの橋梁が水路にかけられて、ブレークスピア・カレッジとブレークスピアの学長を結びつけるのです」

 

“The enclosed statement,” continued Inglewood, “runs as follows:—

“A celebrated English university backs so abruptly on the river, that it has, so to speak, to be propped up and patched with all sorts of bridges and semi-detached buildings. The river splits itself into several small streams and canals, so that in one or two corners the place has almost the look of Venice. It was so especially in the case with which we are concerned, in which a few flying buttresses or airy ribs of stone sprang across a strip of water to connect Brakespeare College with the house of the Warden of Brakespeare.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第200回

第二番目は、私の仲間が先ほど主張していたように、奇妙なことだが、暴行についていろいろ申し立てがあったのに、その事件を語る犠牲者が誰も見つからないという点である。副学長は学長の立場で発言している。門番も学長のために梯子をのぼっている。だが学長自身は沈黙している。紳士淑女の皆さん、私が説明しようとするのはこの点についてであり、銃声がしたという謎であり、それについて沈黙している者がいるという謎なのです。まず最初に読みあげる説明の手紙に書かれていますが、そこにはケンブリッジの出来事についての、それからその手紙についての真相が説明されています。その両方についての説明を聞けば、皆さんの判断にも迷いはないことでしょう。説明の手紙とは以下にあります。

「拝啓 これから申し上げますのはブレークスピア・カレッジで本当に起きた出来事についてであり、その出来事についての正確、かつ生彩あふれる説明になります。私達は署名をしましたが、別々の手紙で言及するほどの理由をとくに感じておりません。真実を申し上げるなら、これは各種の要素から成り立つ作品なのです。ですから形容詞の使い方にしても、意見の相違はいささかあります。ですが、すべての言葉は真実なのです。

ケンブリッジ ブレークスピア・カレッジ学長 

ウィルフレッド・エマーソン・イームズ

イノセント・スミス

 

The second, as my colleague has urged, is the curious fact that we cannot find a single victim of these alleged outrages to speak for himself. Subordinates speak for him. Porters climb up ladders to him. But he himself is silent. Ladies and gentlemen, I propose to explain on the spot both the riddle of the shots and the riddle of the silence. I will first of all read the covering letter in which the true account of the Cambridge incident is contained, and then that document itself. When you have heard both, there will be no doubt about your decision. The covering letter runs as follows:—

“Dear Sir,—The following is a very exact and even vivid account of the incident as it really happened at Brakespeare College. We, the undersigned, do not see any particular reason why we should refer it to any isolated authorship. The truth is, it has been a composite production; and we have even had some difference of opinion about the adjectives. But every word of it is true.—We are, yours faithfully,

                                     “Wilfred Emerson Eames,
                  “Warden of Brakespeare College, Cambridge.

“Innocent Smith.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第199回

「私の仲間が先ほど説明したように」イングルウッドは言った。「二つの謎というか、矛盾があるのですが、私達はそれに基づいて弁護をしているのです。まず一番目の謎は明らかな事実です。皆さんの告白によれば、それから起訴側が引用されたすべての証拠によれば、被告人は銃の素晴らしい腕をもっていたことは明らかであります。しかしながら皆さんも、起訴側も、当時の状況について主張されているのは四、五フィート離れたところから彼が撃ち、しかも四、五回撃ったのに、一度も学長にはあたらなかったということなのです。これが事件の驚くべき状況の第一であり、私たちの議論のもとになるものであります。

 

“As my colleague has just explained,” said Inglewood, “there are two enigmas or inconsistencies on which we base the defence. The first is a plain physical fact. By the admission of everybody, by the very evidence adduced by the prosecution, it is clear that the accused was celebrated as a specially good shot. Yet on both the occasions complained of he shot from a distance of four or five feet, and shot at him four or five times, and never hit him once. That is the first startling circumstance on which we base our argument.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする