再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№77

彼女の要求は厳格なものではなかった。相手が若ければ、容貌が端麗であればと彼女は求め、少なくとも適度に面白い男性であることを求めた。相手には、いつまでも変わることのない忠実さを期待した。だが自分の前にいる相手をもとに考えてみれば、彼女も心に用心する事態があった。しかも、それはかなりの確率で発生するもので、相手がそうした類の男ではないということであった。「ガーデン・オブ・カーマ(愛欲の園)」の哲学は、彼女が小舟を遠くまで操るための羅針盤で、もし嵐や乱気流に遭遇したとしても、難破や停滞からは逃れることができた。
コートニー・ヨールは創造主から、熱情的な、あるいは献身的な恋人の役割を果たすようにはつくられていなかった。そこで良心的にとでもいうべきだろうか、創造主によってさだめられたその限界を尊重していた。しかしながらモリーにたいしては、たしかに合い響き合う愛情をいだいていた。彼女がいつも慕ってくれていることは明らかだったが、それでいながら見え透いた追従で悩ませることもなかった。戯れの恋だったものが何年もの試練に耐えた根本的な理由は、ほどよい間隔で火花を散らしては、燃えあがだけの関係にすぎなかったからだというところが真相であった。電話が人々のプライバシーという要塞を崩しつつある世の中では、隠遁生活の高潔さを保つのは、キャバレーのボーイのように機転のきいた嘘をつく能力なのである。ヨールはよくわかっていたが、この美しい女性が一年の大半を費やしているのは、狐を追いかけることであって、自分を追いかけることではなかった。

Her demands were not exacting; she required of her affinity that he should be young, good-looking, and at least, moderately amusing; she would have preferred him to be invariably faithful, but, with her own example before her, she was prepared for the probability, bordering on certainty, that he would be nothing of the sort.  The philosophy of the “Garden of Kama” was the compass by which she steered her barque and thus far, if she had encountered some storms and buffeting, she had at least escaped being either shipwrecked or becalmed.
Youghal had not been designed by Nature to fulfil the rôle of an ardent or devoted lover, and he scrupulously respected the limits which Nature had laid down.  For Molly, however, he had a certain responsive affection. She had always obviously admired him, and at the same time she never beset him with crude flattery; the principal reason why the flirtation had stood the test of so many years was the fact that it only flared into active existence at convenient intervals.  In an age when the telephone has undermined almost every fastness of human privacy, and the sanctity of one’s seclusion depends often on the ability for tactful falsehood shown by a club pageboy, Youghal was duly appreciative of the circumstance that his lady fair spent a large part of the year pursuing foxes, in lieu of pursuing him.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№76

やがて結婚生活が失敗だと判明するとしても、それでも彼女には結婚生活に期待するところがあって、ほどほどの期待を心にいだいていた。だから彼女の数々の恋愛では相手も異なっていて、恋愛が彼女を夢中にさせる人生の要素であることは明らかだった。彼女はうまく構成された性格の持ち主で、それは男だろうと女だろうと二つの職務をまっとうすることも、一つの籠に卵をたくさん詰め込みすぎないように用心することも可能にするものだった。

 If her married life were eventually to turn out a failure, at least she looked forward to it with very moderate expectations.  Her love affairs she put on a very different footing and apparently they were the all-absorbing element in her life. She possessed the happily constituted temperament which enables a man or woman to be a “pluralist,” and to observe the sage precaution of not putting all one’s eggs into one basket.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№75

彼女の恋愛はほぼ途切れることなく続いていったが、その行動がずっと支離滅裂なものだったせいで激しく苦しんだ。彼女は愛情にみちた関心を若者たちにむけたが、それはうそ偽りのないものであった。若者ひとりひとりの存在を隠そうともしなければ、互いを競わせるようなこともしなかった。また夫を漁ろうとしている狩猟家であるとも言えなかった。それというのも、彼女はどのような男と結婚するつもりなのか心に決めていたからだ。だが彼女の予定は、地元の知人たちが予想しているものとはあまり差異はなかった。

Her romances were mostly in serial form and suffered perhaps in fervour from their disconnected course what they gained in length of days.  Her affectionate interest in the several young men who figured in her affairs of the heart was perfectly honest, and she certainly made no attempt either to conceal their separate existences, or to play them off one against the other.  Neither could it be said that she was a husband hunter; she had made up her mind what sort of man she was likely to marry, and her forecast did not differ very widely from that formed by her local acquaintances. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№74

彼女は大半の男性から好かれた。だが一方で彼女を嫌っている女性の割合は、厄介なくらいに高かった。そのうちにと、彼女は思われていた。ビール製造業者か、オッター・ハウンド犬を飼っているような男と結婚するだろうと。そして間隔をあけずして、モールバーンとか、それと似たような学問の中心地で、男の子一人か二人の母親として世間に知られるようになるだろうと。彼女の本質の夢見がちなところは、田舎ではまったく理解されないものであった。

Most men liked her, and the percentage of women who disliked her was not inconveniently high.  One of these days, it was assumed, she would marry a brewer or a Master of Otter Hounds, and, after a brief interval, be known to the world as the mother of a boy or two at Malvern or some similar seat of learning.  The romantic side of her nature was altogether unguessed by the countryside.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№73

戯れてはその度に昔に戻るわけだが、それにしても戯れがかくも長らえたのはミス・マククェードの積極性に富んだ気づかいのおかげで、ヨールからの情にうったえる努力のせいではなかった。モーリー・マククェードの、狩りをする地の人々に知られている姿とは、乗馬好きの、月並みな型にはまらない女というもので、それは無理をしなくても「いい人」の分類にはいる女だった。それというのも彼女は十分に美しく、自分の不快については沈黙を守りながら、いささかなりとも、あるいは十分に鑑識眼のあるものについて、たとえば近所のひとの庭や子供たち、世間に人気のある猟犬について接したからだ。

The flirtation which was thus perennially restored to its old-time footing owed its longevity more to the enterprising solicitude of Miss McQuade than to any conscious sentimental effort on the part of Youghal himself.  Molly McQuade was known to her neighbours in a minor hunting shire as a hard-riding conventionally unconventional type of young woman, who came naturally into the classification, “a good sort.” She was just sufficiently good-looking, sufficiently reticent about her own illnesses, when she had any, and sufficiently appreciative of her neighbours’ gardens, children and hunters to be generally popular.  


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№72

夕食の献立も、可能なかぎり、そのときに近いものにこだわった。食べ物とワインの選択がーそれは学生らしい食欲にあふれたものではあったが、はにかみのせいで幾分遠慮もしながら、ずいぶん前に決めたものだった—こうした再会の折々にヨールにまとわりつく有様は、まるで溺れかけている男の過去の人生が、意識がある最後の瞬間に浮かびあがって映しだされているかのようだった。

 Even the menu of the dinner was adhered to as nearly as possible; the original selection of food and wine that schoolboy exuberance, tempered by schoolboy shyness, had pitched on those many years ago, confronted Youghal on those occasions, as a drowning man’s past life is said to rise up and parade itself in his last moments of consciousness.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№71

都合よく奥まっているベンチに腰かけ、リージェントパークにあるロンドン動物園の北部雉飼い場とむかいあうかたちで、コートニー・ヨールはあるレディと大人の恋の戯れにふけっていた。相手の女性は、たしかに外見は若いけれど、四、五歳はコートニーより年上だった。コートニーが十六歳の学生だった頃、モリー・マククェードは親しげに動物園に案内してくれ、その後でソーホーにある外国料理のケトナーズ・レストランでご馳走してくれた。それ以来、昔の祝祭日を祝う記念日に町にいるときには、ふたりは几帳面にこの日程をそのまま繰り返した。

On a conveniently secluded bench facing the Northern Pheasantry in the Zoological Society’s Gardens, Regent’s Park, Courtenay Youghal sat immersed in mature flirtation with a lady, who, though certainly young in fact and appearance, was some four or five years his senior.  When he was a schoolboy of sixteen, Molly McQuade had personally conducted him to the Zoo and stood him dinner afterwards at Kettner’s, and whenever the two of them happened to be in town on the anniversary of that bygone festivity they religiously repeated the programme in its entirety. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№70

レディ・キャロラインの声が彼女の思考に割り込んだ。それは穏やかに、のどを慣らす声であった。だが気味の悪い特徴というべきか、夕食の食卓の端にまでその声を響きわたらせることができた。

「聖堂の助祭長さまときたら、ぼんやりとしていて、心がここにあらずなんだから。いつか日曜の最初のおつとめで読みあげたのは、オペラのバルコニー席をもっている人達の一覧だったのよ。家族の大切さでもなく、約束の地カナンに入ったイスラエルの多くの民のことでもなく。運のいいことに、誰も間違いに気がつかなかったけれど」

 Lady Caroline’s voice broke in on her reflections; it was a gentle purring voice, that possessed an uncanny quality of being able to make itself heard down the longest dinner table.

“The dear Archdeacon is getting so absent-minded.  He read a list of box-holders for the opera as the First Lesson the other Sunday, instead of the families and lots of the tribes of Israel that entered Canaan.  Fortunately no one noticed the mistake.”


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№69

フランチェスカが苦々しく笑ったのは、つい数時間前まで、コーマスの求婚に力をかしてくれるように彼に頼むという思いつきを楽しんでいたからであった。これは少なくともひとつの慰めにはなるが、彼女はみずから獲物を見つけたのだ。もしヨールが割り込んできて、ライバルとなって、年下の友人コーマスをおしだそうとしたところで、コーマスの方が有利な出発点にたっていた。コーマスは、その日の昼食会でミス・ド・フレイについて触れていたが、それはさりげなく、しかも冷静であった。もし夕食会の客が話題にしなければ、おそらく彼女について言及することはなかっただろう。だが、二人がすでに互いを気にしていることは明らかだった。ブルー・ストリートの家の事情で、フランチェスカは夕食会の客を選別したのだが、思いがけずして、この非常に興味をひかれる相続人と知り合いになったのだった。

Francesca laughed bitterly to herself as she remembered that a few hours ago she had entertained the idea of begging for his good offices in helping on Comus’s wooing.  One consolation, at least, she found for herself: if Youghal really meant to step in and try and cut out his young friend, the latter at any rate had snatched a useful start.  Comus had mentioned Miss de Frey at luncheon that day, casually and dispassionately; if the subject of the dinner guests had not come up he would probably not have mentioned her at all.  But they were obviously already very good friends. It was part and parcel of the state of domestic tension at Blue Street that Francesca should only have come to know of this highly interesting heiress by an accidental sorting of guests at a dinner party.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№68

コーマスの端麗な容貌にも、その場にもたらす気まぐれな魅力にも挑み、目もくらむ半ダースほどの素質ー世界中の女性に好かれるものだったーに若い政治家は対抗していた。理想的な人を追い求める若い娘の目には、そうしたものは殊に好かれるものであろう。ヨールもそれなりに見ばえのする男であった。たしかにコーマスほど人目をひくことはないにしても、いつも盛装で、機知にとみ、出しゃばるほどではないが、人目につく程度には議会でも成功して自信にみちていた。だがコーマスを前にしたら、コートニー・ヨールも余裕で機をとらえる好敵手かどうかは定かでなかった。

 Against the good looks and fitful powers of fascination that Comus could bring into the field, the young politician could match half-a-dozen dazzling qualities which would go far to recommend him in the eyes of a woman of the world, still more in those of a young girl in search of an ideal.  Good-looking in his own way, if not on such showy lines as Comus, always well turned-out, witty, self-confident without being bumptious, with a conspicuous Parliamentary career alongside him, and heaven knew what else in front of him, Courtenay Youghal certainly was not a rival whose chances could be held very lightly.  


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする