2017.11 隙間読書 文豪ノ怪談ジュニア・セレクション「霊」

11月25日の東雅夫先生の講座の予習を兼ねて、霊 文豪ノ怪談ジュニア・セレクション(東雅夫編・汐文社)を読んだ。謡曲を読むのは初めて!だけど、なんだかとてもしっくりくる。浄瑠璃とは違う言葉の美しさを感じた。


『あれ』

作者:星新一

初出:「別冊問題小説」1975年春号

出張先のホテルで金縛りのような「あれ」を体験した会社員。その体験が社内で知られると、やがて彼は昇進する。その会社では、なぜか「あれ」を体験した社員が昇進することになっていた。「あれ」を体験したふりをする会社員も出るが、その会社員は…。

小さい頃から馴染んでいた星新一だけれど、こんな怖い語り口をしていた作家なんだと再発見。

冒頭の「あれ」が出現する直前の描写である。なんとも怖い。

静かな真夜中。男はふと、寒気を感じて、目をさました。なにか寒い。暖房設備が故障したのだろうかな、とも思った。そうではない。かぜをひいたのでもない。そういうたぐいの寒さではないのだ。背中のあたりに、つめたいものを感じる。これは、どういうことなのだろう。

最後まで「あれ」のまま、その正体も、理由もわからない。ただ怖い…という感情が残る。星新一が、こんなに怖く語る作家だったとは…という発見がうれしい作品だった。

読了日:2017年11月22日


「霊魂」

作者:倉橋由美子

初出:「新潮」1970年1月号

私たちの身体のなかに霊魂がいるのか、それとも私たちと霊魂は同じ存在なのか…冒頭の死病の床についたMが婚約者に語る文は、そんな霊魂の不思議さを印象づけるものである。

「わたしが死んだら、わたしの霊魂をおそばにまいらせますわ」といった。それからちょっと考えこむようすがあって、「霊魂がおそばにまいりますわ」といいなおした。

このMは死後霊魂となって婚約者のもとに戻る。婚約者と霊魂は同衾したり共に風呂に入ったりと新婚生活を楽しむが、だんだん霊魂は元気がなくなっていく。

「わたしはだんだんMの霊魂ではなくなってくるみたいなの。Mのからだを失ってからは、Mのことに関する記憶もみるみる薄れていきましたわ。記憶はやはり霊魂ではなくてからだがもっているのですね。からだがなくなると、わたしがいつまでもMの霊魂でいることはむずかしいのです。そのうちにだれの霊魂でもなくなりますわ。ちょうど風に吹きさらされて色も匂いもぬけてしまうみたいに、時の風に吹きさらされて霊魂の個人性がぬけてしまうようですわ」

倉橋由美子の霊魂についての考えがよくわかる作品。他の倉橋作品も読んでみたい。

読了日:2017年11月22日


『木曽の旅人』

作者:岡本綺堂

初出:やまと新聞1913年5月〜6月

 青蛙堂鬼談の拾遺篇とも言うべき近代異妖篇に収められている短編。

この話を語る重兵衛は木こりで、木曽の山奥で太吉という男の子と暮らしていた。そこに旅人が暖求めにやってくるが、太吉はいつになく怯える。知り合いの猟師が犬を連れて訪れるが、その犬も旅人にむかって吠えたてる。その旅人は、女を殺した疑いで警察の探偵が追いかけている男であった。

彼らを恐れさせたのは、その旅人の背負っている重い罪の影か殺された女の物凄い姿か、確かには判断がつかない。

太吉や犬が何に怯えたのか、その正体は最後まで明かされない。でも子どもや犬の怯える様子、山の中の様子、はじめは穏やかに思えた旅人がだんだん恐ろしいものに変わっていく様子、正体を明かさないで怖さを描いていく点は、星新一の『あれ』と同じである。

読了日:2017年11月23日


『後の日の童子』

作者:室生犀星

初出:「女性」1923年2月号

生後間もなくして此の世を去った子どもが、少し成長した姿で両親のもとを訪ねるようになる。だが、やがて子どもの姿も、両親の姿も互いに見えなくなっていくという話。

死んだはずの子どもが両親と食事をしているとき、母親が魚を火にあぶっていると子どもは食べられる魚の悲しみを思い、両親に訊ねる。母親と子どものやりとりが生きている者、死んだ者の断絶を示しているようで悲しい。

「おまえはむずかしいことを言いますね。そりゃお魚だって悲しいにちがいはなかろうがね。しかし死んでいるんだからどうだか分からない。」

「死んでいるんだから分からない?」

丁寧な註のおかげで、以前はただの風景描写として読み飛ばしていた風景、「水草の生えた花の浮いている水田」「白い道路」「限りもない水田」が、冥土を暗示している言葉であることを知る。

また彫刻家が行方不明になった息子を探しに来て帰るくだり、

その影のあとに、もう一つ、小さい影のあるのを見た。

「ほら、尾いて行くぜ。小さい奴がかがんでな」

この箇所は、「もはや幽明の境界が判然としない、慄然たる描写である。童子ばかりでなく彫刻家の息子もまた、この世のものではないのか…」という東雅夫氏の註に、ようやくそういうことなのだろうかと納得する。

怪奇幻想物は何気ない描写に暗示されているものを読み取らないといけないから難しくもあり、楽しくもある。

読了日:2017年11月23日


『ノツゴ』

作者:水木しげる

初出:「別冊小説現代」1983年9月・新秋号

水木夫妻を思わせる夫婦のユーモラスなやりとりで始まる短編。

妖怪作家の主人公は、穴に埋められ、そこからはい出そうとする悪夢に何度もうなされる。テレビで夢の景色が愛媛県と高知県の県境の南宇和地方であることを知って現地へと向かう。

そこでノツゴという妖怪話をきく。

「夜道をあるいちょりますと、ノツゴが出てきて“草履くれ ”いいよります。そのとき、草鞋の鼻緒を切ってノツゴになげてやると足が動くようになるですたい」

ノツゴの中には埋められても穴から這い上がって助かる者もいるという。主人公も、そうした生きノツゴだった…。

水木作品は漫画も面白いけど、小説も面白いことに驚いた。

註にあった水木しげるの半生記「ねぼけ人生」も、平田篤胤「勝五郎再生記聞」もぜひ読んでみたい。

読了日:2017年11月23日


『お菊』

作者:三浦哲郎

初出:「小説新潮」1981年12月号

三浦哲郎がタクシー怪談を書いているとは…とびっくりした。

青森の県立病院に呼ばれたタクシー運転手は、そこで若い、着物姿の娘を乗せ、娘に頼まれるまま二時間ほど車を走らせる。

娘は食用菊の畑の菊が咲いている様子に心をゆさぶられる。そんな娘に運転手は車をとめ菊の花を取ってきて渡す。

ようやくたどり着いた女の家の描写が素晴らしい。タクシー怪談だけれど、青森の菊畑の景色がぱっと心に浮かんでくるようである。

わたしは、女の指さす家をみて、女が菊の花に異様なほどの愛着を抱いているわけが一遍にわかったような気がしました。というのは、道の片側のゆるやかな斜面が見渡す限りの菊畑で、その中腹にある藁葺の女のいえは、まるで黄色い海に揉まれて傾いている屋形船のように見えたからです。

車から降りて家へと入っていく娘の最後の姿も心に残る。

車へ戻るとき、菊畑のなかに浮かぶようにして登ってゆく女のうしろ姿が見えました。風がきて畑にうねりが立つと、女の着ているものが花の色に融け込んで、三つ編みにした髪だけが波間に漂うように見えたりしました。

結末は言うまでもない。菊畑と可憐な娘の姿が忘れられないタクシー怪談である。

註を読んで読みたくなった本、浅田次郎の「お狐様の話」、河竹黙阿弥「新皿屋敷月雨暈」、京極夏彦「数えずの井戸」


『黄泉から』

作者:久生十蘭

初出:「オール読物」1946年12月号

お大尽のお嬢様であった「おけい」は婦人軍属としてニューギニアに行き、その地で病に倒れる。亡くなる直前、何かしてもらいたいことは?と訊ねられ、「では、雪を見せていただきます」と言う。大人しく、何も欲しがらない彼女が、なぜニューギニアで雪を望むのかと一瞬考えた。おそらく、出征前に愛する光太郎を諦める覚悟でフランス人の先生の家に別れを告げに来たとき、雪が降っていたからではないだろうか。

おけいさんが別れに来た晩はたいへんな大雪でね、雪だらけになって真青になってやってきた。そして君のことをいろいろ言っていた。君に誰かに結婚してもらって、はやく楽になりたいと言っていた…君が帰ってきたら、じぶんの友達の中からいいひとをお嫁さんに推薦するんだと言っていた。

おけいに雪を見たいと言われた部隊長は、雪のような、かげろうの大群を見せ、おけいは満足して此の世を去る。

初盆の日、俗物の光太郎も、さすがにおけいのために盆の支度をする。おけいは約束どおりに、光太郎が気に入りそうな自分の友人を連れてきたのだった。そんなおけいの魂を迎えるため、光太郎は提灯をさげ「おい、ここは穴ぼこだ。手をひいてやろう」とおけいの魂に語りかける。

おけいの気持ちのいじましさに心うたれる作品。

読了日:2017年11月23日


謡曲「松蟲」

謡曲を読むのは初めて。意味は分からないところは多々あれど、なんとも言えないリズムの気持ちよさを感じた。松蟲は、最後こう終わる。

さらばよ友人名残の袖を、招く尾花のほのかに見えし跡絶えて、草茫々たるあしたの原。蟲の音ばかりや残るらん残るらん

読了日:2017年11月23日

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

2017.11 隙間読書 矢田津世子 「神楽坂」

『神楽坂』

作者:矢田津世子

初出:昭和11年(1936年)人民文庫3月号

坂口安吾の恋人であった矢田津世子 29歳のときの作品。当時、矢田は安吾よりも名前の知られた流行作家であり、この作品も第三回芥川賞の候補作である。

小金貸しの老人「猪之」をめぐって欲得でゆれる人間模様が鋭く描かれている。でも、どの登場人物も好きになれない。

猪之も若い妾のもとに通いながらも、病床の妻のことをこう愛おしむ。

石女なのが珠に瑕だが、稼ぎっぷりといい、暮しの仕末ぶりといい、こんな女房は滅多にいるものじゃあない。諺にも、「賢妻は家の鍵なり」というが、どうして、うちの内儀さんときては大切な金庫のかけがえのない錠前だわい、と猪之さんには内儀さんを誇りにする気もちがある

猪之の若い妾「お初」は猪之にたかることばかり考え、お初の母も猪之の病弱の妻が亡くなる日を密かに待ち望む。

猪之の女中「お種」は妻に可愛がられ、もしかしたら養女にしてもらえるかも…という打算が働き、せっせと猪之の家の蓄財に励む。

やがて妻が亡くなり、猪之の心は浪費家の妾から離れていく。

29歳の女性作家が小金貸しの老人を主人公に、金がらみの人間関係を描くなんて…昭和11年とはどういう時代だったのだろう?

かくも嫌な人物像を描くとは、矢田は冷静な観察眼の持ち主だったのだろう。安吾とは対照的な人物だから、安吾と矢田は惹かれ、離れていったのではないだろうか?

でも、こういう登場人物ばかりだと好きになれないなあ、この小説。どう楽しめばいいのかわからない…というのが正直なところである。

読了日:2019年11月21日

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第255回

わたしの相棒の違法行為は許されて当然のものにも思え、また滑稽なくらいに許されるべきものにも思えた。ああした大げさで、非常識な人々がなんであろう。彼らには召使いもいれば、泥おとしも持ち合わせている。さらには煙突の通風管(チムニー・ポット)もあればシルクハット(チムニー・ポット・ハット)もあるのに、貧しい道化師がソーセージを欲しくなって手に入れようとするのを邪魔するなんて。財産が大切だと考えるのだろう。でも、わたしがいたのは、このように山がたくさんあって霞がかかっている光景で、なんとも心軽やかになる天国であった。

 

 The law-breaking of my companion seemed not only seriously excusable, but even comically excusable. Who were all these pompous preposterous people with their footmen and their foot-scrapers, their chimney-pots and their chimney-pot hats, that they should prevent a poor clown from getting sausages if he wanted them? One would suppose that property was a serious thing. I had reached, as it were, a higher level of that mountainous and vapourous visions, the heaven of a higher levity.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第254回

大きな煙突の筒がくずれたのだから、私の混沌とした感情は頂点に達してもよかった。だが、本当のことを言えば、その結果ふと生じたものとは喜劇めいた感覚であり、慰みのような感覚ですらあった。思い出すことはできないのだが、この突然の押込み強盗を、心地よい空想へと結びつけるものがあった。そして私が思い出していたのは楽しくも騒々しい場面で、屋根や煙突がならんでいるその場面は、子供時代に道化芝居で見たものだった。どういうわけだか私を慰めてくれたのは、その場の非現実的な感覚で、まるで家が絵具で塗られた薄い板やボール紙でできていて、警官や老いぼれ道化役によって倒されることになっているかのようであった。

 

“The collapse of the big chimney-pot ought to have been the culmination of my chaotic feelings; but, to tell the truth, it produced a sudden sense of comedy and even of comfort. I could not recall what connected this abrupt bit of housebreaking with some quaint but still kindly fancies. Then I remembered the delightful and uproarious scenes of roofs and chimneys in the harlequinades of my childhood, and was darkly and quite irrationally comforted by a sense of unsubstantiality in the scene, as if the houses were of lath and paint and pasteboard, and were only meant to be tumbled in and out of by policemen and pantaloons.

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第253回

物悲しい空の景色についての私の思索を妨げることになったものは、空から落ちてくる月と同じくらいに思いがけないものであった。強盗は、よりかかっていた煙突から手をあげるどころか、さらにどっしりと煙突にもたれかかった。すると煙突が倒れてしまい、蓋のあいたインク瓶のようになった。そのとき私は低い壁にかかっていた小さな梯子のことを思い出し、彼がかなり前に犯罪者のように侵入してきたのだと確信した。

 

“My speculations about the sullen skyscape, however, were interrupted by something as unexpected as the moon falling from the sky. Instead of my burglar lifting his hand from the chimney he leaned on, he leaned on it a little more heavily, and the whole chimney-pot turned over like the opening top of an inkstand. I remembered the short ladder leaning against the low wall and felt sure he had arranged his criminal approach long before.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2017.11 隙間読書 泉鏡花『夜釣』

『夜釣』

作者:泉鏡花

初出:1911年(明治44年)

この作品も来月2日、鏡花怪談宴席で朗読される作品ということなので読んでみた。

岩次という釣り好きの男がいて、この男は釣りが上手であったが、なかでも鰻釣りが得意であった。

岩次の女房が、そんな夫のことを案じていた様子がさらりと描かれている。

が、女房は、まだ若いのに、後生願ひで、おそろしく岩さんの殺生を氣にして居た。


変事が起きる夜の描写を鏡花はこう記し、これから何か悪いことが起きるのではないだろうかという不安感を抱かせる。

霜月の末頃である。一晩、陽氣違ひの生暖い風が吹いて、むつと雲が蒸して、火鉢の傍だと半纏は脱ぎたいまでに、惡汗が浸むやうな、其暮方だつた。


その夜、岩次はなぜか家に帰らない。女房にも、読者にも何かが起きたのでは…と思わせるような描写が続く。

留守には風が吹募る。戸障子ががた〳〵鳴る。引窓がばた〳〵と暗い口を開く。空模樣は、その癖、星が晃々して、澄切つて居ながら、風は尋常ならず亂れて、時々むく〳〵と古綿を積んだ灰色の雲が湧上る。とぽつりと降る。降るかと思ふと、颯と又暴びた風で吹拂ふ。


翌日、女房が岩次を探してむなしく家に戻ると、子供たちが台所の桶に大きな鰻がいると言う。

手桶の中に輪をぬめらせた、鰻が一條、唯一條であつた、のろ〳〵と畝つて、尖つた頭を恁うあげて、女房の蒼白い顏を、凝と視た。

…という一文で読者に想像させて終わる不気味さ。

何か起きるのでは…というところでは、鏡花は言葉をたくさん使うけれど、何か起きたあとでははっきりとは書かない。この按配が何とも怖さを盛り上げるのだなあとと思う。

読了日:2017年11月13日

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第252回

おそらく、そうした家は住む者のいない家だろう。あるいは住んでいる者がいたにしても、貧しい一家が住んでいるくらいのもので、そうした人々は、イタリアの、やはり人が住んでいないような古い家にいる一家と同じくらいに貧しい。たしかに、しばらくして霧が上空にあがったときに気がついたのだが、私たちが歩いているのは半円の形をしたクレッセントで、足元には四角い広場がひらけ、もう片側の下の方には広いストリートがのびている様子は巨大な階段の踊り場のようで、ロンドンのさほど知られていない奇妙な建物といった趣があり、この土地における最後の岩棚のように見えた。だが雲が巨大な階段の踊り場に封をした。

Probably enough, they were entirely untenanted, or tenanted only by such small clans of the poor as gather also in the old emptied palaces of Italy. Indeed, some little time later, when the fog had lifted a little, I discovered that we were walking round a semi-circle of crescent which fell away below us into one flat square or wide street below another, like a giant stairway, in a manner not unknown in the eccentric building of London, and looking like the last ledges of the land. But a cloud sealed the giant stairway as yet.

 

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2017.11 隙間読書 泉鏡花 『星あかり』

『星あかり』

作者:泉鏡花

初出:1898年

12月2日鏡花怪談宴席で朗読される作品ということで読んでみた。

鎌倉のとある寺に宿泊していた「私」は、夜中に宿所をしめだされてしまう。宿所には山科という医学生が寝ているから、起こして開けてもらえばいいのだが、先ほど言い争いをしたから…と「私」は鎌倉の山道をさすらい、海へと出る。

その途中の風景が不安にみちているのが不思議ながら、紀行文のような作品だと思いつつ読んでいくと、最後に「私」が家に戻る場面でこの作品はドッペルゲンガーを題材にした作品であり、「私」と「山科」が同一人物だとわかる。


結末がわかり、もう一度再読してみると、旅先での不安に思えた描写だけれど、星のない空も、なぜか消えていく車も、縮まっている浜も、ドッペルゲンガーから生じた不安のようにも思えてくる。

何時の間にか星は隠れた。鼠色の空はどんよりとして、流るる雲も何にもない。


車も、人も、山道の半あたりでツイ目のさきにあるような、大きな、鮮な形で、ありのまま衝と消えた。


先に来た時分とは浜が著しく縮まって居る

姿を見られてはならない、音をたててはいけない、と思いながら歩く私の気持ちも、犬を怖れる気持ちも、ドッペルゲンガーの「私」の気持ちを巧みにあらわしている。

唯一人、由井ヶ浜へ通ずる砂道を辿ることを、見られてはならぬ、知られてはならぬ、気取られてはならぬというような思であるのに

誰も咎めはせぬのに、抜足、差足、音は立てまいと思うほど、なお下駄の響が胸を打って、耳を貫く。

我ながら、自分を怪むほどであるから、恐ろしく犬を憚ったものである


浜辺の船の船底にたまった水を見て、はっと我にかえる場面は見事だなあと思う。

船底に銀のような水が溜って居るのを見た。思わずあッといって失望した時、轟々轟という波の音。

夢かうつつかで魂がさまよう『星あかり』の朗読が楽しみである。

読了日:2017年11月12日

 

 

 

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

21017.11 隙間読書 桐竹勘十郎「文楽へのいざない」

「文楽へのいざない」

作者:桐竹勘十郎

初出:2014年5月

淡交社

勘十郎さんが語る各作品の登場人物は、人形遣いの視点から語られている。そんな魅力があったのかと再発見、そんなご苦労があったとは…と知ること多々。

「本朝廿四孝」の「奥庭狐火の段」、八重垣姫に狐の霊が憑依するくだりについては

女方の足はふき先と言われる着物の裾の先を動かして歩くように見せますが、八重垣姫の場合、ふき先だけを細かく動かして飛んでみせます。バサバサ飛んだらいけません。

後半、人形を換えた後の左遣い、足遣いは主遣いと同じく出遣いで顔を出して遣います。これは難しい左、足を遣う人へのご褒美のようなもので、文楽ならでは演出です。

狐らしく見せるには、まず頭とシッポを下げること。しかし、それだけでは狐に見えない…。動物を遣うのもまた違った難しさがあるのです。

勘十郎さんが遣う狐は本当に怖くもあり、愛らしくもあり、不思議な魅力がある。狐になりきって役柄を考えているのだろう。


また泣く芝居、手負いの役も好きだと語る勘十郎さんの次の言葉から、作品の風景を、登場人物を頭のなかで再現されているのだなあと知る。

腹を突いてからの息遣いを研究したらおもしろいです。私は、体の角度を考えました。人間は、痛い方に傾くのです。左の腹に刀を刺したら体は右へは傾かない。人形でもリアルにした方がいいと思ってやらせてもらっています。


テレビドラマでも映画でも、ケガして死にそうになった人の役は真剣に見てしまいます。誰も死んだことないのに、想像で演じているわけですが、うまい人は「ほんまに死にかけてんのとちゃうかな」と思わせてくれます。息遣いとか、たまりません。無名の人でも、「この人ぜったい研究してはるわ」と、思うことがあります。


それから、いろいろな角度からものを見ること。そういうことも舞台では大事です。「三日月さまが…」と言ったときに、どこに三日月があるのか、自分で決めておかないと、お客様も「え、どこに?」てウロウロしてしまわれます。

こうした視点は本を読むときにも、翻訳をするときにも欠かせないと思うのだが、小説作品や翻訳ではなおざりにされていることが多い気がする。こうした視点がないと成立しないところが文楽の面白さだなあと思う。

読了日:2017年11月10日

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする

2019.11 隙間読書 坂口安吾「白痴」

「白痴」

作者:坂口安吾

初出:1946年 雑誌「新潮」6月号

終戦後、一年も経たないうちに発表された作品なので、爆弾投下時の描写も生々しい。爆弾投下に右往左往しながら投げやりに生きる演出家「伊沢」、伊沢が自宅の押し入れに密かにかくまう白痴の女との不思議な関係。発表当時、同じ時代に生きた人々にとって、戦争中の自分の姿を思い出させる衝撃的な作品であったのだろう。

今でも「白痴」における安吾の言葉は、鮮明な映像を突きつける迫力がある。


伊沢が押入れにかくまう白痴の女の不思議な存在さ。

白痴の女房はこれも然るべき家柄の然るべき娘のような品の良さで、眼の細々とうっとうしい、瓜実顔の古風の人形か能面のような美しい顔立ち


三月三十日の大空襲についても容赦なく語る。戦後一年もたってないときに、安吾のこの言葉は刃のように思えたことだろう。

三月十日の大空襲の焼跡もまだ吹きあげる煙をくぐって伊沢は当もなく歩いていた。人間が焼鳥と同じようにあっちこっちに死んでいる。ひとかたまりに死んでいる。まったく焼鳥と同じことだ。怖くもなければ、汚くもない。犬と並んで同じように焼かれている死体もあるが、それは全く犬死で、然しそこにはその犬死の悲痛さも感慨すらも有りはしない。人間が犬の如くに死んでいるのではなく、犬と、そして、それと同じような何物かが、ちょうど一皿の焼鳥のように盛られ並べられているだけだった。犬でもなく、もとより人間ですらもない。


安吾の目は、大空襲の風景も、投げやりになっている自分の気持ちも、赤裸々に捉えて語っていく。安吾に何もかも見透かされているような、そんな気持ちになって、清々しいまでの諦めの気持ちになる。

女の眠りこけているうちに女を置いて立去りたいとも思ったが、それすらも面倒くさくなっていた。人が物を捨てるには、たとえば紙屑を捨てるにも、捨てるだけの張合いと潔癖ぐらいはあるだろう。この女を捨てる張合いも潔癖も失われているだけだ。微塵の愛情もなかったし、未練もなかったが、捨てるだけの張合いもなかった。

安吾は不思議な終わらせ方で、作品の最後をまとめることが多いのかもしれない。この作品も、こんな一文で終わっている。ざっくりざっくり書いているようだけれど、最後になんとも説明できない不思議さが残る…安吾作品のそんなところがよいのだなあと思う。

停車場の周囲の枕木の垣根にもたれて休んでいるとき、今朝は果して空が晴れて、俺と俺の隣に並んだ豚の背中に太陽の光がそそぐだろうかと伊沢は考えていた。あまり今朝が寒すぎるからであった。

読了日:2017年11月8日

 

カテゴリー: 2017年, 読書日記 | コメントする