再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№96

しかしフランチェスカが母親の特権をかざして推察したところ、独身仲間は息子を破滅させようと骨を折るのに熱心であった。そのせいで若い政治家は、彼女にすれば露骨なまでに戸惑う原因になった。そして彼女がコーマスを認めないのと同じ程度に、コーマスは親近感をいだいては、その思いを吐露しようとした。 そうした親近感の存在が、しかも途切れることなく続いている親近感が、若いレディをいささか当惑させる事情のひとつで、好意を求められた娘にすれば、関係をはやく終わらせようとする口実になっただろう。

  Francesca, however, exercised a mother’s privilege in assuming her son’s bachelor associates to be industrious in labouring to achieve his undoing.  Therefore the young politician was a source of unconcealed annoyance to her, and in the same degree as she expressed her disapproval of him Comus was careful to maintain and parade the intimacy.  Its existence, or rather its continued existence, was one of the things that faintly puzzled the young lady whose sought-for favour might have been expected to furnish an occasion for its rapid dissolution.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№95

たしかに、彼女は息子の友達の大半を認めていなかった。だが、彼女がこの人物にとりわけ、いつまでも苛立ってしまうのは、相手が異彩を放ち、多少なりとも公生活で成功しているという事実のせいであった。とりわけ苛立ちを感じるのは、政府の思慮に欠けた支出について舌鋒鋭く攻撃する文を読むときで、なぜならその文は自分の息子に思いつく限りの浪費をけしかけている若者によって書かれているからだ。実際のところ、ヨールがこの若者におよぼしている影響はごく僅かであった。コーマスには軽薄な出費をしたり浮ついた会話をしてしまうところがあって、それはたとえ世捨て人や貧民街イーストエンドの牧師のような人物と親しく交際するような状況に放り込まれたとしても変わらなかった。

She disapproved, it is true, of a great many of her son’s friends and associates, but this particular one was a special and persistent source of irritation to her from the fact that he figured prominently and more or less successfully in the public life of the day.  There was something peculiarly exasperating in reading a brilliant and incisive attack on the Government’s rash handling of public expenditure delivered by a young man who encouraged her son in every imaginable extravagance. The actual extent of Youghal’s influence over the boy was of the slightest; Comus was quite capable of deriving encouragement to rash outlay and frivolous conversation from an anchorite or an East-end parson if he had been thrown into close companionship with such an individual.  


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№94

二人の青年のあいだには親しさがあるおかげで、同じ女性のご機嫌とりをしているという暗黙の状況から混乱が生じても耐えられないでもなかった。その友情は少なくとも趣味や考え方が同じことに由来しているものでもなければ、仲間意識でもなく、その友情のよりどころは互いに相手のことを面白く思い、興味をいだいているという事実にあった。ヨールにすれば、少なくともしばらくのあいだ、コーマスが劇場通いの、ならず者の役割を演じていたときは愉快で、面白い相手でもあり、エレーヌの好意をめぐる競争相手としても同じ感情を感じていた。コーマスとしては、ヨールと接触がなくなることは望んではいなかった。それと言うのも、ヨールにはいろいろと魅力があるのだが、なかでもコーマスの母親なら認めない天性という長所を持ち合わせているからだった。

The intimacy existing between the two young men had suffered no immediate dislocation from the circumstance that they were tacitly paying court to the same lady.  It was an intimacy founded not in the least on friendship or community of tastes and ideas, but owed its existence to the fact that each was amused and interested by the other.  Youghal found Comus, for the time being at any rate, just as amusing and interesting as a rival for Elaine’s favour as he had been in the rôle of scapegrace boy-about-Town; Comus for his part did not wish to lose touch with Youghal, who among other attractions possessed the recommendation of being under the ban of Comus’s mother. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№93

すばらしいアマーストの雉はーその羽毛につつまれた姿で同じ場所にいる孔雀に挑戦を挑んむと相手の面目はつぶれたー君臨するスルタンのような、堂々とした自意識をもって、エメラルド色の芝生のうえを前後していた。夏がせわしない訪問客というよりは、いくぶん所有者なのであった。

ヒマラヤスギの影におかれたエレーヌの椅子のかたわらには、柳の小枝で編まれたテーブルがおかれ、その上にはアフタヌーン・ティーの茶器一式が置かれていた。彼女の足元におかれたクッションには、コートニー・ヨールがもたれかかっていた。如才なく着飾り、若々しく優雅なその姿は、装飾的な静けさを象徴していた。同じように装飾性も象徴していた。だがコーマスは人目をひくトンボの落ち着きのなさをみせ、前庭にはいりこんで離れたところから、フランネルの姿を見せびらかして楽しんでいた。

Magnificent Amherst pheasants, whose plumage challenged and almost shamed the peacock on his own ground, stepped to and fro over the emerald turf with the assured self-conscious pride of reigning sultans.  It was a garden where summer seemed a part-proprietor rather than a hurried visitor.

By the side of Elaine’s chair under the shadow of the cedars a wicker table was set out with the paraphernalia of afternoon tea.  On some cushions at her feet reclined Courtenay Youghal, smoothly preened and youthfully elegant, the personification of decorative repose; equally decorative, but with the showy restlessness of a dragonfly, Comus dis


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№92

低い石の手すりが湖の岸をかこみ、その水面にテラスの模型をうつしていた。そして、その近辺では薔薇が咲きほこっていた。他の場所でも薔薇の茂みが注意深く刈り込まれたり、手入れをされたりしながら、安らぎをあたえてくれる芝の緑に囲まれて、色彩と香りのオアシスを形成していた。さらに離れたところからでも、目に入ってくるのは、多彩な色にみちたロードデンドロンの生垣であった。こうした好ましい例外とともに、よく整えられた庭では花を見つけるのは難しかった。けばけばしいゼラニウムの花壇は見当違いの権威の乱用であり、花で飾られた道は無駄なしろものである。だから郊外の庭いじり趣味の人も、ここではそうした表現を見かけないのであった。

 A low stone balustrade fenced part of the shore of the lake, making a miniature terrace above its level, and here roses grew in a rich multitude.  Other rose bushes, carefully pruned and tended, formed little oases of colour and perfume amid the restful green of the sward, and in the distance the eye caught the variegated blaze of a many-hued hedge of rhododendron.  With these favoured exceptions flowers were hard to find in this well-ordered garden; the misguided tyranny of staring geranium beds and beflowered archways leading to nowhere, so dear to the suburban gardener, found no expression here. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№91

噴水から四方八方になめらかな芝生が広がり、小人のような栗や桑の木立があちらこちらに姿をあらわしては、その葉や小枝からレース模様のような影がのびていた。片側では芝生が緩やかな傾斜をえがいて、その先には小さな湖があり、湖上には白鳥のカルテットが漂っていたーその動作には悲しく、物憂いものが漂い、彼らのカーストのうんざりする威厳のせいで、小さな水鳥の喜びに満ちたざわめきの輪に入らないとでも言うようであった。エレーヌが好んで想像するところでは、白鳥は不幸な少年たちの魂が再び形成されたものであり、その少年たちは親の利益のために、無理やり教会の高僧にさせられたり、早々と尊師にさせられたりしたのであった。

 On all sides of it a stretch of smooth turf spread away, broken up here and there by groups of dwarfish chestnut and mulberry trees, whose leaves and branches cast a laced pattern of shade beneath them.  On one side the lawn sloped gently down to a small lake, whereon floated a quartette of swans, their movements suggestive of a certain mournful listlessness, as though a weary dignity of caste held them back from the joyous bustling life of the lesser waterfowl.  Elaine liked to imagine that they re-embodied the souls of unhappy boys who had been forced by family interests to become high ecclesiastical dignitaries and had grown prematurely Right Reverend. 


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№90

 エレーヌ・ド・フレイはくつろいで座っていたーとにかく、全身でくつろいでいたー柳の小枝で編んだ低い椅子はヒマラヤスギの木立におかれていたが、そこは荘重で広々とした庭の中心だったーその庭は公園になることを最初から心に決めていたかのような場所であった。古風な噴水の浅い石の水盤がーその縁では鉛のカワウソが永遠に鉛の鮭を捕食していたー人目につく場所をしめながら、すぐ近くで前景をなしていた。周囲にはラテン語の銘文が刻まれ、死すべき人間に警告しているのは「時は水のように速く流れ、時を利用しようとする者は疲れ果てる」との言葉であった。その後ろでは、その言葉について道徳的考察をするジャコビアン様式の小品が、恥知らずにもその道を通りすぎる者を惑わしてしまうので、瞑想にふけって休憩することはあきらなければならなかった。

Elaine de Frey sat at ease—at bodily ease—at any rate—in a low wicker chair placed under the shade of a group of cedars in the heart of a stately spacious garden that had almost made up its mind to be a park.  The shallow stone basin of an old fountain, on whose wide ledge a leaden-moulded otter for ever preyed on a leaden salmon, filled a conspicuous place in the immediate foreground. Around its rim ran an inscription in Latin, warning mortal man that time flows as swiftly as water and exhorting him to make the most of his hours; after which piece of Jacobean moralising it set itself shamelessly to beguile all who might pass that way into an abandonment of contemplative repose.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№89

退散していく彼の姿を、彼女は徐々に涙でかすんでいく目で見つめた。彼は陽気で、見た目もいい友達で、ともに楽しい時を過ごしてきた。慣れ親しんだ待ち合わせの場を見わたしたときに、まつ毛にかかる涙がこぼれそうになったのは、そこは初めて二人してやってきた日から密会を続けてきた場所だからであった。彼がまだ学生で、彼女も十代のときのことである。しばし、彼女は悲しみに隷属している己を感じた。

 それから驚くほどの精力でーわずか二週間しか街にいない者ならではのものだったー、彼女はそこから立ち去って世界を旅する船のファンと一緒に彼のクラブでお茶をした。多元論とは、慈悲深い麻薬なのである。

She watched his retreating figure with eyes that grew slowly misty; he had been such a jolly comely boy-friend, and they had had such good times together.  The mist deepened on her lashes as she looked round at the familiar rendezvous where they had so often kept tryst since the day when they had first come there together, he a schoolboy and she but lately out of her teens.  For the moment she felt herself in the thrall of a very real sorrow.

Then, with the admirable energy of one who is only in town for a fleeting fortnight, she raced away to have tea with a world-faring naval admirer at his club.  Pluralism is a merciful narcotic.


PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№88

「君はずいぶん先のことを考えている」ヨールは笑った。「あの娘さんも、君と同じ見方をするようになって、僕と将来を分かち合えば不幸になる可能性があると考えるかもしれない。そうなると貧しい政治家として独身時代を過ごす自分に甘んじる羽目になる。とにかく今はいっしょなんだ。今夜、ケトナーの店で夕食にしよう、いいね」

「どちらかといえば」モリーはいった。「のどにつまるようなご馳走になりそうよ。わたしの気持ちとしては。でも未来のヨール夫人の健康を祈って乾杯しないといけないのね。ところで、お相手がどなたなのか言わないのもあなたらしいわ。それがどなたなのか聞かないのも私らしいけど。でも今は、いい子になって。急いで立ち去って、私をひとりにして。まだ、あなたにはさようならは言わないわ。でも雉の飼育場には別れを告げるつもり。ここでずいぶんと楽しい話をしたわねえ。あなたと私でこの席に腰かけて、ねえ、そうでしょ。わかっているわ。それもこれでおしまいになる。今夜、八時に。できるだけ時間には正確に」

“You’re looking forward pretty far,” laughed Youghal; “the lady may take your view as to the probable unhappiness of a future shared with me, and I may have to content myself with penurious political bachelorhood.  Anyhow, the present is still with us. We dine at Kettner’s to-night, don’t we?”

“Rather,” said Molly, “though it will be more or less a throat-lumpy feast as far as I am concerned.  We shall have to drink to the health of the future Mrs. Youghal. By the way, it’s rather characteristic of you that you haven’t told me who she is, and of me that I haven’t asked.  And now, like a dear boy, trot away and leave me. I haven’t got to say good-bye to you yet, but I’m going to take a quiet farewell of the Pheasantry. We’ve had some jolly good talks, you and I, sitting on this seat, haven’t we?  And I know, as well as I know anything, that this is the last of them. Eight o’clock to-night, as punctually as possible.”



PDF
カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№87

一瞬、沈黙がたちこめ、ふたりとも雉の檻をみつめていた。ややしてモリーがふたたび口火をきったが、それは機敏で、神経質な将軍が急いで自分の部隊の配置を変え、退却しようとする戦略をとろうとするときさながらの勢いだった。

「無事に結婚して新婚旅行に出かけ、妻を政治上の女主人として試すのね。でも議会が開会していないときは、あなたはひとりでここに立ち寄って、一緒にちょっとした狩りもどきをするにちがいないわ。そうじゃないかしら。昔のままというわけにはいかないでしょうけど。でも時流にのった政治婚の記事が延々と書かれることになるでしょうから、私も読むのが楽しみよ」

There was a short pause; they were both staring at the pheasant cages.  Then Molly spoke again, with the swift nervous tone of a general who is hurriedly altering the disposition of his forces for a strategic retreat.

“When you are safely married and honey-mooned and all that sort of thing, and have put your wife through her paces as a political hostess, some time, when the House isn’t sitting, you must come down by yourself, and do a little hunting with us.  Will you? It won’t be quite the same as old times, but it will be something to look forward to when I’m reading the endless paragraphs about your fashionable political wedding.”


PDF
カテゴリー: 未分類 | コメントする