投稿者「さりはま」のアーカイブ

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第302回

「革命を起こすつもりなんだ。フランス人の革命ではなくて、英国人の革命を起こすんだ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2018.04 隙間読書 フィオナ・マクラウド/ 松村みね子譯 「髪あかきダフウト」「漁師」「精」

1982年11月幻想文学2号(第一書房版「かなしき女王」より) 繰り返されるリズ … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第301回

「ぼくが言いたいのは、君の同類が革命をおこしたということだよ」その男は説明をしま … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第300回

「とんでもない。そんなことを考えたことはありません」私は答えました。「理性という … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第299回

「もっと近道もあると思いますよ?」私は言いました。「今いる場所から動かなければい … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.04 隙間読書 安部公房『デンドロカカリヤ』

コモン君が植物に変身していくまでの葛藤を描いた変身譚。 なんと言っても印象に残る … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第298回

「まわりの連中の話では、そこはイングランドだということだ」この愚か者はいわくあり … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第297回

「もし其の場所を知らないというのなら、見かけたとしても、どうやって知るつもりなの … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.04 隙間読書 澁澤龍彥「高丘親王航海記」

初出:「文學界」昭和61年(1986年)8月号~昭和62年6月号 ITOプロジェ … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.04 隙間読書 安部公房「詩人の生涯」

「詩人の生涯」に散りばめられた言葉をよく考えてみると矛盾はあるのだけれど、読み進 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年 | コメントする