投稿者「さりはま」のアーカイブ

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。

2018.02 隙間読書 栗林佐知「はるかにてらせ」

意外さがいろいろつまりながら、最後はきれいに、心きよらかな気持ちになる驚きにつな … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第290回

こう言いながら、彼は熊手を空めがけて放り投げーその熊手はかつて大勢の人々が放った … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第289回

あきらかに、彼は熊手を適切な使い方にもとづいて使おうとは考えなかった。そしてその … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第288回

イングルウッドは、その場所をよく知っていた。健康のために自転車を走らせ、二十回ほ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.02 隙間読書 ルキアノス「嘘好き、または懐疑者」

訳者:高津春繁 「世界幻想文学大全 怪奇小説精華」収録 東雅夫編 筑摩書房 〇〇 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第287回

グールド氏は相変わらず上機嫌のまま立ちあがって庭師を紹介した。その庭師の言葉によ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2918.02 隙間読書 北村薫「朧夜の底」「六月の花嫁」「夜の蝉」

初出:1990年 東京創元社 殺人も、財産騒動も何も出てこないけれど、人の心の意 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第286回

「被告人からなにも受け取っていない」ムーンは落ち着いて答えた。「弁護側がしめした … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.02 隙間読書 岡本綺堂「修善寺物語」「春の修善寺」

「修善寺物語」の初出:1911(明治44)年 文芸倶楽部 「春の修善寺」の初出: … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン 「マンアライヴ」二部三章第285回

3章 堂々巡りをしたことになるのか、それとも別居の告訴になるのか  ピムは心底当 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする