投稿者「さりはま」のアーカイブ

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。

2018.06 隙間読書 野尻抱影「三つ星の頃」

北宋社刊行 野尻抱影は、早大英文科時代に小泉八雲から指導をうけ、英国の怪談や幽霊 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.06 隙間読書 ジャン.・パウル「天堂より神の不在を告げる死せるキリストの言葉」

池田信雄訳 世界幻想文学大全 幻想小説神髄収録 長編「ジーペンケース」(1796 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第327回

それから彼はランタンからゆっくりと目を離すと、眼下の道が見えなくなる東の方を眺め … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第326回

私の酒場の外にある粗末なベンチに腰をおろすと、彼は眼下のぶどう園のぶどうでつくら … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.06 隙間読書 高木彬光「人形はなぜ殺される」

作品のなかで繰り返される「照る照る坊主の歌」は無邪気なようでありながら、ギロチン … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第325回

私には何故なのか見当はつきませんが、彼が手にしていたのは草かきで、それはずいぶん … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.06 隙間読書 山田風太郎・高木彬光「風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行」

平成23年7月発行 出版芸術社 ドイツオペラに高い関心を抱いていた高木彬光が雑誌 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第324回

こうした諸々のことのせいで、私は狂気においやられたのかもしれません。はっきりとは … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第323回

あえて申し上げるなら、シエラ山脈の頂上のすぐ下で暮らしたせいで、私の心は少なから … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第322回

私は教育を十分にうけていたので、音楽も愛していたし、書物も愛していました。ですが … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする