投稿者「さりはま」のアーカイブ

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。

再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№10

彼女の兄ヘンリーの、座って小さなクレソンのサンドイッチを食べる真面目くさった有様 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

2019.05 隙間読書 三島由紀夫「手長姫」

昭和26年6月小説新潮発表、三島26歳のときの作品。 以下の冒頭部分で、この短編 … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№9

フランチェスカの夫は強く言い張って、その少年に聞いたこともないパガンの名前をつけ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

2019.05 隙間読書 三島由紀夫「大障碍」

昭和31年3月「文学界」発表、三島31歳。 タイトルの下には「杉村春子さんのため … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

2019.05 隙間読書 蜂谷涼「曙に咲く」

手にとって本を眺めるだけで前向きな気分になる本。「曙に咲く」というタイトルも、北 … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

2019.04 隙間読書 三島由紀夫 「志賀寺上人の恋」

昭和29年10月「文藝春秋」発表、三島29歳のときの作品。 まず最初に三島が語る … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№8

彼女は想像をめぐらせ、自ら梁間ひとつほどの橋を小峡谷にかけたのは事実である。その … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

2019.04 隙間読書 三島由紀夫「中世に於ける一殺人常習者の遺せる哲学的日記の抜粋」

昭和18年2月「文芸文化」初出(三島19歳) 題のとおり、中世において次から次に … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№7

そしてこういうわけで棘がひとつ、薇の花弁模様のダマスク織を突き破ってあらわれたの … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

2019.04 隙間読書 北原尚彦「首吊少女亭」

「 眷属」 一冊の本が時を動かす……という発想にも、いきなりシャーロック・ホーム … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする