投稿者「さりはま」のアーカイブ

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第412回

トリップ氏は娘を問いただしながら、その精神の均衡がくずれているのではないかと恐れ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第411回

「次の手紙は」ピムはつづけました。「より簡潔に記されているので、要点を簡単につか … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第410回

さらにレディ・ベリントンを驚かせたのは、不幸な娘がこの怖ろしい求婚をうけようとし … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第409回

しかし彼女の目をひいたのは、この男の頭が相当小さくて、身体の他の部分と釣り合いが … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第408回

「レディ・ベリントンはこの痛ましい出来事について記されますが、仔細を語ることはし … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第407回

「ずいぶんと悪趣味な話ながら明らかなことに、スミスという男はこの家の無邪気な女性 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.09 隙間読書 西村京太郎「消えたタンカー」

光文社文庫(新装版) 新保博久氏の解説によれば、この本がカッパ・ノベルズに書下ろ … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.09 隙間読書 倉阪鬼一郎「還ってきた老人から始まる仄暗い百の断片」

凡庸な私の心にもざわざわ風をおこすように、倉阪氏のうたは響きわたる。 「ここは人 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.08 隙間読書 大坪砂男「天狗」

金沢に立ち寄ったときに古本屋めぐりをしたら、オヨヨさんで薔薇十字社から1972年 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.08 隙間読書 横溝正史「真珠郎」

高木彬光「人形はなぜ殺される」読書会が契機となって本書を読んでみた。 参加者が言 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする