未分類」カテゴリーアーカイブ

2019.02 隙間読書 泉鏡花「海の鳴る時」

二月十日、鏡花記念館講座「鏡花と親しむ」第三回の課題本が「海の鳴る時」だった。講 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.15

翌日、わたしをもてなすためにつくられた予定にしたがって、原野で七時間ほど雉撃ちを … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019.02 隙間読書 橋本治「義太夫を聴こう」

義太夫の魅力について、誰も語ったことがないような魅力的な表現をつかいながら、それ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.14

彼はランプをさっと手にとり、家具のない、細長い部屋を次々に案内してくれたが、床に … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019.02 隙間読書 泡坂妻夫「毒薬の輪舞」

「死者の輪舞」につづく個性派刑事・海方刑事シリーズ二作目、そして悲しいことに、な … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.11

「見なかったのか?」わたしは訊いた。 彼はうなずいた。 「わたしは、わたしは、何 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019.02 隙間読書 近松門左衛門「大経師昔暦」

1715年初演。近松門左衛門が63歳のときの作品。 「大経師昔暦」を 読んでみて … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.10

学校の建物は真北を向いていた。そしてわたしたちは背中を太陽のほうにむけたまま建物 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部Ⅴ章第449回

大声を響かせながら、マイケルが慌てふためいてロザムンドのところへと芝生を駆け寄っ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ, 未分類 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第313回

「もし僕の国に戻ったとしても」彼は大声をあげました。「家にたどりつく前に、精神病 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする