未分類」カテゴリーアーカイブ

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№44

「いまいましい子ね、なんてことをしてくれたの!」彼女は非難がましく喚いた。 「か … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№26

監督室で、コーモスは余念なく、椅子を一脚、中央の正確な位置に置いていた。  「す … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019.06 隙間読書 ディクスン・カー『ビロードの悪魔』

1951年発表、原題は”The Devil in Velvet&#8 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019.03 隙間読書 太宰治「彼は昔の彼ならず」

短編集「晩年」に収録されている作品。 読んでいて、なによりも文のリズムが心地よい … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

隙間読書2019.03 岡松和夫「断弦」

作者である故・岡松和夫は1976年に「志賀島」で第74回芥川賞を受賞した作家。平 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019.03 隙間読書 小泉八雲著・平井呈一訳「日本瞥見記・上」

ハーンは、ニューヨークの書店ハーパー社の「ハーパー・マンスリー」という雑誌に仏領 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.18

だが、水底が少し盛り上がっている地点に到着すると、彼らは 泥の上に姿をあらわした … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

小泉八雲著・平井呈一訳「仏領西インドの二年間 上」

1887年から1889年にかけて、八雲はフランス領西インド諸島マルティニーク島を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.17

実に奇妙な光景がひろがっていた。細長く、かたちも不ぞろいな、黒々とした粘土質の土 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019.02 隙間読書 泉鏡花「海の鳴る時」

二月十日、鏡花記念館講座「鏡花と親しむ」第三回の課題本が「海の鳴る時」だった。講 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする