未分類」カテゴリーアーカイブ

2017.11 隙間読書 矢田津世子 「神楽坂」

『神楽坂』 作者:矢田津世子 初出:昭和11年(1936年)人民文庫3月号 坂口 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2017.10 隙間読書 東雅夫編「文豪ノ怪談ジュニア・セレクション 呪」

「文豪ノ怪談ジュニア・セレクション 呪」 編者:東雅夫 初出:2017年3月25 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2017.10 隙間読書 江戸川乱歩『押絵と旅する男』

『押絵と旅する男』 作者:江戸川乱歩 初出:「新青年」1929年6月号 汐文社文 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2017.10 隙間読書 泉鏡花『蛇くひ』

『蛇くひ』 作者:泉鏡花 初出:1898年「新著月刊」三月号 汐文社文豪ノ怪談ジ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2017.10 隙間読書 梶井基次郎「交尾」

『交尾』 作者:梶井基次郎 初出:1931年「作品」 汐文社文豪ノ怪談ジュニア・ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

隙間読書 グラディス・ミッチェル「月が昇るとき」

「月が昇るとき」 著者:グラディス・ミッチェル 初出:1945年 晶文社 読書会 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」28章237回

彼女が口にするようになったのは、向かいの造船所が閉鎖されるかもしれないという噂だ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

リチャード・ミドルトン「ブライトン街道にて」2回

「おやまあ、すごく気分がいいじゃないか」彼は思った。「ついているじゃないか、ここ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

リチャード・ミドルトン 「ブライトン街道にて」1回

ブライトン街道にて リチャード・ミドルトン   ゆるゆると、太陽は凛とした白い丘 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」27章 177回

白カビのはえたパン一切れにすぎなくても、何も持ち帰らないで帰宅したりしないと、彼 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする