未分類」カテゴリーアーカイブ

アーサー・モリスン「ロンドン・タウンへ」28章237回

彼女が口にするようになったのは、向かいの造船所が閉鎖されるかもしれないという噂だ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

リチャード・ミドルトン「ブライトン街道にて」2回

「おやまあ、すごく気分がいいじゃないか」彼は思った。「ついているじゃないか、ここ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

リチャード・ミドルトン 「ブライトン街道にて」1回

ブライトン街道にて リチャード・ミドルトン   ゆるゆると、太陽は凛とした白い丘 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」27章 177回

白カビのはえたパン一切れにすぎなくても、何も持ち帰らないで帰宅したりしないと、彼 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」22章145回

ダヴ・レーンの人々が陽気な集団となって、一方で少し疑わしそうな様子で、マザ-・ギ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」18章126回

月曜日の朝がきたので、ディッキーは服をできるだけ上手に繕ってもらい(ハンナ・ペロ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」17章116回

神父はみずからの決意を知らせたあとで、その決意が歓迎されたとはいえ、やはり悔やむ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」15章107回

通りに姿をあらわすと、手がのびてきて、デイッキーはつかまれそうになったが、本能が … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」15章103回

その仕事はとても安全なものだった。だが、仕事への分け前として十分に思えるだけの、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」15章102回

それからディッキーは、ちょっとした窃盗をおこなったが、それはロンドンの路上なら、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする