未分類」カテゴリーアーカイブ

アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」22章145回

ダヴ・レーンの人々が陽気な集団となって、一方で少し疑わしそうな様子で、マザ-・ギ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」18章126回

月曜日の朝がきたので、ディッキーは服をできるだけ上手に繕ってもらい(ハンナ・ペロ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」17章116回

神父はみずからの決意を知らせたあとで、その決意が歓迎されたとはいえ、やはり悔やむ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」15章107回

通りに姿をあらわすと、手がのびてきて、デイッキーはつかまれそうになったが、本能が … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」15章103回

その仕事はとても安全なものだった。だが、仕事への分け前として十分に思えるだけの、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」15章102回

それからディッキーは、ちょっとした窃盗をおこなったが、それはロンドンの路上なら、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」14章99回

ジョシュが上着のしたに隠しもっていたのは、ニッケルでめっきされたアメリカ仕様の、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」14章95回

スタート神父は、間に合わせの教会を見つけておきながら、馬小屋のほうをしばしばつか … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

サキの長編小説「耐えがたきバシントン」 13章 144回

13章 コーマスはストロー・イクスチェンジ劇場の一等席にある自分の席をみつけると … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 未分類 | コメントする

サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 Ⅻ章134回

コーマスについて、その浪費癖についても、扱いにくい性質についても、フランチェスカ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする