未分類」カテゴリーアーカイブ

アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.11

「見なかったのか?」わたしは訊いた。 彼はうなずいた。 「わたしは、わたしは、何 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019.02 隙間読書 近松門左衛門「大経師昔暦」

1715年初演。近松門左衛門が63歳のときの作品。 「大経師昔暦」を 読んでみて … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アメリア・B・エドワーズ「あれは幻影だったのか、それとも……? ある司祭の報告」No.10

学校の建物は真北を向いていた。そしてわたしたちは背中を太陽のほうにむけたまま建物 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部Ⅴ章第449回

大声を響かせながら、マイケルが慌てふためいてロザムンドのところへと芝生を駆け寄っ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ, 未分類 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第313回

「もし僕の国に戻ったとしても」彼は大声をあげました。「家にたどりつく前に、精神病 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2018.05 隙間読書 泉鏡花「古貉」

古貉では、車麩が何度も繰り返し語られている. そのイメージはだんだん幻想味をおび … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 未分類, 読書日記 | コメントする

2018.05 隙間読書 コルタサル「占拠された屋敷」木村榮一訳

作者 フリオ・コルタサル 訳者:木村榮一 世界幻想文学大全怪奇小説精華に収録 イ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

東雅夫講演会

「翻訳という視点から見た怪奇幻想文学移入史」   ◇日時    2018年7月2 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第302回

「革命を起こすつもりなんだ。フランス人の革命ではなくて、英国人の革命を起こすんだ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2018.03 隙間読書 メリメ「イールのヴィーナス」

作者:メリメ (1837年) 杉季捷夫訳 世界幻想文学大全怪奇小説精華(筑摩書房 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 未分類, 読書日記 | コメントする