サキ」カテゴリーアーカイブ

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№45

フランチェスカは、他人の立場にたって物事をながめることのできる自分に誇りを抱いて … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№43

コーマスなら、こうした記事に仕立てられないことは、教区付き英国国教会の聖職者にむ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№42

演説の抜粋は説得力にとぼしく、また馬鹿らしい内容であったが、記事の書き手はさらに … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№41

フランチェスカは早起きをする方ではないから、次の日の朝、朝食がブレックファースト … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№40

青年は、最初から、国外追放となる見通しに余り喜びをみせなかった。 遠く離れ、鮫に … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№39

公人が宝物として大切にするような秘書にバシントンがなるかどうかと内心ひそかに危ぶ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№38

しかしながらフランチェスカは、総督任命の可能性を聞いた瞬間から、ジュリアン卿に深 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№37

フランチェスカはスパルタ式の禁欲主義を身につけていたので、機嫌をとるような微笑み … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№36

不快なヨールの姿に彼女の顔は陰ったが、すぐに会心の微笑みがうかんできたのは、彼女 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№35

ヨールの懸命さに欠けた政治への見識のせいで、フランチェスカの顔に咎めるような色が … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする