サキ」カテゴリーアーカイブ

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№56

晩餐のパーティは大きなものであり、フランチェスカが遅く到着したため、客をたしかめ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№55

 レディ・キャロラインは、政治的には社会主義者を自称していた。もっぱらそう信じら … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№54

打算的な結婚が第一手段であることはあきらかなのだが、まじめにその件を考えてもらお … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№53

「その娘と結婚しなさい」という助言が口からこぼれそうになったが、フランチェスカが … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№52

みずから認めてはいたが、もし議会の論議で用いたならば、彼女の理論はあっけなく崩れ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№51

それを埋め合わせる神の情けが働き、彼女の一家は外の世界と言い争うよりは、身内で言 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№50

「今夜出かける集まりはまあまあだよ」コーマスは上機嫌でくすくす笑った。 「かあさ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№49

こうして母親と息子のあいだの氷の壁がだんだんと厚みを増していき、壁ごしに会話はで … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№48

 フランチェスカは、彼女なりに、世界のだれよりもコーマスに愛情を注いでいた。もし … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№47

陽気な気質と美貌はコーマスを大いに助け、それも愉快に、学生時代から切れ目なく続く … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする