サキ」カテゴリーアーカイブ

サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 17章196回

 フランチェスカは玄関ホールにはいると、卓上にすばやく視線をはしらせた。そこには … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする

サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 17章195回

公園はふたたび散策する人々でいっぱいになり、人々は浮遊する群れとなっていた。フラ … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする

サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」17章194回

「地下牢だ!」国外追放の身を運命づけられた彼が悪態をついて、そのような憤りと苛立 … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする

サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 17章 193回

通りの雑踏はいきいきとしていたので、彼女にすれば耐え難い拷問だった。クリスマスが … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする

サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 17章192回

待ち受けている便りが告げるだろう内容を、彼女はすでに知っていた。もうコーマスに会 … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする

サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 17章191回

観光客にふみあらされたベルサイユ宮殿でも、悲劇のせいで荒んでしまった様子は死に絶 … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする

サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 17章190回

十二月のとある灰色の日、荒涼とした土がセント・ジェームズ・パークにむき出しになっ … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする

サキの長編小説 16章 189回

笑いさざめく人々にかこまれての、カードのパーティや競馬大会、カントリーハウスでの … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする

サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」 16章188回

丸太を割っていた二人の少年は手をやすめ、背中をのばした。突然、二人のうち背の低い … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする

サキの長編小説「耐えがたきバシントン」16章187回

食事をとることになる次の停留地へと出発する時であった。正確には、とりあえず何かに … 続きを読む

カテゴリー: サキ | コメントする