マンアライヴ」カテゴリーアーカイブ

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第255回

わたしの相棒の違法行為は許されて当然のものにも思え、また滑稽なくらいに許されるべ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第254回

大きな煙突の筒がくずれたのだから、私の混沌とした感情は頂点に達してもよかった。だ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第253回

物悲しい空の景色についての私の思索を妨げることになったものは、空から落ちてくる月 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第252回

おそらく、そうした家は住む者のいない家だろう。あるいは住んでいる者がいたにしても … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第251回

こうした感情のせいで私の頭が何も考えられなくなっていると、案内人は立ちどまったが … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第250回

そこで私が読んだのは、煙についての文であった。煙とはいわば現代都市のようなもので … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第249回

私の試訳 モーゼス・グールド氏は、もう一度、作品集の読み上げを阻止しようと試みた … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第248回

煙の色は変化に富んでいるが、どれも尋常ではないものに見え、魔女の鍋から立ちあがる … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第247回

すばらしいターバンをまいた煙霧の第一印象は、ロンドン子たちがよく話題にするエンド … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第246回

わたしがぼんやりと思いをめぐらせたのは、「アラビアンナイト」の茶色い紙に描かれた … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする