マンアライヴ」カテゴリーアーカイブ

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第276回

彼らはハイベリー近くの、細長い家に落ち着いた。細長い家としか言いようのない建物で … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第275回

スミスにはこのことを告げたり、記録したりする方法が他に思いつかなかったものだから … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第274回

彼が奇跡について抱く信条は、この絶対的な試練をうけたキリスト教のものであった。し … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第273回

「否定はしないけど」彼は言った。「司祭は思い出させるためにあるんだ。いつか人は死 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第272回

彼のなかに、旧世界の人々がお祭り騒ぎのような荘厳さと呼ぶものを見出したのは、仮面 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第271回

彼がそんなことをしたのは、その哀れな大学教員が存在しないものが好きであるというこ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第270回

「彼がケンブリッジに送られたのは、古典や文学で出世させようと考えたからというより … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第269回

私は疑わしい気持ちにかられ、いくぶん時間をかけながら再び席についた。そして朝にな … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第268回

あけ放った戸口を背に立っているのは、物静かな雰囲気の、やや上背のある若い婦人で、 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第267回

「いつも彼を見つけようとしているんだ。不意をついてだけど。彼を見つけようと天窓を … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする