マンアライヴ」カテゴリーアーカイブ

隙間読書 山本禾太郎「抱茗荷の説』

『抱茗荷の説』 著者:山本禾太郎 初出:1937年(昭和12年)「プロフイル」 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第235回

二章 二人の副牧師たち、あるいは侵入盗犯   アーサー・イングルウッド … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第236回

上記の話を構成しているものは、下記に署名した人物の意見であり、手紙の書き方として … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第235回

それから彼は言いたしたが、その声は不自然なほど現実的であった。「今、僕には知って … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第234回

「君は、骨と皮だけという状態だとはあまり思えないのだが」イームズ博士は微笑みをう … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第233回

「先生の助言にしたがいましょう」がっしりとした体格の青年は言った。「残りの弾はと … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第231回

「ああ、そんなことを言わないでください!」スミスは洞察力をはたらかせて言ったが、 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第230回

「ああ、わからないのですか。わかっていただけないのですか?」青ざめた顔の青年は苛 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第229回

そのとき、下をむいたスミスが見たものとは、副学長の顔にはりついた激しい恐怖であり … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部一章第228回

「しみのついたブラインド」エマーソン・イームズは弱々しく言った。 「それ以上、は … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする