マンアライヴ」カテゴリーアーカイブ

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第234回

「私たちの願いは」マイケルは言った。「その起訴にたいして、可能なかぎり、もっとも … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第234回

ムーンは、その手紙をちらりと見ただけだった。告発者が、そんなに重々しい文書を思い … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2017.09 隙間読書 坂口安吾・高木彬光「樹のごときもの歩く」

「樹のごときもの歩く」 作者:坂口安吾    高木彬光 初出:1958年(昭和3 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第233回

こうして厳しく自分を見つめる体験をした結果、私は荒々しい仲間とのつながりを絶つこ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第232回

「それが犯罪だろうと、冗談であろうと」私は大声をあげた。「ごめんこうむりたい」 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第231回

幸いにも、私は最初の五歩で立ちどまって、無理もない咎めだてを仲間にあびせつつ、で … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第230回

聖職者の仲間にたいして、無理もないことですが、疑いつづけていると、高さがあまりな … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第229回

私には、彼が何を言おうとしているのか見当がつきませんでした。でも相手が笑っていま … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第228回

霧が通りにたちこめ、最後に消え去った街灯が、背後でぼんやりとしていく有様は、いか … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第227回

これからお話するのは、物語のなかの並々ならぬ部分です。彼によって外に連れ出された … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする