再検討「耐えがたきバシントン」」カテゴリーアーカイブ

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№25

「ねえ、ピーターパンの言葉で話しているよ」学級担任はいった。  「ピーターパンの … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№24

男たちが—知性に欠けた表情をして、それに比例して自分たちの権力に大きな信念をいだ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№23

 ラトレーはーそのときの彼の仲間だーは座ってバシントンをながめ、人並の頭脳を奥底 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№22

 ランスローは心に弱々しい希望を育もうとしたが、それはこの不快な、現実的な描写に … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№21

ランスロット・チェトロフは、長い、がらんとした廊下のはずれに立ち、気もそぞろに腕 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№20

 コーモスは、叔父のお気に入りではなかった。  フランチェスカは自分の書き物机に … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№19

フランチェスカは、結婚という思いつきによろこんだ。「女子相続人の知り合いはいない … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№18

「あの子も何かしないといけませんわ」フランチェスカは言った。 「それはそうだが、 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№17

「束の間の安らぎというわけか」ヘンリーは言った。「一、二年もすれば学校を卒業する … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ「耐えがたきバシントン」№16

「彼女がよかれと思っていることは確かだ」ヘンリーはいった。「でも、もう少し背景に … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする