再検討「耐えがたきバシントン」」カテゴリーアーカイブ

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№96

しかしフランチェスカが母親の特権をかざして推察したところ、独身仲間は息子を破滅さ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№95

たしかに、彼女は息子の友達の大半を認めていなかった。だが、彼女がこの人物にとりわ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№94

二人の青年のあいだには親しさがあるおかげで、同じ女性のご機嫌とりをしているという … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№93

すばらしいアマーストの雉はーその羽毛につつまれた姿で同じ場所にいる孔雀に挑戦を挑 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№92

低い石の手すりが湖の岸をかこみ、その水面にテラスの模型をうつしていた。そして、そ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№91

噴水から四方八方になめらかな芝生が広がり、小人のような栗や桑の木立があちらこちら … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№90

 エレーヌ・ド・フレイはくつろいで座っていたーとにかく、全身でくつろい … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№89

退散していく彼の姿を、彼女は徐々に涙でかすんでいく目で見つめた。彼は陽気で、見た … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№88

「君はずいぶん先のことを考えている」ヨールは笑った。「あの娘さんも、君と同じ見方 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№86

「たしかにあなたは恋をしているわ、コートニー」モリーはいった。「でも、それは老練 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする