読書日記」カテゴリーアーカイブ

2019.04 隙間読書 泉鏡花「義血侠血」

明治27年11月、鏡花21歳のときの作品。まだ世間から認めてもらえず、金銭的にき … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

2019.03 隙間読書 山本勇「食道がん診断専門の医者が食道がんになった。」

柏艪舎 2019年4月15日発売予定 食道がん診断を専門としてきた筆者が73歳に … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

2019.03 隙間読書 篠たまき「人喰観音」

作者の前作「やみ窓」を読んでから、次作「人喰観音」が気になりつつも怖い話、気持ち … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

20019.03 隙間読書 永井荷風「来訪者」

荷風全集第18巻収録。 なお「女霊は誘う 文豪怪談傑作選・昭和篇 」(ちくま文庫 … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

2019.01 隙間読書 泡坂妻夫「死者の輪舞」

1985年、泡坂妻夫53歳のときの作品。ミステリの輪舞を楽しませてくれるスピーデ … 続きを読む

カテゴリー: 読書日記 | コメントする

2019.01.21 隙間読書 平井呈一「真夜中の檻」よりエッセイ&東雅夫氏の解説

* 平井呈一の怪談にまつわるエッセイについて 「真夜中の檻」に収録されている平井 … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

2019.01 隙間読書 西崎憲「東京の鈴木」

「万象」収録 「東京の鈴木」というタイトルから連想するものは何だろうか? 平凡さ … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

2018.01 隙間読書 平井呈一「エイプリル・フール」

このテーマの小説といえば、何故か、どこか不気味なものというイメージがあった。それ … 続きを読む

カテゴリー: 2019年 | コメントする

2019.01 隙間読書 泉鏡花「草迷宮」

現代の私たち読者に、鏡花の文が難しく思えるのはなぜか……と考えながら読む。 語彙 … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

2018.12 隙間読書 平井呈一「真夜中の檻」

平井呈一(明治35年生~昭和51年没)が、中菱一夫という名前で58歳のときに発表 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする