読書日記」カテゴリーアーカイブ

隙間読書 2018.08 綿貫六助 「幽霊寺の恋愛」

昭和4年8月 雑誌「グロテスク」収録 乳飲児をかかえながら、夫「大木」を亡くした … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

隙間読書 2018.08 梶井基次郎「Kの昇天ー或はKの溺死」

文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション「影」収録 梶井基次郎が25歳のときに同人誌「 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.08 隙間読書 有吉佐和子「悪女について」

明日のミステリ読書会のために「悪女について」を再読して思うこと。それはこの作品の … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 ビアス「アウル・クリーク橋の一事件」中村能三訳

「幻想小説神髄」収録(ちくま文庫) 南北戦争のころのアラバマ州が舞台の短編。どん … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 ヴィリィエ・ド・リラダン「ヴェラ」齋藤磯雄訳

「幻想小説神髄」(ちくま文庫収録) ダトール伯と貴婦人ヴェラの愛と死の物語。ふた … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 有吉佐和子「開幕ベルは華やかに」

1982年に有吉佐和子が書いた最後の長編である。 殺人も出てくるし、刑事さんも出 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 ホフマン「黄金宝壺」石川道雄訳

「幻想小説神髄」(ちくま文庫)収録 石川道雄訳の漢字とルビの楽しさよ。たぶん日本 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 有吉佐和子「悪女について」

実業家、富小路公子の生と死をめぐって関係者27人が一人称で語る証言で構成される。 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年 | コメントする

2018.07 隙間読書 ノヴァーリス『ザイスの学徒』山室静訳

「幻想小説神髄」(ちくま文庫)収録 ノヴァーリスは1772年に生まれ、1791年 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 近松門左衛門『出世景清』

貞享2年、1685年、近松門左衛門が32歳のときの作品。近松と竹本義太夫が最初に … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする