2019年」カテゴリーアーカイブ

2019.01 隙間読書 西崎憲「東京の鈴木」

「万象」収録 「東京の鈴木」というタイトルから連想するものは何だろうか? 平凡さ … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

2018.01 隙間読書 平井呈一「エイプリル・フール」

このテーマの小説といえば、何故か、どこか不気味なものというイメージがあった。それ … 続きを読む

カテゴリー: 2019年 | コメントする

2019.01 隙間読書 泉鏡花「草迷宮」

現代の私たち読者に、鏡花の文が難しく思えるのはなぜか……と考えながら読む。 語彙 … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする