月別アーカイブ: 2018年1月

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第280回

一晩、気違いと過ごしたと言えば、大方のひとには十分だろう。他の言葉を使ったとした … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.01 隙間読書 久生十蘭『母子像』

初出:1954年(昭和29年)3月26〜28日 終戦後、サイパンから帰国して、ア … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第279回

また或る時には、彼はまったくの他人を演じてみせ、別の方法で家に入ってみては、泥棒 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.01 隙間読書 江戸川乱歩『赤い部屋』

初出:1925年(大正4年)新青年 少しずつ作品のあちらこちらに違和感を覚えてし … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第278回

ときどき、彼は妻に突如として、しゃちほこばった礼儀正しさをとることがよくあって、 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第277回

彼は自分の魂を笑いで鞭うち、眠り込んでしまうのを防ごうとした。彼のせいで妻は素晴 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.01 隙間読書 谷崎潤一郎『途上』

初出:1920年(大正9年)改造 読んでいるうちにクスリクスリと笑いたい衝動にか … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第276回

彼らはハイベリー近くの、細長い家に落ち着いた。細長い家としか言いようのない建物で … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.01 隙間読書 芥川龍之介『手巾』

『手巾』 作者:芥川龍之介 初出:1916年(大正5年)10 月「中央公論」 青 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部二章第275回

スミスにはこのことを告げたり、記録したりする方法が他に思いつかなかったものだから … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする