月別アーカイブ: 2018年5月

2018.05 隙間読書 泉鏡花「薬草取」

初出:「二六新報」1903年5月16日~30日 文豪山怪奇譚収録 主人公の医学生 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第316回

「天空の原理は永遠なりとご挨拶。私はウォン・ハイという者で、フーの森にある、一族 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第315回

どこか奇妙ながら、外国の生活を鋭く洞察した言葉に、不条理な裁判所の面々も水を打っ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第314回

「そうかなあ」彼は吐息をついた。「でも君はもうひとつの事実も教えてくれた」 「な … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第313回

「もし僕の国に戻ったとしても」彼は大声をあげました。「家にたどりつく前に、精神病 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2018.05 隙間読書 平山蘆江「鈴鹿峠の雨」

文豪山怪奇譚収録。 ひそやかにそっと近づいてくるものだからこそ怖い気配を感じるも … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第312回

彼は背をのばして立ち上がりましたが、どこか眠そうでした。それから振り返って、後ろ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.05 隙間読書 村山槐多「鉄の童子」

文豪山怪奇譚収録 22歳で亡くなった村山槐多の、生前は発表されなかった未完成の作 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第311回

「君のおかげでわかったよ」彼はやはり夢見るような目で言った。「男が自分の妻から逃 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.05 隙間読書 泉鏡花「古貉」

古貉では、車麩が何度も繰り返し語られている. そのイメージはだんだん幻想味をおび … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 未分類, 読書日記 | コメントする