月別アーカイブ: 2018年6月

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第325回

私には何故なのか見当はつきませんが、彼が手にしていたのは草かきで、それはずいぶん … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.06 隙間読書 山田風太郎・高木彬光「風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行」

平成23年7月発行 出版芸術社 ドイツオペラに高い関心を抱いていた高木彬光が雑誌 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第324回

こうした諸々のことのせいで、私は狂気においやられたのかもしれません。はっきりとは … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第323回

あえて申し上げるなら、シエラ山脈の頂上のすぐ下で暮らしたせいで、私の心は少なから … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第322回

私は教育を十分にうけていたので、音楽も愛していたし、書物も愛していました。ですが … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.06 隙間読書 島田荘司「夜は千の鈴を鳴らす」

初出:1988年11月 光文社カッパノベルズ まずタイトル「夜は千の鈴を鳴らす」 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.06 隙間読書 東雅夫編「山怪実話大全 岳人奇談傑作選」

2017年11月刊行 山と渓谷社 タイトルからは「山怪実話大全」と何やら怖そうな … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第321回

「次に読みあげる手紙は」アーサー・イングルウッドは続けた。「訴訟依頼人の奇妙な性 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第320回

それでも私は彼の邪気のなさに耐えながら、なぜあなたは正しいのかと、あなたの国の方 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第319回

近づいてくると、彼は無法者らしく見えましたが、それでもその表情はとても穏やかでし … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする