月別アーカイブ: 2018年7月

2018.07 隙間読書 有吉佐和子「開幕ベルは華やかに」

1982年に有吉佐和子が書いた最後の長編である。 殺人も出てくるし、刑事さんも出 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 ホフマン「黄金宝壺」石川道雄訳

「幻想小説神髄」(ちくま文庫)収録 石川道雄訳の漢字とルビの楽しさよ。たぶん日本 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 有吉佐和子「悪女について」

実業家、富小路公子の生と死をめぐって関係者27人が一人称で語る証言で構成される。 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第334回

一瞬黙り込んでからイングルウッドは言った。「では最後に、次の手紙を証拠として出そ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第333回

「僕が言いたいのは」彼は熱意をこめて言いました。「天国に私のための家があるとすれ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.07 隙間読書 ノヴァーリス『ザイスの学徒』山室静訳

「幻想小説神髄」(ちくま文庫)収録 ノヴァーリスは1772年に生まれ、1791年 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.07 隙間読書 近松門左衛門『出世景清』

貞享2年、1685年、近松門左衛門が32歳のときの作品。近松と竹本義太夫が最初に … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第332回

「それは」私は訊ねました。「どうしてなのでしょうか」 「なぜなら、そうしなければ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第331回

「私の祖母なら言ったことでしょう」私は低い声音で言いました。「私たちは皆、流浪の … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第330回

「あなたが言わんとするところは、つまり」思わず大きな声で言ってしまいました。「世 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする