月別アーカイブ: 2018年8月

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第403回

「ムーンさんは」ピムは上機嫌でいった。「この制度について、ずいぶん時代遅れの考え … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第402回

四章 行き当たりばったりの結婚をしたのか、それとも一夫多妻の容疑で訴えるべきなの … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.08 隙間読書 ヴィーズ「尼」森鴎外訳

「諸国物語」収録 デンマークの作家、グスタフ・ヴィーズ Gustav Wied … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.08 隙間読書 井原西鶴「諸国ばなし 公事(くじ)は破らずに勝つ」

【原文】 大職冠、さぬきの国、房崎の浦にて、竜宮へ取られし、玉を取り返さんために … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.08 隙間読書 マルグリット・デュラス「愛人ラマン」清水徹訳

1984年発表 清水徹訳(河出文庫)  発表されると世界的ベストセラーになった「 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

隙間読書 2018.08 綿貫六助 「幽霊寺の恋愛」

昭和4年8月 雑誌「グロテスク」収録 乳飲児をかかえながら、夫「大木」を亡くした … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

隙間読書 2018.08 梶井基次郎「Kの昇天ー或はKの溺死」

文豪ノ怪談 ジュニア・セレクション「影」収録 梶井基次郎が25歳のときに同人誌「 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.08 隙間読書 有吉佐和子「悪女について」

明日のミステリ読書会のために「悪女について」を再読して思うこと。それはこの作品の … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部三章第402回

「なぜだって! 蒸気船を沈められるくらいの証拠を手にしたからだ」モーゼスはわめい … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする