月別アーカイブ: 2018年9月

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第419回

もちろん、無政府状態も一週間か二週間で鎮まりました。そして今では、そのときのこと … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第418回

ほかの女の先生方の私はこの下劣な男をとめようとしました。でも正直に申し上げると、 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第417回

そのあとで、年上の少女たちのあいだでくだらない論議となり、スミス氏の提案が困難を … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.09 隙間読書 岡本綺堂「明治劇談 ランプの下にて」

初出:1935(昭和10)年 岡倉書房 この本を書いたのは綺堂が亡くなる四年前、 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第416回

その状況を別の表現で申し上げます。講義のなかば頃には、他の女教師たちにも、私にも … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第415回

「さあ、これが最後の手紙です」ピム博士は満足そうに言った。「英国の少女たちにホッ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第414回

しかし彼の言葉はそこで途切れました。トリップ氏が激しく突進してきたのです。次の瞬 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.09 隙間読書 岡本綺堂「近松半二の死」

初出:文芸春秋昭和3年10月号 再読である。以前、読んだときは「岡本綺堂は古典演 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第413回

こうした言葉を聞いているうちに、トリップ氏や私たちが当然のことながらたどり着いた … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第412回

トリップ氏は娘を問いただしながら、その精神の均衡がくずれているのではないかと恐れ … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする