月別アーカイブ: 2018年10月

2118.10 隙間読書 相川英輔「雲を離れた月」

以下の四篇が収録されている。 「雲を離れた月」 「ある夜の重力」 「7月2日、夜 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章434回

彼の動機は、十分なくらい明確だ。だが、おそらく、その信念は明確なものではない。僕 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.10 隙間読書 香山滋「金鶏」

1948年(昭和23年)岩谷書店にて初出。 国書刊行会の復刻版「木乃伊の戀」で読 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第433回

そうなんだ、イノセント・スミスは、余所で数百回と繰り返してきたように、ここでも振 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

M.R.James “Lost Hearts”&「消えた心臓」紀田順一郎訳

原文はネット上より。 M.R.ジェイムズ怪談選集1紀田順一郎訳(創元推理文庫) … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第432回

死んだような沈黙のなか、ムーンは説明を続けた。「色に関する、この奇妙な、偶然の一 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.10 隙間読書 夢野久作「あやかしの鼓」

初出:「新青年」博文館1926年(大正15年10月) 青空文庫 能ミステリを読ん … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.10 隙間読書 世阿弥「葵上」

タイトルの葵上は登場せず、舞台上では一枚の小袖が紫上のかわりに置かれるのみ。物語 … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第431回

赤い髪だけではない。もう一本別の糸があって、あちらこちらに分散した出来事につなが … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.10 隙間読書 世阿弥「敦盛」

日本古典文学全集58巻「謡曲集」より。 作者:世阿弥 最初、現代とは価値観が違い … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする