月別アーカイブ: 2018年11月

2018.11 隙間読書 「皆川博子の辺境薔薇館」

河出書房新社 皆川博子完全読本の帯コピーにふさわしい本。頁をめくるたびに読みたい … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部Ⅴ章第446回

「強い風が吹いてきたわ」ロザムンドがふと言った。「むこうの木を見て。ずっとむこう … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部Ⅴ章第445回

「だけど、もし男のひとたちがそうしたものを欲しがれば」とダイアナは言いかけた。 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

2018.11 隙間読書 シャミッソー「影をなくした男」池内紀訳

この本は、幼い頃、今は亡き父に買ってもらった思い出のある本。子供向けにリライトし … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.11 隙間読書 東雅夫「文豪ノ怪談ジュニア・セレクション『影』」

梶井基次郎「Kの昇天」 Kの死が溺死だったのか、それとも過失だったのかと思い悩ん … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

2018.11 隙間読書 泡坂妻夫 「夜光亭の一夜 宝引の辰捕者帳ミステリ傑作選」

江戸の市井の人々の暮らしを感じつつ楽しく読んだ。江戸時代の風俗がわからないと思い … 続きを読む

カテゴリー: 2018年, 読書日記 | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部Ⅴ章第444回

「愚かしいですって?」メアリーは威勢よく叫んだ。「たしかに私の日曜日の帽子なら、 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部Ⅴ章第443回

ついに彼女たちが口をひらいたときに、長いあいだ沈黙にとざされていた会話がふたたび … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部Ⅴ章第442回

Ⅴ章 どのようにして、つむじ風がビーコン・ハウスから出ていったか? メアリーは、 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする

チェスタトン「マンアライヴ」二部四章第441回

彼は頭にシルクハットをのせ、穏やかな様子で庭の門へと向かったが、ピムの泣き叫ぶ声 … 続きを読む

カテゴリー: チェスタトンの部屋, マンアライヴ | コメントする