月別アーカイブ: 2019年6月

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№26

監督室で、コーモスは余念なく、椅子を一脚、中央の正確な位置に置いていた。  「す … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019.06 隙間読書 黒史郎『未完少女ラヴクラフト』

黒史郎のクトゥルフの知識、ラブクラフトへの敬意と愛情がめいっぱい注ぎ込まれた作品 … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№25

「ねえ、ピーターパンの言葉で話しているよ」学級担任はいった。  「ピーターパンの … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№24

男たちが—知性に欠けた表情をして、それに比例して自分たちの権力に大きな信念をいだ … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№23

 ラトレーはーそのときの彼の仲間だーは座ってバシントンをながめ、人並の頭脳を奥底 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

2019.06 隙間読書 ディクスン・カー『ビロードの悪魔』

1951年発表、原題は”The Devil in Velvet&#8 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№22

 ランスローは心に弱々しい希望を育もうとしたが、それはこの不快な、現実的な描写に … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

2019.06 隙間読書 三島由紀夫「朝顔」

1951年、三島由紀夫25歳のときの作品。 『文豪怪談傑作選 三島由紀夫集 雛の … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする

再訳 サキ『耐えがたきバシントン』№21

ランスロット・チェトロフは、長い、がらんとした廊下のはずれに立ち、気もそぞろに腕 … 続きを読む

カテゴリー: サキ, 再検討「耐えがたきバシントン」 | コメントする

2019.06 隙間読書 ジョン・ディクスン・カー『囁く影』斎藤数衛訳

1946年、カーが40歳のときの作品。 第二次世界大戦直後、ヨーロッパの混沌とし … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 読書日記 | コメントする