2013年2月12日 オバマ大統領の一般教書演説( 途中まで )

President Obama’s 2013 State of the Union | The White House.

As Prepared for Delivery –

 
Mr. Speaker, Mr. Vice President, Members of Congress, fellow citizens:
 
Fifty-one years ago, John F. Kennedy declared to this Chamber that “the Constitution makes us not rivals for power but partners for progress…It is my task,” he said, “to report the State of the Union – to improve it is the task of us all.”
議長、副大統領、連邦議会の皆さん、国民の皆さん。
51年前、ジョン.F.ケネディがこの議院で宣言し、『憲法とは、私たちを政権の敵にするものではなく、進歩をパートナーにするものである…それが私の仕事である』と述べた。『一般教書演説を述べるということは、すなわち改善するということであり、私たち全員に課せられた仕事である』
 
Tonight, thanks to the grit and determination of the American people, there is much progress to report.  After a decade of grinding war, our brave men and women in uniform are coming home.  After years of grueling recession, our businesses have created over six million new jobs.  We buy more American cars than we have in five years, and less foreign oil than we have in twenty.  Our housing market is healing, our stock market is rebounding, and consumers, patients, and homeowners enjoy stronger protections than ever before.
今宵、アメリカ国民のガッツと決意のおかげですが、報告すべき進歩がある。貧困に虐げられた戦いの10年のあとで、制服に身をつつみながら勇気ある者は、男も、女も、家へ戻りつつあります。景気後退期ではひどい目にあいましたが、そのあとでビジネスは600万以上の新しい仕事を生み出しています。過去5年間のどんな時期よりも、アメリカの車を買うようになり、一方で過去20年間のどんな時期よりも外国の石油を買わなくなりました。住宅供給市場は回復しつつあります。株式市場も立ち直りつつあります。消費者も、病人も、持ち家のある人も、以前より強固な保護をうけています。
 
Together, we have cleared away the rubble of crisis, and can say with renewed confidence that the state of our union is stronger.
共に、私たちは危機の破片を取り除いてきました。そして自信を新たにして言うことができる。私たちも国は一層強固になったのだと。
 
But we gather here knowing that there are millions of Americans whose hard work and dedication have not yet been rewarded.  Our economy is adding jobs – but too many people still can’t find full-time employment.  Corporate profits have rocketed to all-time highs – but for more than a decade, wages and incomes have barely budged.
しかし、この場に集まった私たちは、過酷な労働と献身が報われないでいるアメリカ人が数百万人もいるということを知っている。私たちの経済活動は仕事を新たに加えているが、それでも多くの人はフルタイムの仕事を見つけられないでいます。法人の利益は急上昇しつつありますが、10年以上のあいだ、賃金と収入はほとんど動いていません。
 
It is our generation’s task, then, to reignite the true engine of America’s economic growth – a rising, thriving middle class.
アメリカの経済成長の真のエンジンとなるのは中間層の増大であり、繁栄なのです。そのエンジンを再点火するということが、私たちの世代の仕事なのです。
It is our unfinished task to restore the basic bargain that built this country – the idea that if you work hard and meet your responsibilities, you can get ahead, no matter where you come from, what you look like, or who you love.
この国をつくる基本となる取り決めを復活させる…それは私たちが成し遂げていない仕事なのです。すなわち一生懸命に働き、責任をはたせば、生まれや外見、敬愛する人物が誰であれ、前へ進むことができるようになるということなのです。
 
It is our unfinished task to make sure that this government works on behalf of the many, and not just the few; that it encourages free enterprise, rewards individual initiative, and opens the doors of opportunity to every child across this great nation.
この政府が多数のために働くものであり、決して少数のために働くものではない。これもまだ成し遂げていない仕事です。これは自由な企業を奨励し、個人の判断を促すものであり、すべての子供たちに偉大なこの国家へのドアを開く機会を与えるものです。
 
The American people don’t expect government to solve every problem.  They don’t expect those of us in this chamber to agree on every issue.  But they do expect us to put the nation’s interests before party.  They do expect us to forge reasonable compromise where we can.  For they know that America moves forward only when we do so together; and that the responsibility of improving this union remains the task of us all.
アメリカの国民は政府がすべてを解決してくれるとは考えていません。議院の人々があらゆる点で意見が一致するとも考えていません。しかし国民が関心をもつことについて、話し合いの場に持ち出すことを望んでいるのです。国民は、私たちが適当なところで妥協してしまわないようにと望んでいるのです。私たちが共に話し合ったときにのみ、アメリカは前に進んでいくと知っているのです。この共同体をよくしていくという責任は、私たち全員の仕事でもあります。
 
Our work must begin by making some basic decisions about our budget – decisions that will have a huge impact on the strength of our recovery.
私たちの仕事は、予算案について基本的な決定をしていくことから始めないといけません。
 
Over the last few years, both parties have worked together to reduce the deficit by more than $2.5 trillion – mostly through spending cuts, but also by raising tax rates on the wealthiest 1 percent of Americans.  As a result, we are more than halfway towards the goal of $4 trillion in deficit reduction that economists say we need to stabilize our finances.
過去数年にわたり、両政党とも2.5兆ドルの赤字を減らすために手を携えてきました。予算を削減することで赤字を減らす一方で、アメリカ人の1%にあたる裕福な人々に増税により赤字を減らしてきました。結果として、4兆の赤字削減の途上にあり、経済学者たちは財政を安定させる必要があると言います。
 
Now we need to finish the job.  And the question is, how?
赤字削減の仕事を終わりにする必要があります。でも、どのようにして?
 
In 2011, Congress passed a law saying that if both parties couldn’t agree on a plan to reach our deficit goal, about a trillion dollars’ worth of budget cuts would automatically go into effect this year.  These sudden, harsh, arbitrary cuts would jeopardize our military readiness.  They’d devastate priorities like education, energy, and medical research. They would certainly slow our recovery, and cost us hundreds of thousands of jobs.  That’s why Democrats, Republicans, business leaders, and economists have already said that these cuts, known here in Washington as “the sequester,” are a really bad idea.
 
Now, some in this Congress have proposed preventing only the defense cuts by making even bigger cuts to things like education and job training; Medicare and Social Security benefits.
2011年に、議会を通過した法案によれば、両方の政党が赤字削減の計画に賛成できなければ、およそ一兆ドルに値する予算削減が今年度、自動的に実施されることになる。こうした急で、過酷な、自由裁量による削減は、軍の用意を危ういものにすることだろう。また教育、エネルギー、医学研究のような優先事項を荒廃させることだろう。そうした削減は回復を遅らせることになり、無数の仕事を犠牲にすることになる。こういうわけで、民主党、共和党、会社の経営責任者、経済学者たちは指摘しているが、こうした削減は、ワシントンでは『スィークエスター(没収)』として知られているもので、非常にまずい考えです。今、この議会では軍事予算の削減を防ぐために、教育や職業訓練、メディケアや社会社会保障の給付金に対して、より大きな削減を求める案がかけられている。
 
That idea is even worse.  Yes, the biggest driver of our long-term debt is the rising cost of health care for an aging population.  And those of us who care deeply about programs like Medicare must embrace the need for modest reforms – otherwise, our retirement programs will crowd out the investments we need for our children, and jeopardize the promise of a secure retirement for future generations.
これは、さらに事態を悪くする考えです。長期にわたる負債を制御する最大の要因は、高齢化社会において健康管理にかかる費用の上昇にあります。メディケアのような制度について深く関心をもつ人なら、穏やかなものながら改革の必要性を認めることでしょう。そうしなければ年金制度は、子どものためにひつような教育制度への投資を追いやることになり、将来の世代が安全に年金を受け取る約束を駄目にしてしまうのです。
 
But we can’t ask senior citizens and working families to shoulder the entire burden of deficit reduction while asking nothing more from the wealthiest and most powerful.  We won’t grow the middle class simply by shifting the cost of health care or college onto families that are already struggling, or by forcing communities to lay off more teachers, cops, and firefighters.  Most Americans – Democrats, Republicans, and Independents – understand that we can’t just cut our way to prosperity.  They know that broad-based economic growth requires a balanced approach to deficit reduction, with spending cuts and revenue, and with everybody doing their fair share.   And that’s the approach I offer tonight.
しかし富もあり力もある人々に何も求めないまま、シニアの国民にも働いている家族にも、赤字削減の重荷を背負うように求めることは出来ません。ヘルスケアの費用や大学生を抱えて苦しんでいる家族の費用をなすりつけたところで、中間層は育ちません。地域社会が教員や警官、消防士をクビにしたところでも、中間層は育ちません。ほとんどのアメリカ人は、民主党だろうと共和党だろうと無所属だろうと理解しているが、好景気への道に近道はない。経済が広い範囲で成長していくには、歳出と歳入に関して、みんなが公平に分かち合うように、バランスを考えながら、赤字削減に取り組む必要がある。

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ホワイトハウス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.