サキ 耐えがたきバシントン 1

     作者の覚え書き

 

この物語に教訓はありません。

もし悪を指摘したとしても、救済策は何も示していません。

 

     一章

 

 フランチェスカ・バシントンは、西区ブルー・ストリートにある自分の家の居間に座り、尊敬すべき兄ヘンリーと一緒に中国茶を飲みながらクレソンをはさんだ小さなサンドイッチを堪能していた。料理は洗練された量であったため、その時の小腹をみたしたいという欲求にこたえながら、十分満足のいくものであった昼食会を思い出しては幸せにひたることができ、また幸いなことにこれから用意される手の込んだ晩餐を心待ちにできるものである。

 

 若い頃、フランチェスカは美貌のグリーチ嬢として知られていたが、40歳になった今、元々の美貌はかなり残っているものの、あくまでもフランチェスカ・バシントンの奥さまにすぎなかった。彼女にむかって「いとしい人」と呼びかけなんて、誰も思いもよらなかっただろう。だから彼女のことをあまり知らない人の大多数は、「奥様」ときちんと言い添えた。

 

 敵にしても率直な気分のときに聞かれたら、彼女がすらりと美しく、服の着こなしも知っていることを認めただろう。しかし敵にしたところで、友達にしたところで、彼女には魂がないと断言することに関しては意見の一致をみただろう。あるひとの友と敵が何か意見の一致をみるとき、たいてい、それは間違っている。もし、魂の話をもちだされて攻撃されるくらいなら、フランチェスカはおそらく、自分の応接間のことを語るだろう。相手が自分の魂の特徴を粉々にしたと考えたからではない。身近なものを凝視することで、目立つ特徴がみえてくると考えたからでもない。特徴が隠されている場所が示されると考えたからでもない。ただ、居間が自分の魂そのものであると、おぼろげに考えたからである。

 

AUTHOR’S NOTE

This story has no moral.

If it points out an evil at any rate it suggests no remedy.

CHAPTER I

FRANCESCA BASSINGTON sat in the drawing-room of her house in Blue Street,
W., regaling herself and her estimable brother Henry with China tea and
small cress sandwiches.  The meal was of that elegant proportion which,
while ministering sympathetically to the desires of the moment, is
happily reminiscent of a satisfactory luncheon and blessedly expectant of
an elaborate dinner to come.

In her younger days Francesca had been known as the beautiful Miss
Greech; at forty, although much of the original beauty remained, she was
just dear Francesca Bassington.  No one would have dreamed of calling her
sweet, but a good many people who scarcely knew her were punctilious
about putting in the “dear.”

Her enemies, in their honester moments, would have admitted that she was
svelte and knew how to dress, but they would have agreed with her friends
in asserting that she had no soul.  When one’s friends and enemies agree
on any particular point they are usually wrong.  Francesca herself, if
pressed in an unguarded moment to describe her soul, would probably have
described her drawing-room.  Not that she would have considered that the
one had stamped the impress of its character on the other, so that close
scrutiny might reveal its outstanding features, and even suggest its
hidden places, but because she might have dimly recognised that her
drawing-room was her soul.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ タグ: パーマリンク

サキ 耐えがたきバシントン 1 への2件のフィードバック

  1. optical_frog のコメント:

    こんにちは.いつもtwitterでお世話になっております.

    まえまえから訳してらっしゃたこの文章を実はいまはじめて拝読したのですが,とてもむずかしい英文だと思いました.

    気がついたことを1点だけ.最初のパラグラフ,The meal was of that elegant proportion … 以下の箇所は,サンドイッチが絶妙にほどよい分量だということを伝えているのだと思います.おそらく午後のお茶の時間にとっている軽食で,かるく食欲をみたしながらも,あとで夕食を食べる邪魔にならないくらいの分量ですよ,と言おうとしているのだと思います.

    あくまで参考までに拙訳:「サンドイッチは絶妙にほどよい分量で,すいた小腹をなぐさめるのには十分でありながら,しっかり食べたお昼のあとでもうたくさんと思うほどでもなく,夕食どきまでにはまた食欲がもどってきそうな,ありがたいほどの適量ぶりだった」

    あと,たいへん細かいことですが,冒頭の moral は「教訓」ですね.

    • さりはま のコメント:

      いろいろ丁寧に教えてくださり有難うございます。
      ご指摘いただいた箇所は、もやもやしたものを感じながら訳していたので、optical先生のおかげで陽の光がさしてきたような気がします。
      optical先生の訳を参考にしながら、少し時間をかけて訳を考えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.