サキ「耐えがたきバシントン」Ⅴ章 48回

「よく判断してから行動するような娘だと思う。だから愚かしいまでに好いてはくれないかもしれないが、私にだまされてみるのも悪くはないはずだ。私は若いし、見かけもいい。それに議会で功をなしている。彼女なら朝食のときに、私についての良い記事やら怖ろしい記事やら、新聞を読んでくれるだろう。時々だが、朗らかで楽しい夫になることもできる。だが、私は沈黙の価値を理解しているから、陽気でおしゃべり好きの夫という怖ろしいものになりさがる心配はない。お金もあって社会的な野心もある娘にすれば、私はまんざらでもあるまい。」

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.