サキ「耐えがたきバシントン」Ⅵ章 55回

「とにかく彼は正直なひとだわ」彼が自らの不道徳な行為の数々を白状すると、彼女はそう考えた。だが、彼が語ってくれた話を思い出しては、気持ちが落ち込むのだった。その話には、正直さというものが著しく欠けていた。彼の率直な行動から正直さを見つけようとしたけれど、聞こえてくるのはおそらく、善悪に関する慣わしを無視しようとする冷笑だけであった。

「今日の午後は、いちだんと考えにふけっているような顔をしているよ」コーマスは彼女にいった。「まるで君がこの夏の日を発明して、改善しようと考えているみたいだ」

「なにかを改善する力があるなら、あなたから改善していくべきだと思うけど」エレーヌはこたえた。

「僕は今のままの方がいいと確信している」コーマスは抗議した。「君はアーガイルにいる僕の親戚みたいだ。その親戚ときたら、時間を費やしてやっていることと言えば、羊や豚や鶏の品種改良だ。言わば全能の神様にむかって、贔屓をしたり、いらいらしたりするようなものだ、歩き回って、優れた手を万物にさしのべて仕上げをしようとすることは」

 エレーヌは賛成しかねるという顔をしたが、直に笑いだし、ついには吐息をちいさく

ついた。

「あなたとまじめに話をするのは簡単ではないわ」彼女は言った。

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.