サキ「耐えがたきバシントン」Ⅶ章 62回

「そうね、そうした奇妙な言葉でパンフレットをだすなんて、まったく意味のないことよね」マーラは不平をいった。「誰の目にも分かりやすくしようとするなら。そうした言葉にはっきりとした説明をつけようとしても、大切な単語のなかにも、もともとの意味が他にも十五あるくらいだから。閣僚や政治家も、ラテン語やエスペラント語を理解する犬を採用して、演説を届けさせればいいのに。そうすれば次に続く説明を省くことができるのに。でもボンドストリートに戻りましょうね、ボンドストリートから立ち去るのではなく」

「残念だけど、もう立ち去らないといけないわ」フランチェスカは言いながら、グラフトン・ストリートの方にむかった。「さようなら」

「行かなければいけないのかしら?一緒にお茶をしていきましょうよ。邪魔をされないで話しができる、気持ちのいい場所を知っているわ」

フランチェスカは身震いしたいのをこらえ、急用ができたからと告げた。

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.