サキの長編小説 「耐えがたきバシントン」13章146回

「新聞記事の配置に手を入れたりすることが重要なのではありません」彼はいった。「教会は、私に代表されるように、シェラルド・ブローに同意しています。一方で、彼のことも、彼が言うことも、あなたのような懐疑主義者は支持しないようですね、レディ・キャロライン」

 レディ・キャロラインは目をしばたたいた。「助祭長さま。現代では、どこにも懐疑主義者なんていませんわ。キリスト教の護教論者には、信じることのできないものなんて何もありませんもの」

 助祭長は立ち上がりながら、かすかな笑いに顔をゆるめた。「もうお暇して、ド・ラ・プーレのところに行かなくてはいけません」彼はいうと、指定席の三番目に座っている聖職者の姿を指した。「彼は説教壇から説教して人生を過ごしているような男ですが、その説教ときたら、キリスト教の栄光とは、真実でないにしても、そうした話をつくりあげることが必要だと思われている事実にあるということなんですよ」

 

The Archdeacon smiled indulgently.  As a man he was so exquisitely worldly that he fully merited the name of the Heavenly Worldling bestowed on him by an admiring duchess, and withal his texture was shot with a pattern of such genuine saintliness that one felt that whoever else might hold the keys of Paradise he, at least, possessed a private latchkey to that abode.

“Is it not significant of the altered grouping of things,” he observed, “that the Church, as represented by me, sympathises with the message of Sherard Blaw, while neither the man nor his message find acceptance with unbelievers like you, Lady Caroline.”

Lady Caroline blinked her eyes.  “My dear Archdeacon,” she said, “no one can be an unbeliever nowadays.  The Christian Apologists have left one nothing to disbelieve.”

The Archdeacon rose with a delighted chuckle.  “I must go and tell that to De la Poulett,” he said, indicating a clerical figure sitting in the third row of the stalls; “he spends his life explaining from his pulpit that the glory of Christianity consists in the fact that though it is not true it has been found necessary to invent it.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.