サキの長編小説「耐えがたきバシントン」13章147回

ボックス席の扉がひらき、コートニー・ヨールがはいってきたが、その有様ときたら、シャミナードのえも言われぬバレエのようであり、また政治に関する緊張感をみなぎらせていた。もはや政府は、支持層という素晴らしい強みを失っているのに、そうしたことを知らない人々は、重要法案について委員会審議にかけられていることがらが、近々採決にかけられるけれど、きわめて難しい状況になるだろうと予測するのに忙しかった。土曜の夜のことであった。もしこれから月曜の午後までのあいだに、甘言が功を奏さなければ、大臣は敗北にさらされるようにみえた。

「ヨールがここにきた」助祭長がいった。これから四十八時間のあいだに何が起きるか教えてくれるだろう。首相は良心の問題だと言っているらしい。たしかに良心次第で、人は確固たる態度をとることもあれば、ぐらついてしまうこともあるだろう」

彼が期待しているのも、共感しているのも、周知の事実ではあったが、首相の側についていた。

ヨールはレディ・キャロラインにむかって優雅に会釈をすると、ボックス席中央の椅子に優雅にふかぶかと腰かけた。ヨールに気がついた人々は、ゆっくりと劇場にざわめきのさざ波をおこした。

「政府にとって、良心の問題でぐらついてしまうとしたら」彼はいった。「それは安全カミソリで自分のことを切ってしまうようなものだろう」

レディ・キャロラインは穏やかに賛成をしめした。

「たしかに真実ですわ、助祭長さま」

政権を担当している数年間、誰も政府をうまく守ることはできなかった。助祭長は軽い論争に避難した。

「どうやらレディ・キャロラインは、社会主義の偉大な政治家の素質が、君にはあると考えているらしい、ヨール」彼はいった。

「偉大な社会主義はつくられていません、死産したのです」ヨールはこたえた。

 

The door of the box opened and Courtenay Youghal entered, bringing with him subtle suggestion of chaminade and an atmosphere of political tension.  The Government had fallen out of the good graces of a section of its supporters, and those who were not in the know were busy predicting a serious crisis over a forthcoming division in the Committee stage of an important Bill.  This was Saturday night, and unless some successful cajolery were effected between now and Monday afternoon, Ministers would be, seemingly, in danger of defeat.

“Ah, here is Youghal,” said the Archdeacon; “he will be able to tell us what is going to happen in the next forty-eight hours.  I hear the Prime Minister says it is a matter of conscience, and they will stand or fall by it.”

His hopes and sympathies were notoriously on the Ministerial side.

Youghal greeted Lady Caroline and subsided gracefully into a chair well in the front of the box.  A buzz of recognition rippled slowly across the house.

“For the Government to fall on a matter of conscience,” he said, “would be like a man cutting himself with a safety razor.”

Lady Caroline purred a gentle approval.

“I’m afraid it’s true, Archdeacon,” she said.

No one can effectively defend a Government when it’s been in office several years.  The Archdeacon took refuge in light skirmishing.

“I believe Lady Caroline sees the makings of a great Socialist statesman in you, Youghal,” he observed.

“Great Socialist statesmen aren’t made, they’re stillborn,” replied Youghal.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.