サキの長編小説「耐えがたきバシントン」13章 151回

彼が予感し、ひどく恐れているのは、そうした荒野での生活であり、そして今から経験しようとしているのは、まさにそうした生活であった。若者にすれば、田舎の司祭館のような退屈さから抜けだして荒野での生活へとふみだすことも、また草花の品評会やクリケットの試合がその年の大きな出来事となるような司祭館近隣の生活からふみだすことも、流罪になったという思いにかられることでもなければ、屈辱を感じるようなことではないのかもしれない。それでも変化と冒険を感じて当惑することだろう。それにコーマスがながく暮らしてきた世界では、開発が遅れた地での生活は沈滞そのものだとみなされていた。さらに若いときの沈滞とは、本能や理性にたいする侮辱として見なされて当然である。沈滞とは誤った方向へとそそのかそうとする嘲りであり、あたかも衰弱した病人に苦痛にみちた世界旅行をさせるようなものであり、またヒョウを狭い檻に閉じこめるようなものである。彼はわきにおいやられたのだ、まるでワインを貯蔵するかのように。だが熟成していくことはなく、劣化するだけだった。若さ、健康、容貌が最高であるときを逸してしまうことになるのだ。その世界では若さ、健康、容貌が大事なものであり、時の流れは失われた所有物を戻してくれないのだ。そして芝居の幕がおりてくるたびに、コーマスは自分に絶望がふりかかり、没収されるように感じた。苦々しく見つめるものは、彼にとって最後の夜となる社交会の陽気さであり、その陽気さがそっと立ち去り、終わりにむかっていく様だった。一時間もしないうちにすべてが終わりとなり、数ヶ月もすれば、夢うつつの記憶となるだろう。

That was the life he foresaw and dreaded, and that was the life he was going to.  For a boy who went out to it from the dulness of some country rectory, from a neighbourhood where a flower show and a cricket match formed the social landmarks of the year, the feeling of exile might not be very crushing, might indeed be lost in the sense of change and adventure.  But Comus had lived too thoroughly in the centre of things to regard life in a backwater as anything else than stagnation, and stagnation while one is young he justly regarded as an offence against nature and reason, in keeping with the perverted mockery that sends decrepit invalids touring painfully about the world and shuts panthers up in narrow cages.  He was being put aside, as a wine is put aside, but to deteriorate instead of gaining in the process, to lose the best time of his youth and health and good looks in a world where youth and health and good looks count for much and where time never returns lost possessions.  And thus, as the curtain swept down on the close of each act, Comus felt a sense of depression and deprivation sweep down on himself; bitterly he watched his last evening of social gaiety slipping away to its end.  In less than an hour it would be over; in a few months’ time it would be an unreal memory.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.