サキの長編小説「耐えがたきバシントン」 13章 153回

幕間も最後の幕間となり、それも終わりに近づきつつあった。劇場はそわそわとした関心を舞台へむけはじめ、舞台では劇の最終場面が展開されようとしていた。フランチェスカはセレナ・ゴーラクリィのボックス席に座り、スプリングフィールド大佐の話に耳を傾けていた。大佐は、インドのプーナにあるヨーロッパ人種居住区の鳩小屋にふりかかった出来事について語っていた。大佐の知り合いは皆、幾度となくその話を聞かされてきた。だがレディ・キャロラインが、その退屈なまでの苦痛をやわらげた。実際、いわば冒険心からともいえる面白さを大佐の話にそえたのだが、それはそのシーズンでもっとも大佐の話を聞いた者に褒美をあたえるというものであった。褒美を競う者たちが大佐の話を理解しようとする様子は名誉に値するものだが、けっして問題の核心へと進んでいくものではなかった。アーダ・スペルベクシーと外務省の青年が、競争者たちの一覧のなかでは、大佐の独奏会に五回参加したということで上位にきていたが、アーダのほうは競争の約束ごとや精神を守っているかどうか疑わしいと思われていた。

 

「そしてそこに残ったのは、御婦人のまえで言いにくいのだが」大佐はしめくくった。「11羽の死んだ鳩だった。オニネズミがどうなったのか知る者は誰もいない」

 

The interval, the last interval, was drawing to a close and the house began to turn with fidgetty attention towards the stage for the unfolding of the final phase of the play.  Francesca sat in Serena Golackly’s box listening to Colonel Springfield’s story of what happened to a pigeon-cote in his compound at Poona.  Everyone who knew the Colonel had to listen to that story a good many times, but Lady Caroline had mitigated the boredom of the infliction, and in fact invested it with a certain sporting interest, by offering a prize to the person who heard it oftenest in the course of the Season, the competitors being under an honourable understanding not to lead up to the subject.  Ada Spelvexit and a boy in the Foreign Office were at present at the top of the list with five recitals each to their score, but the former was suspected of doubtful adherence to the rules and spirit of the competition.

“And there, dear lady,” concluded the Colonel, “were the eleven dead pigeons.  What had become of the bandicoot no one ever knew.”

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.