サキの長編小説「耐えがたきバシントン」 15章 172回

昼食の料理がその場に運ばれてきたとほぼ同時に、二人の婦人が近くの卓にやってくると、エレーヌとコートニーにむかって、威厳をたもちながらも、親しみのこもった挨拶をしてきた。その婦人たちは、エレーヌの伯母のなかでも、世慣れて、ひろく旅をしてきている者たちであり、たまたま若いふたりと同じホテルに、短い滞在をすることになった。すこぶる当然な話ながら、婦人たちは理性にしたがい、姪のところに押しかけてきた。新婚生活について考え方がかわったエレーヌにすれば、伯母の訪問は意義深いことであったので、ホテルにいた二人の親戚を心ひそかに歓迎した。数週間前に考えていた以上に、そうしたつきあいが必要なものにも、また望ましいものにも思えてきたので、伯母たちと親しく交わるために、時間をとって機会をもうけることにした。ふたりの伯母のうち、年下の伯母の方が控えめなのでエレーヌは好んだが、それは人々がもったいぶらない海辺の行楽地を好み、また食後に音楽を聞かされるようなことのないレストランを好むようなものだった。本能的に感じられることなのだが、その伯母は室内のどの女性よりも価値のあるダイヤモンドを身につけることはないし、蒸気船の事故やホテルの火災で、ただ一人救い出されるということもないような人間だからだ。子供のころ、年下の伯母は「リンデンで太陽がひくいとき」を完璧に朗読することができたが、そうする理由は何もないのにと思われたものだ。

Almost at the same moment as the luncheon-dish appeared on the scene, two ladies arrived at a neighbouring table, and bowed with dignified cordiality to Elaine and Courtenay.  They were two of the more worldly and travelled of Elaine’s extensive stock of aunts, and they happened to be making a short stay at the same hotel as the young couple.  They were far too correct and rationally minded to intrude themselves on their niece, but it was significant of Elaine’s altered view as to the sanctity of honeymoon life that she secretly rather welcomed the presence of her two relatives in the hotel, and had found time and occasion to give them more of her society than she would have considered necessary or desirable a few weeks ago.  The younger of the two she rather liked, in a restrained fashion, as one likes an unpretentious watering-place or a restaurant that does not try to give one a musical education in addition to one’s dinner.  One felt instinctively about her that she would never wear rather more valuable diamonds than any other woman in the room, and would never be the only person to be saved in a steamboat disaster or hotel fire.  As a child she might have been perfectly well able to recite “On Linden when the sun was low,” but one felt certain that nothing ever induced her to do so


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: サキ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.