アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」2章23回

入場券は扉のところで、若く、熱心な伝道師が集めていた。伝道師相手にしても、立派な身なりの人すべてを相手にするにしても、ディッキーが知っていることは、さしあたり動けないときには、おだやかにあざけるということだった。急ぐ必要はなかった。伝道師もしばらくすれば、入場券を持っているかどうかということに関心を払わなくなるだろう。敵の注意が行き届いているときには、中に入りたいという欲望があっても、些細な衝動にかられた行動を見せるべきではなかった。

馬車が数台とまり、枢機卿たちが姿をあらわした。その聖職者たちのほうへ主教は近寄った。ディッキーの目にうつる主教は、めずらしい服を着ているけれど、感じのよい老紳士にすぎなかった。主教についてディッキーが考えたことといえば、奇跡が通り過ぎていくというくらいだったが、それはひもをつけて修理する必要があるように思える帽子を主教がきちんとかぶっているせいだった。

そのとき、主教の馬車がとまっているあたりに、また別な馬車がきた。馬車から三人の淑女たちがおりてきた。入場券を持っている者の友人で、人々は彼女たちに近づき、挨拶をしてから握手をした。すぐにディッキー・ペローはロビーを横切り、内壁にそってそれとなく移動していき、柱の陰や闇に隠れながら菓子を探した。

合唱団が力をこめて歌い、それから説話があった。枢機卿たちが語ったのは、建物に集まったイースト・エンドの人々がとても礼儀正しく、清潔であることへの驚きと喜びであり、根気強く、無私の聖体奉挙への感謝だった。

 

The tickets were being taken at the door by an ardent young Elevator—one of the missionaries. Him, and all such washed and well-dressed people, Dicky had learnt to hold in serene contempt when the business in hand was dodging. There was no hurry: the Elevator might waste his vigilance on the ticket-holders for some time yet. And Dicky knew better than to betray the smallest sign of a desire for entrance while his enemy’s attention was awake.

Carriages drew up, and yielded more Eminences: toward the end the Bishop himself, whom Dicky observed but as a pleasant-looking old gentleman in uncommon clothes; and on whom he bestowed no more thought than a passing wonder at what might be the accident to his hat which had necessitated its repair with string.

But at the spikes of the Bishop’s carriage came another; and out of that there got three ladies, friends of the ticket-receiver, on whom they closed, greeting and shaking hands; and in a flash Dicky Perrott was beyond the lobby and moving obscurely along the walls of the inner hall, behind pillars and in shadow, seeking cake.

The Choral Society sang their lustiest, and there were speeches. Eminences expressed their surprise and delight at finding the people of the East End, gathered in the Institute building, so respectable and clean, thanks to persistent, indefatigable, unselfish Elevation.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.