アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」2章24回

偉大な主教は、拍手をする人々やハンカチをふる人々にかこまれて、あらゆることについて天使のように高い声で話した。「ウエスト・エンドから差しのべられた支援の手が、はっきりとした形でイースト・エンドにあらわれる様子を見たことは、この日の喜びです。また、賞賛すべき集まりに自分がいることに、そしてこう言うのが許されるなら、その集まりはロンドンの偉大なるイースト・エンドを代表する集まりであり、聖体奉挙を渇望し、望む人々の集まりであることに喜びを感じえません。さらにこの聖体奉挙は、ここより恵まれた状況にある地区の方々が、実に気前よく準備してくれたものなのです。イースト・エンドの人々は、悲しいことに、大衆的雑誌などで不正確に語られてきました。イースト・エンドは、語られてきているような、暗い場所ではありません」(拍手)彼はあたりを見渡した。人、人だ。これほど行儀がよく、道徳感をもちあわせた、尊敬すべき人々を、自分の知っているウエスト・エンドの教区でも集めることができるだろうかと彼は考えた。この場にいるということが、自分のもっとも楽しい職務なのだ。そのようなことを考えていた。

 

ディッキー・ペローはお菓子を見つけた。ホールのうしろにある小さな部屋で見つけた。そこは演台にあがっていた主教や枢機卿が、式典のあとで、紅茶をのんで休むことになっている場所だった。この部屋の入り口には、重々しいカーテンがかけられていた。大勢の人々があつまった奥から、ジェイゴウのラットラインの網が投げられようとしていた。食卓はしかめ面をした男に守られ、その表情はショアディッチの菓子店の窓を見つめていた彼を追いはらった男のようだった。誰もまだそこにいなかった。ただ、しかめ面をした男が放心したかと思えば、せかせか動き、お菓子が食べられる時をまっていた。

The good Bishop, amid clapping of hands and fluttering of handkerchiefs, piped cherubically of everything. He rejoiced to see that day, whereon the helping hand of the West was so unmistakably made apparent in the East. He rejoiced also to find himself in the midst of so admirably typical an assemblage—so representative, if he might say so, of that great East End of London, thirsting and crying out for—for Elevation: for that—ah—Elevation which the more fortunately circumstanced denizens of—of other places, had so munificently—laid on. The people of the East End had been sadly misrepresented—in popular periodicals and in—in other ways. The East End, he was convinced, was not so black as it was painted. (Applause.) He had but to look about him. Etcetera, etcetera. He questioned whether so well-conducted, morally-given, and respectable a gathering could be brought together in any West End parish with which he was acquainted. It was his most pleasant duty on this occasion—and so on and so forth.

Dicky Perrott had found the cake. It was in a much smaller room at the back of the hall, wherein it was expected that the Bishop and certain Eminences of the platform would refresh themselves with tea after the ceremony. There were heavy, drooping curtains at the door of this room, and deep from the largest folds the ratling from the Jago watched. The table was guarded by a sour-faced man—just such a man as drove him from the window of the cake shop in Shoreditch High Street. Nobody else was there yet, and plainly the sour-faced man must be absent or busy ere the cake could be got at

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.