アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」3章28回

ジョシュ・ペローは不安な様子で妻のほうをみた。子どもに関することは、妻の主な関心事だった。彼女がどう思っているかは考えるまでもなかった。彼は時計を自分のポケットにすべりこませると、ディッキーの襟元をつかんだ。

「おまえにやるものがある、小さな泥棒に」彼は声をあらげると、自分のベルトをさっとひっぱりだした。「俺達全員が一年か二年のあいだ、刑務所暮らしになってもいいんだな。大人みたいに時計を盗みにいくとは」それから、たいそう腹をたててベルトでぶったので、ディッキーは驚いてしまい、息苦しくなって息もつけなくなり、哀れな悲鳴をあげながらジョシュのまわりを逃げた。赤ん坊は目が覚めてしまい、かぼそい声で泣いてかすかに共感をしてみせた。

服が裂け、古い上着から襟がとれかけていた。その有様を感じて、ジョシュ・ペローは上着から手をはなした。ディッキーは首をげんこつでいきなり攻撃され、よろめきながら部屋を歩いた。ベッドの柵につかまると、袖で顔をおおいながらすすり泣き、踊り場へと足をひきずっていった。

想像していた以上のしかり方だったが、母親は口出しをしない方がいいと知っていた。ディッキーがいなくなったので、ためらいながら彼女はいった。「すぐに質にいれない方がいいんじゃない、ジョシュ?」

「ああ、そのつもりだ」ジョシュは、手の中の時計をころがしながら答えた。「いい代物だ。上等品じゃないか」

「ウィーチのところに持っていくつもりじゃないだろうねえ。あの男はあまりくれないよ」

「心配するな。これを持ってオックストンまで行くつもりだ」

Josh Perrott looked doubtfully toward his wife: the children were chiefly her concern. Of her sentiments there could be no mistake. He slipped the watch into his own pocket, and caught Dicky by the collar.

‘I’ll give you somethink, you dam young thief,’ he exclaimed, slipping off his belt. ‘You’d like to have us all in stir for a year or two, I s’pose; goin’ thievin’ watches like a growed-up man.’ And he plied the belt savagely, while Dicky, amazed, breathless and choking, spun about him with piteous squeals, and the baby woke and puled in feeble sympathy.

There was a rip, and the collar began to leave the old jacket. Feeling this, Josh Perrott released it, and with a quick drive of the fist in the neck sent Dicky staggering across the room. Dicky caught at the bed frame, and limped out to the landing, sobbing grievously in the bend of his sleeve.

It was more than his mother had intended, but she knew better than to attempt interference. Now that he was gone, she said, with some hesitation: ”Adn’t you better take it out at once, Josh?’

‘Yus, I’m goin’,’ Josh replied, turning the watch in his hand. ‘It’s a good ‘un—a topper.’

‘You—you won’t let Weech ‘ave it, will ye, Josh? ‘E—’e never gives much.’

‘No bloomin’ fear. I’m goin’ up ‘Oxton with this ‘ere.’

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.