アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」5章45回

 その夜、ジョシュ・ペローとビリー・ラーリィのあいだに、戦いがあるだろうと思われていた。ビリー・ラーリィが回復したからだ。ジョシュ・ペローは帰宅すると、妻のことを知り、すぐさまランスを倒した。その夜、ジェイゴウに警察がきていなければ、ジョシュ・ペローが報復にきて、ラーリィのあいだには、痛い思いをする者が大勢でたことだろう。サリー・グリーンの夫は数年前に家からいなくなっていたので、サリーの兄のビリー・ラーリィがジョシュの復讐の対象であることは明らかだった。妹が女たちのあいだで高く評価されているのと同様、彼も男たちのあいだでは高く評価されている戦い手であったので、面白い戦いになることが予想された。もちろん、その戦いは、すべての戦いのように、ある日曜日の朝、ジェイゴウ・コートでおこなわれ、おそらくハイ・モブの誰かが命をかけることになるだろう。

That night it was known that there would be a fight between Josh Perrott and Billy Leary, once the latter grew well. For Josh Perrott came home, saw his wife, and turned Rann on the spot. But for the police in the Jago that night, there would have been many a sore head, if no worse, among the Learys, by visitation of Josh Perrott. Sally Green’s husband had fled years ago, and Billy Leary, her brother, was the obvious mark for Josh’s vengeance. He was near as eminent a fighter among the men as his sister among the women, and a charming scrap was anticipated. It would come off, of course, in Jago Court one Sunday morning, as all fights of distinction did; and perhaps somebody in the High Mob would put up stakes.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.