アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」6章7章49回

今、ディッキーは慎重に社会とむきあい、事実に直面しなければならなかった。たしかにこの世は、これまでも、彼にすれば用心しなければいけないものだったが、そのことを知らなかったわけではなかった。もう彼も、他の少年たちなら自分で盗みをする年頃であり、一人前の大人のように借りができていた。ウィーチ氏がいった言葉は真実だった。ジェイゴウではいたるところで、だれもが自分のために警戒をしている。あきらかに、他の者の手におちないように、彼も自分の持ち物を守らなければならなかった。馬鹿正直なせいで、彼は自分のものを失ってしまい、かわりに父親がその品を手に入れた。父親は自分の力でやすやすと盗むこともできたのに。なんといっても屈強な男なのだから。夜になるのを待って、他の男を打ち倒すだけでいいのだから。ウィーチ氏以外は誰も、将来、盗人になろうとする者の気配に気がつくことはなかった。それぞれが自分を守るだと? そうだ、目をしっかり開けて見張らないといけないのだ。

 

7章

 ミーキン・ストリートには、何の機会も転がっていなかった。小売商も、レストランの店主も、自分たちの隣人についてよく知っているものだから、商品をしまわないで、そのままにしていることはなかった。まもなくディッキーはショアディッチ・ハイ・ストリートについた。その通りでは、もう少し好意的な雰囲気がただよっていた。彼がよく覚えている店も数軒あったが、そうした店では、ときどき商品が出入り口の付近や窓の外へ飾られていることがあった。だが、その日はそうした機会はないようだった。人について言えば、彼はポケットをねらうには背が低すぎた。さらにたしかにハイ・ストリートは、不確実ながら分け前となる通行人の姿がほとんどなかった。さらに自分が知っている人から略奪することは控えなければいけないということも知っていた。司教の時計のように珍しい機会であれば、話は別だ。それは数年に一度のことだ。

 

Now he was beginning the world seriously, and must face the fact. Truly the world had been serious enough for him hitherto, but that he knew not. Now he was of an age when most boys were thieving for themselves, and he owed money like a man. True it was, as Mr Weech had said, that everybody—the whole Jago—was on the look-out for himself. Plainly he must take his share, lest it fall to others. As to the old gentleman’s watch, he had but been beforehand. Through foolish ingenuousness he had lost it, and his father had got it, who could so much more easily steal one for himself; for he was a strong man, and had but to knock over another man at any night-time. Nobody should hear of future clicks but Mr Weech. Each for himself? Come, he must open his eyes.

 

There was no chance all along Meakin Street. The chandlers and the keepers of cook-shops knew their neighbourhood too well to leave articles unguarded. Soon Dicky reached Shoreditch High Street. There things were a little more favourable. There were shops, as he well remembered, where goods were sometimes exhibited at the doors and outside the windows; but to-day there seemed to be no chance of the sort. As for the people, he was too short to try pockets, and indeed the High Street rarely gave passage to a more unpromising lot. Moreover, from robbery from the person he knew he must abstain, except for such uncommon opportunities as that of the Bishop’s watch, for some years yet.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.