アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」8章53回

ディッキー・ペローと猫背の少年が取っ組み合いながら、通りを苦労しながら進んでいたそのときに、オールド・フィッシャーが上の階の奥から降りてきた。そこで彼は、息子のボブ、ボブの妻、ボブの二人の妹たち、それからボブの五人の子どもたちと一緒に暮らしていた。その室内には、十人が一致団結すればかなうはずの清潔さが微塵もなかった。よごれた顔に泥がこびりついたオールド・フィッシャーが、二階の開け放った扉のところで足をとめた。そしてディッキーがしたように、中をのぞきこんだ。泥がどこにもない室内に当惑しながらも、静けさに勇気づけられて、オールド・フィッシャーも中に入るという冒険をした。誰もいなかったので、オールド・フィッシャーは、マントルピースのうえにある、ピンク色のガラスの花瓶が3ペンスだろうと値ぶみをした。それから部屋のかどにある収納箱へとむかい、その蓋をもちあげてみた。その中には、ルーパーの道具がはいっていた。もし仕事で急に呼ばれたら、必要になりそうなものを、その日の朝、ルーパーはそこから取り出して、カーテン・ロードへと歩いていったのだ。あきらかに、この部屋で、もっとも価値があるものだったので、オールド・フィッシャーは小さな品をいくつかポケットに滑りこませてから、さらに大きな品をふたつかみして、重い足音をひびかせながら階上の部屋へと持っていった。やがてボブの女房を連れて戻ってくると、ふたりして、さらにとりかかった。だが、ふたりが姿をみせたとき、踊り場には猫背の少年がいた。そこですすり泣きながら、袖で顔をぬぐっていた。あらたに略奪されている様子をみて、少年は鋭い叫び声をあげた。そしえ踊り場に力なく立ちつくし、涙があふれる瞳で、その男女が階段をあがっていく様子を見た。オールド・フィッシャーはぎこちない様子で、重い足音をひびかせながら女につづいて歩き、その前にいる女は無関心な様子で見おろしてきただけだった。彼らが上の階に姿を消したときになって、ようやく父親と母親の足音が、階下から猫背の少年の耳にとどいた。

When Dicky Perrott and the small hunchback were hauling and struggling across the street, Old Fisher came down from the top-floor back, wherein he dwelt with his son Bob, Bob’s wife and two sisters, and five children: an apartment in no way so clean as the united efforts of ten people might be expected to have made it. Old Fisher, on whose grimy face the wrinkles were deposits of mud, stopped at the open door on the first floor, and, as Dicky had done, he took a peep. Perplexed at the monstrous absence of dirt, and encouraged by the stillness, Old Fisher also ventured within. Nobody was in charge, and Old Fisher, mentally pricing the pink glass vases at threepence, made for a small chest in the corner of the room, and lifted the lid. Within lay many of Roper’s tools, from among which he had that morning taken such as he might want on an emergent call to work, to carry as he tramped Curtain Road. Clearly these were the most valuable things in the place; and, slipping a few small articles into his pockets, Old Fisher took a good double handful of the larger, and tramped upstairs with them. Presently he returned with Bob’s missis, and together they started with more. As they emerged, however, there on the landing stood the little hunchback, sobbing and smearing his face with his sleeve. At sight of this new pillage he burst into sharp wails, standing impotent on the landing, his streaming eyes following the man and woman ascending before him. Old Fisher, behind, stumped the stairs with a clumsy affectation of absent-mindedness; the woman, in front, looked down, merely indifferent. Scarce were they vanished above, however, when the little hunchback heard his father and mother on the lower stairs.


PDF

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.