アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」10章68回

通りのむこうから来たのはビリー・ラリーで、巨体に、赤ら顔のビリーは足をひきずりながら、自分より背の低い男の上着につかまっていた。ディッキーは、小さいほうの男が玩具を専門にあつめている(つまり、それは時計を盗むひとという意味である)ことを知っていたので、自分がよい仕事をしたのだと考えた。ディッキーの仕事のおかげで、ビリー・ラリーはビールの販売店で、もうビールにありついていた。ビリーが鞭打ちをみくだして、面子がつぶれると言うことはあまりなかったが、それでも自分で盗みにまわるほど落ちぶれてはいなかった。妻が多くの男たちにこん棒をくらわせてくれたおかげで、彼がやらなくてはいけないことは、もう一杯酒を飲むことであった。一番近いところにいる人物に、ビールを買う金を要求するのだが、ただ相手を強打するだけでよかった。あるいは手近なパブに歩いていき、なみなみと注がれた大ジョッキを選び、つばを吐きかけるのだ。そう、ビールを欲しがる相手から、ビールをうばい、自分の思うままにするための儀式をおこなうのである。ランにしても、ラリーにしても、同じような生活手段を追い求める者たちが他にもいた。だが、そうした者たちのなかでも、ビリー・ラリーはひときわ体が大きく、大男はジェイゴウでは稀だったので、困難にでくわすことはあまりなかった。それに過去に実際にあったことだが、余所者のビールを奪いとったところ、その相手が、ショアビッチの探検にきていいたマイル・エンドのプロボクサーだったこともあった。ジェイゴウの者にすれば、ビリー・ラリーに盗みを気づかれてしまう事態は望ましくはなかった。盗みに気づかれると、盗みをした者は探しだされてしまう。首筋を押さえつけられ、生血を最後の一滴まで吸いつくされるのだ。おそらく全てを奪い去られた挙句、もしビリー・ラリーがまだ素面で、仕事ができる状態であれば、ぶちのめされることだろう。

ディッキーは、その男を興味ぶかそうに見つめた。父親が一週間以内に、闘うことになる相手だ。おそらく二、三日以内に決着はつくことだろう。第一日曜日には、きっと、ラリーは父親にふさわしい相手だと思われているだろう。足のよろめきが昨日の戦いのせいなのか、それとも今日飲んだビールのせいなのか、ディッキーには判断がつきかねた。だが戦いの火ぶたがきられるまで、一刻の猶予もないことはあきらかだった。

Down the street came Billy Leary, big, flushed and limping, and hanging to a smaller man by a fistful of his coat on the shoulder. Dicky knew the small man for a good toy-getter—(which = watch stealer)—and judged he had had a good click, the proceeds whereof Billy Leary was battening upon in beershops. For Billy Leary rarely condescended to anything less honourable than bashing, and had not yet fallen so low as to go about stealing for himself. His missis brought many to the cosh, and his chief necessity—another drink—he merely demanded of the nearest person with the money to buy it, on pain of bashing. Or he walked into the nearest public-house, selected the fullest pot, and spat in it: a ceremony that deprived the purchaser of further interest in the beer, and left it at his own disposal. There were others, both Ranns and Learys, who pursued a similar way of life; but Billy Leary was biggest among them—big men not being common in the Jago—and rarely came to a difficulty: as, however, he did once come, having invaded the pot of a stranger, who turned out to be a Mile End pugilist exploring Shoreditch. It was not well for any Jago who had made a click to have Billy Leary know of it; for then the clicker was apt to be sought out, clung to, and sucked dry; possibly bashed as well, when nothing more was left, if Billy Leary were still but sober enough for the work.

Dicky gazed after the man with interest. It was he whom his father was to fight in a week or so—perhaps in a few days: on the first Sunday, indeed, that Leary should be deemed fit enough. How much of the limp was due to yesterday’s disaster and how much to to-day’s beer, Dicky could not judge. But there seemed little reason to look for a long delay before the fight.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.