アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」10章70回

キドー・クックは咳きこみ、びしょ濡れになって困惑しながらも、本能的にジョッキをとって、マザー・ギャップの店の扉まで戻った。一方、食堂の窓に顔をおしつけていた多くの人々も体をゆらし、喜びに有頂天になりながら笑い転げた。ずぶ濡れになった顔にビールの痕跡をのこし、そのせいでキドーは痛ましくらいに苦労しながら歩いていたが、それでも自覚していたのは、自分が完敗したということであり、また忍耐強い、晴れやかな笑みをうかべた男の方が優位にたっているということであった。その男は、落ち着き払って立ち去った。

 この事件の少しまえに、その男はルーパーさんの部屋から出てきたばかりだった。そう、ディッキーが出かけたあとに、彼はペロー一家の住まいをのぞき、時計のことについて話してきたのだった。だが、あきらかに時計はなく、ペローの奥さんはその話に微かながら憤りをみせた。それにその出来事については、たしかに何も知らない様子だったので、とりあえず今のところ、彼はそれ以上追及しないことにした。それに猫背の少年の話は要領を得ないところが多かった。ディッキーが時計を持っているところを見たわけではなく、ただ階段で出会ったとき、上着がふくらんでいたというだけなのだ。たしかに疑わしいかもしれないが、犯罪を証明できないような場面で、自分の威信を地に落とす危険をおかすわけにはいかなかった。そこで、その場にふさわしくハンナ・ペローの災難を哀れみ、赤ん坊の具合がよくないようだから病院に連れていった方がいいと言うにとどめ、ジェイゴウを歩きはじめた。

 つぎに来たときには、彼は手押し車をディッキーの家の前にとめ、ルーパーさんの部屋へ上がっていった。ジェイゴウにもはや彼らが住めないと考え、その男がダヴ・レーンの近くに頃合いの部屋を見つけてきたのだ。そういう次第で男の教会に元気づけられ、ルーパーさんたちも出てくると、手押し車をもってきた男の力をかりて、寝台を各部分に分解し、寝具類は束にして運び、二脚の椅子も、ピンクの花瓶も、古いカーペットも、自分たちの持ち物であった二、三のものといっしょに手押し車に積み上げた。

Kiddo Cook, coughing, drenched and confounded, took the pot instinctively and backed to Mother Gapp’s door, while the bunch of faces at the bar window tossed and rolled in a joyous ecstasy: the ghost whereof presently struggled painfully among Kiddo’s own dripping features, as he realised the completeness of his defeat, and the expedience of a patient grin. The parson went calmly on.

Before this, indeed when he left the Ropers’ room, and just after Dicky had started out, he had looked in at the Perrotts’ quarters to speak about the clock. But plainly no clock was there, and Mrs Perrott’s flaccid indignation at the suggestion, and her unmistakable ignorance of the affair, decided him to carry the matter no further, at any rate for the present. Moreover, the little hunchback’s tale was inconclusive. He had seen no clock in Dicky’s possession—had but met him on the stairs with a bulging jacket. The thing might be suspicious, but the new parson knew better than to peril his influence by charging where he could not convict. So he duly commiserated Hannah Perrott’s troubles, suggested that the baby seemed unwell and had better be taken to a doctor, and went his way about the Jago.

Now he stopped the truck by Dicky’s front door and mounted to the Ropers’ room. For he had seen that the Jago was no place for them now, and had himself found them a suitable room away by Dove Lane. And so, emboldened by his company, the Ropers came forth, and with the help of the man who had brought the truck, carried down the pieces of their bedstead, a bundle of bedding, the two chairs, the pink vases, and the strip of old carpet, and piled them on the truck with the few more things that were theirs.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.