アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」11章74回

ジョシュ・ペローがハイ・モブの連中のあいだで遂行しようとしていたこととは、ビリー・ラリーとの戦いに戻してくれそうな、モブの輩を見つけることだった。個人的な事情での仲たがいが、喧嘩の最初の原因だとしても、それでも商売をないがしろにするわけにはいかなかった。仲たがいであろうと、他のものであろうと、金をうんでくれそうなものなら、利用しない手はなかった。特別な報酬をだすだけの価値ある戦いが目前でくりひろげられるなら、観客も自分たちがみている娯楽に金を支払うというのが、まさに筋であろう。

 だが、その日、モブの偉い連中はバッグ・オブ・ネイルにはいなかった。日曜日が、ハイ・モブの連中が集まる日だった。日曜日は、言わば、ジェイゴウの市がたつ日であり、週払いの家賃を払う日であった(だがジェイゴウの家賃は、ほとんどの場合、日払いであり、夜ごとの払いであった)。さらに他のつけも清算される日であったが、なかには踏み倒す者もいた。さらにハイ・モブの連中は、派閥闘争をしているときには、ジェイゴウのことを少しも信用しようとはしなかった。そこで、ただ通り過ぎていくだけだったので、いつもと比べて三分の一くらいの時間に滞在が縮められていた。ジョシュは、長いあいだ待ち続け、しつこく誘いかけたが、むなしい結果におわった。やがて昔からの馴染みの客が到着した。かつて「用心棒」として、すなわち、こう表現することが許されるなら、体を危険にさらすこともある競馬場への冒険のときに、ポン引きやならず者として雇ってくれた男だ。こうした機会に、ジョシュは思いっきり殴ったり、殴られたりすることで金を稼いでいたのだが、彼を雇った男も、ジョシュの能力に関して高く評価し、感謝の念をいだいていた。そこで男は今、きたるべき戦いの話に耳をかたむけ、賭けと何がしかを与えることに同意すると、ジョシュにも何らかのものを与えた。いっぽうで友人たちと、好ましい賭け率で賭けをしては利益をえようとした。それというのも、ビリー・ラリーは悪名高い男で、ジェイゴウでも最高の乱暴者にちかい男であり、かたやジョシュの評判といえば、それほど悪名高いものでもなければ、噂がひろまっていなかったからだ。このようにして問題が解決したので、ジョシュは機嫌よく紅茶をのみに帰ってきた。ビリー・ラリーなら、賭け金に応じてくれそうな、別のハイ・モブの連中を見つけることも、さほど難しくないからだ。

Josh Perrott’s mission among the High Mob had been to discover some Mobsman who might be disposed to back him in the fight with Billy Leary. For though a private feud was the first cause of the turn-up, still business must never be neglected, and a feud or anything else that could produce money must be made to produce it, and when a fight of exceptional merit is placed before spectators, it is but fair that they should pay for their diversion.

But few High Mobsmen were at the Bag of Nails that day. Sunday was the day of the chief gatherings of the High Mob: Sunday the market-day, so to speak, of the Jago, when such rent as was due weekly was paid (most of the Jago rents were paid daily and nightly) and other accounts were settled or fought out. Moreover, the High Mob were perhaps a trifle shy of the Jago at the time of a faction fight; and one was but just over, and that cut short at a third of the usual span of days. So that Josh waited long and touted vainly, till a patron arrived who knew him of old; who had employed him, indeed, as ‘minder’—which means a protector or a bully, as you please to regard it—on a racecourse adventure involving bodily risk. On this occasion Josh had earned his wages with hard knocks given and taken, and his employer had conceived a high and thankful opinion of his capacity. Wherefore he listened now to the tale of the coming fight, and agreed to provide something in the way of stakes, and to put something on for Josh himself: looking for his own profit to the bets he might make at favourable odds with his friends. For Billy Leary was notorious as being near prime ruffian of the Jago, while Josh’s reputation was neither so evil nor so wide. And so it was settled, and Josh came pleased to his tea; for assuredly Billy Leary would have no difficulty in finding another notable of the High Mob to cover the stakes.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.