アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」11章75回

ディッキーは家に戻り、ルーイによりそってベッドに腰かけていた。ジョシュが息子から呼ばれると、赤ん坊の具合が悪いのはあきらかだった。「両目ともおかしい」彼は妻にいった。「やぶにらみになるかもしれない」

 ジョシュはとりわけ子煩悩な性質ではなかったが、子供たちの衣食は面倒をみるものだと思っていた。おそらくそれは漆喰工事の仕事をしていた頃の、輝かしい日々の習慣なのだろう。彼が紙につつんで、上着のポケットにいれて持ち帰ったのはトライプ(牛の胃)で、その日の儲けを夕食にしたのだ。トライプが茹であがると、ディッキーとふたりで、ルーイの口に一口もっていき、そのままビールで流し込もうとしてみた。だが、その試みもむなしく、ルーイはトライプを拒絶するとむせこんだ。その様子をみて、朝一番に無料の診療所に連れて行かなくてはいけないと、ジョシュは判断した。そして朝がくるとジョシュはルーシーを連れて行き、ディッキーも父についていった。妻のほうは首の養生につとめていたこともあったが、それだけではなく、本当のところをいえば、外にでて危険にさらされることを怖れていたのだ。その診療所は慈善施設ではなく、ミーキン・ストリートにある、そうした張り紙がはってある店だった。離れたところに住んでいる医療関係者が経営しているという、よくありがちな店なので、病気の発作をみたり、死亡証明書に署名するようなことには出来るだけ関わらないようにしていた。貧乏な学生が、ただ貧しいということで適しているからと、その診療所での仕事を任されていた。診察と薬の金額は一定で、六ペンスだった。

Dicky was at home, sitting by Looey on the bed; and when he called his father it seemed pretty plain to Josh that the baby was out of sorts. ‘She’s rum about the eyes,’ he said to his wife. ‘Blimy if she don’t look as though she was goin’ to squint.’

Josh was never particularly solicitous as to the children, but he saw that they were fed and clothed—perhaps by mere force of the habit of his more reputable days of plastering. He had brought home tripe, rolled in paper, and stuffed into his coat pocket, to make a supper on the strength of the day’s stroke of business. When this tripe was boiled, he and Dicky essayed to drive morsels into Looey’s mouth, and to wash them down with beer; but to no end but choking rejection. Whereat Josh decided that she must go to the dispensary in the morning. And in the morning he took her, with Dicky at his heels; for not only did his wife still nurse her neck, but in truth she feared to venture abroad.

The dispensary was no charitable institution, but a shop so labelled in Meakin Street, one of half a dozen such kept by a medical man who lived away from them, and bothered himself as little about them as was consistent with banking the takings and signing the death-certificates. A needy young student, whose sole qualification was cheapness, was set to do the business of each place, and the uniform price for advice and medicine was sixpence.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.