アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」12章77回

「ディッキー・ペロー、こっちにおいで」アーロン・ウィーチさんが悲しみをこめながら、叱責する口調で声をかけてきたのは、それから数日後のことだった。「こっちにおいで、ディッキー・ペロー」

ウィーチさんは立ちどまると、もったいぶって頭をふってみせた。ディッキーは下をむいた。

「あの日、何を見つけたんだ? 私のところに持って来なかったね?」

「別になにも」ディッキーは一歩さがった。

「そんなふうに答えるのはよくないことだ、ディッキー・ペロー、私にはわかっているんだからな。私の目をごまかそうとしても無駄だってことを覚えておいたほうがいいぞ。」ウィーチさんの細い目が顔をさぐるのを感じながら、ディッキーは黙りこくったまま、その凝視をかわした。「恩を仇で返すとはこのことだ、恥知らずの坊主だ。おまえがどこで時計をみつけたのか、警官に言ってしまおうか。おい、走って逃げるなんじゃないぞ。なんてこった。おまえが腹をすかせているときには、面倒をみてやったのに。コーヒーやら菓子をだして、父親のように助言をしてやり、燻製ニシンもだしてやったじゃないか。三ペンスと一ペニーの借りがあるんだぞ。それなのにお前は恩を忘れ、見つけたものをよそに持っていくんだからな」

「そんなことしてないよ」ディッキーは勇気をふるいおこして抗議した。だがウィーチさんの狡さときたら相当なもので、前回の訪問のあと、ディッキーがなにか別の「見つけ物」をしたことを抜け目なく推測しては、時間をかけて真実にたどりついていった。

「もう他所に行くんじゃないぞ。いまわしい嘘をついて、罪を重ねるようなことをしてもいけないし、恩知らずなことをしてもいけない。何をみつけてもな」彼は厳しい口調でいった。「それは弱虫のすることだ。それに私はかならず気がつくからな。そんなこともわからないのか? おまえはひとつ罪をおかした。そして、それを隠そうとして、ふたつめの罪をおかしている。私の恩も忘れて、なんて恩知らずなんだ。あれほど親切にしてやったのに。最初の約束を破るなんて。燻製ニシンの代金が払えるなら、払うがいい。もし払わないなら、お前の父さんのところにいって三ペンスと一ペニーの借りがあるという話をしてもいいんだぞ。お前さんがそんな態度をとるなら、そうしないといけないだろう」

 ディッキーにすれば、そうされることが嫌でたまらなかったのだろう。こわばった顔が物語っていた。

「それなら何か見つけて、すぐに支払うんだ。そうすれば言ったりしないから。いい子でいれば、きつくあたったりしないよ。だが、もうこれ以上ふざけるんじゃないぞ。私の目にはすべてお見通しだからな。さあ、行って、何かすぐに見つけてくるんだ」そこでディッキーは出かけた。

‘Dicky Perrott, come ‘ere,’ said Mr Aaron Weech in a voice of sad rebuke, a few days later. ‘Come ‘ere, Dicky Perrott.’

He shook his head solemnly as he stooped. Dicky slouched up.

‘What was that you found the other day an’ didn’t bring to me?’

‘Nuffin’.’ Dicky withdrew a step.

‘It’s no good you a-tellin’ me that, Dicky Perrott, when I know better. You know very well you can’t pervent me knowin’.’ His little eyes searched Dicky’s face, and Dicky sulkily shifted his own gaze. ‘You’re a wicked, ungrateful young ‘ound, an’ I’ve a good mind to tell a p’liceman to find out where you got that clock. Come ‘ere now—don’t you try runnin’ away. Wot! after me a-takin’ you in when you was ‘ungry, an’ givin’ you cawfy an’ cake, an’ good advice like a father, an’ a bloater an’ all, an’ you owin’ me thrippence a’peny besides, then you goes an’—an’ takes yer findin’s somewhere else!’

‘I never!’ protested Dicky stoutly. But Mr Weech’s cunning, equal to a shrewd guess that since his last visit Dicky had probably had another ‘find,’ and quick to detect a lie, was slack to perceive a truth.

‘Now don’t you go an’ add on a wicked lie to yer sinful ungratefulness, wotever you do,’ he said, severely. ‘That’s wuss, an’ I alwis know. Doncher know the little ‘ymn?—

An’ ‘im as does one fault at fustAn’ lies to ‘ide it, makes it two.

It’s bad enough to be ungrateful to me as is bin so kind to you, an’ it’s wuss to break the fust commandment. If the bloater don’t inflooence you, the ‘oly ‘ymn ought. ‘Ow would you like me to go an’ ask yer father for that thrippence a’peny you owe me? That’s wot I’ll ‘ave to do if you don’t mind.’

Dicky would not have liked it at all, as his frightened face testified.

‘Then find somethink an’ pay it at once, an’ then I won’t. I won’t be ‘ard on you, if you’ll be a good boy. But don’t git playin’ no more tricks—’cos I’ll know all about ‘em. Now go an’ find somethink quick.’ And Dicky went.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.