アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」15章101回

ディッキーは学校にかよっていた。いわば、時々、不定期な間隔で、ハニー・レーンのジエイゴウとの境にある公立小学校に、姿をあらわすという感じだった。なにかが与えられるときは、もちろん出席した。だが、時たま、そうした誘いがなくても、学校にいった。多分そうしたのは、午後、気分転換をしようと考えたせいであり、また外が寒く、学校が暖かいからでもあった。彼は半日児童(規定時間の半分を出席し、他は工場などで働くことを許可された13歳以下の学童)の組にいれられていた。それは様々な生徒を登録する制度だ。だが、工場で働いていなくても問題はなかった。ほかの少年たちは、半日児童かどうかということは関係なく、ディッキーのように少ししか学校に通わなかった。ジェイゴウで無理強いを企てても無駄だということを、学校関係者たちもだいぶ前に理解していた。

 

 ディッキーは馬鹿ではなかったので、大きくなるにつれて読み、書きの類を身につけた。さらに泥棒としての経験を積み、執政官の命令で、樺のむちで六回ほどむち打ちの刑をうけた。もう、めったにポケットをねらうことはなくなった。ほとんどの場合、儲けが少ないからだ。それでも、それほど背が高くならないと言われたりすると、安堵したりもした。そうこうしながら、すりの経験をたっぷりつんでいったが、やがて、もう、すりを働くことはなくなっていた。そういう運命だったのだから仕方ない。背の高い男が、すりで成功することはない。仕事をするには体をおりまげないといけないし、そうすれば見物人の目をひいてしまうからだ。

As for Dicky, he went to school. That is to say, he turned up now and again, at irregular intervals, at the Board School just over the Jago border in Honey Lane. When anything was given away, he attended as a matter of course; but he went now and again without such inducement—perhaps because he fancied an afternoon’s change, perhaps because the weather was cold and the school was warm. He was classed as a half-timer, an arrangement which variegated the register, but otherwise did not matter. Other boys, half-timers or not, attended as little as he. It was long since the managers had realised the futility of attempting compulsion in the Jago.

Dicky was no fool, and he had picked up some sort of reading and writing as he went along. Moreover, he had grown an expert thief, and had taken six strokes of a birch-rod by order of a magistrate. As yet he rarely attempted a pocket, being, for most opportunities, too small; but he was comforted by the reflection that probably he would never get really tall, and thus grow out of pocket-picking when he was fully experienced, as was the fate of some. For no tall man can be a successful pickpocket, because he must bend to his work, and so advertise it to every beholder.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.