アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」17章120回

ようやく司祭は、住まいを失った人々のために本気で仕事に取り組みはじめ、一家族か二家族をいっしょに連れていっては、自分で見つけた部屋へと案内した。このとき他の者たちは、こうした場合には家賃を前払いで支払うことが必要であることを知って、気を取り直した。家賃を払わなくてはいけないくらいなら、スタート神父が見つけてくるような部屋を、自分で選んだほうがいいと思うのだった。もちろん、神父が自分のポケットから出した金がなければ、こうした状況にはならなかった。ある者は、極貧の淵にいた。また他の者は家賃の前払い金をかき集めることができず、ジェイゴウの賃貸を借りることができなかった。本物の無一文と自称無一文を区別しながら、今や第六感となった洞察力を働かして、スタート神父は控え目に、ひそやかに人々を助けた。施しをするという前例をつくることは、ジェイゴウでは有害な行為であり、ジェイゴウの特徴である怠け癖を助長し、慈善家の難儀を長びかせてしまうことになるからだ。さらに増えていくのが避けられない事例は、案じるあまりの責任感からでもあり、用心深く世話をすることからもきていた。

 

At length the vicar set to work with them in good earnest, carried away with him a family or two at a time, and inducted them to rooms of his own finding. And hereat others, learning that in these cases rent in advance was exacted, bestirred themselves: reflecting that if rent must be paid they might as well choose their own rooms as take those that Father Sturt might find. Of course the thing was not done without payments from the vicar’s pocket. Some were wholly destitute; others could not muster enough to pay that advance of rent which alone could open a Jago tenancy. Distinguishing the genuine impecuniosity from the merely professed, with the insight that was now a sixth sense with him, Father Sturt helped sparingly and in secret; for a precedent of almsgiving was an evil thing in the Jago, confirming the shiftlessness which was already a piece of Jago nature, and setting up long affliction for the almsgiver. Enough of such precedents existed; and the inevitable additions thereto were a work of anxious responsibility and jealous care.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.