アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」18章126回

月曜日の朝がきたので、ディッキーは服をできるだけ上手に繕ってもらい(ハンナ・ペローにしても、ほかのジェイゴウのひとと同様、スタート神父に抗うことはできなかった)、母親のエプロンを小さく詰めたものを前にかけ、グリンダーさんの鍋とやかんの山のかたわらにたち、何かを売りたいという苦しみにもだえるうちに、こうした状況にすっかりうぬぼれてしまった。グリンダーさんが寝床から出てくるよりもずっと早くから、店の扉のところで待っていた。そして今、店の外にある品の見張りをしているのだ。また、この界隈の人たちに見過ごされないようにすることも勤めであった。錫の深鍋をあちらこちら袖でぬぐいながら、ジェイゴウの友達が通って、新しい、重要な任務についている自分の姿を見てくれないかと胸を高鳴らせた。見張っている品々は期待を裏切ることなく、興味をひきつけるものであった。そこで彼は何度も繰り返してはソースパンの値段を覚えたが、それは錫のうえに青い絵の具で描かれていた。その値段は大きさで分けられ、一番下にある大きな鍋は八ペンスから半ペニーほどで、一番上にのっている小さな鍋は三ペンスから半ペンスだった。それから長めの品が集められた一角もあったが、そこには一ペニーで売られている小さな石油ランプが並んでいた。そのランプは、一か月ほどハーフ・ジェイゴウ・ストリートのみすぼらしい屋根裏部屋で炎を燃やし、オールド・マザー・ラリィのところで脂で汚れた燃えかすになるまで燃え続ける類のものだった。その石油ランプよりも小さいけれど、品質はいいものが四ペンスから半ペニーの値段で並んでいた。ジェリー・ゲレンの店を焼き、寝床を焼いたのも、そうした品々だった。それと同時にディッキーは、四方に微々たる金額の鼠取りがぶらさがっている1.8ペンスの靴ぬぐいの方に頭をむけた。

So that there came a Monday morning when Dicky, his clothes as well mended as might be (for Hannah Perrott, no more than another Jago, could disobey Father Sturt), and a cut-down apron of his mother’s tied before him, stood by Mr Grinder’s bank of pots and kettles, in an eager agony to sell something, and near blind with the pride of the thing. He had been waiting at the shop-door long ere Mr Grinder was out of bed; and now, set to guard the outside stock—a duty not to be neglected in that neighbourhood—he brushed a tin pot here and there with his sleeve, and longed for some Jago friend to pass and view him in his new greatness. The goods he watched over were an unfailing source of interest; and he learned by much repetition the prices of all the saucepans, painted in blue distemper on the tin, and ranging from eightpence-halfpenny, on the big pots in the bottom row, to three-halfpence on the very little ones at the top. And there were long ranks of little paraffin lamps at a penny—the sort that had set fire to a garret in Half Jago Street a month since, and burnt old Mother Leary to a greasy cinder. With a smaller array of a superior quality at fourpence-halfpenny—just like the one that had burst at Jerry Gullen’s, and burnt the bed. While over his head swung doormats at one-and-eightpence, with penny mousetraps dangling from their corners.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.