アーサー・モリスン倫敦貧民窟物語「ジェイゴウの子ども」18章127回

自分の状況に慣れるにつれて、ディッキーはわずかな汚れでもかきあつめ、エプロンの前で拭おうと考えた。よく働いて、仕事に励んでいるような姿になりたいと考えたのだ。また深鍋やネズミ取りを見ている女がいれば、店に入らないうちに声をかけて、女たちの観察の邪魔をした。グリンダーさんから女達をきりはなして、自分が相手をしようとしたのだ。彼の脳裏にうかんでくる少年は、ビショップ・ストリートのおもちゃ屋で働いていて、数年前、スピタルフィールズの青果市場で彼を追いかけてきた少年だ。盗みをはたらく若者の誰かが、ネズミとりをひったくれば、自分もそのあとを追いかけるのにと思った。

グリンダーさんに呼ばれるたびに、ディッキーは機敏に動き、嬉々としたがった。新しい任務はどれも目新しく、喜ばしいものだった。それに一日中ずっと、実際の商店経営という長いゲームをしているのだ。だからお茶の時間になっても―――毎週、日曜日にもらう3.6ペンスにくわえ、毎日、紅茶をもらうのむことになっていた―――彼は紅茶をのむのに五分もかからなかった。手押し車が一台あった。赤帽が鉄道の駅で使うようなもので、それよりも小さかった。その手押し車が彼の特別な道具で、配達用の小さな荷物を集めて、少数ではあるが、自分で購入した荷物を持っていかない客に届けた。この手押し車が器用に扱えるようになったので、心から喜んでいた。急いで紅茶をのみこんで、二百ヤード離れたところにあるパブへと、手押し車を押してそそくさと出かけた。

 

When he grew more accustomed to his circumstances, he bethought him to collect a little dirt, and rub it down the front of his apron, to give himself a well-worked and business-like appearance; and he greatly impeded women who looked at the saucepans and the mousetraps, ere they entered the shop, by his anxiety to cut them off from Mr Grinder and serve them himself. He remembered the boy at the toy-shop in Bishopsgate Street, years ago, who had chased him through Spitalfields; and he wished that some lurching youngster would snatch a mousetrap, that he might make a chase himself.

At Mr Grinder’s every call Dicky was prompt and willing; for every new duty was a fresh delight, and the whole day a prolonged game of real shopkeeping. And at his tea—he was to have tea each day in addition to three and sixpence every Saturday—he took scarce five minutes. There was a trolley—just such a thing as porters used at railway stations, but smaller—which was his own particular implement, his own to pack parcels on for delivery to such few customers as did not carry away their own purchases: and to acquire the dexterous management of this trolley was a pure joy. He bolted his tea to start the sooner on a trolley-journey to a public-house two hundred yards away.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.