アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」22章144回

ジェイゴウとダヴ・レーンの不和は永遠に続くものであり、ランスとラリーの間柄のようだった。だがランスとラリーの不和のように、その不和は発作的に起きるものであり、一定の間隔をあけて起きるものだった。どちらの場合も、党派間の親しみをこめたやりとりが目立つようになると、その激情も終わりに近づいてきた。ボブ・ランとビリー・ラリーは同じジョッキで、愛想良く飲み、ノラ・ウォルシュとサリー・グリーンはたがいを「マム(奥さん)」と呼び合った。その一方で、ジェイゴウの人々とダヴ・レーンの人々はカウンターで一緒に飲み、タバコを少し貸しては、相手を「相棒」と呼んだ。戦いのときの激情は、今や消え去ってしまい、和解することが義務であった。ダヴ・レーンの人々は鞭で激しくぶたれ、靴も、ズボンもミーキン・ストリートで奪われてしまったが、それでも買おうとはしてなかった。ダヴ・レーンそのものは、端から端まで、勝利したジェイゴウの人々によって一掃され、両方の派閥の人々は包帯をまいた頭で、あちらこちらに群れていた。戦いを終えて満ちたりた今、戦うべき理由は残されていなかった。さらに戦いが長いあいだ尾をひくようであれば、警察が大挙してあらわれ、具合のよくない監視をしては、界隈の人々をしたがわせ、ジエイゴウへ、ときにはダヴ・レーンへとしばしば近づいては、昔の話を捜査してきた。だから平和の宣言がなされると、そのあきらかな証として、ダヴ・レーンの人々は一緒にジェイゴウを訪れては、マザー・ギャップの店での合唱会にくわわった。マザー・ギャップの店が選ばれたのは、大事な場面に使われる場所だということもあるが、カウンターの背後にある大きな部屋のせいだった。その部屋は「クラブルーム」と呼ばれていて、昔は二つの部屋と大きな物いれがあったところで、壊れた区切りやヒビの入った壁をとりはらって出来た部屋だった。

 

The feud between the Jago and Dove Lane was eternal, just as was that between the Ranns and the Learys; but, like the Rann and Leary feud, it had its paroxysms and its intervals. And, in both cases, the close of a paroxysm was signalised by a great show of amity between the factions. Bob Rann and Billy Leary would drink affably from the same pot, and Norah Walsh and Sally Green would call each other ‘mum’; while Jagos and Dove-Laners would mingle in bars and lend pinches of tobacco, and call each other ‘matey.’ A paroxysm in the war had now passed, and reconciliation was due. The Dove-Laners had been heavily thrashed: their benjamins and kicksies had been impounded in Meakin Street, and they had ceased from buying. Dove Lane itself had been swept from end to end by the victorious Jago, and the populations of both were dotted thickly with bandaged heads. This satisfactory state of things achieved, there was little reason left for fighting. Moreover, if fighting persisted too long at a time, the police were apt to turn up in numbers, subjecting the neighbourhood to much inconvenient scrutiny, and very often coming across Jagos—or even Dove-Laners—’wanted’ on old accounts. So peace was declared; and, as a visible sign thereof, it was determined that the Dove-Laners should visit the Jago in a body, there to join in a sing-song at Mother Gapp’s. Mother Gapp’s was chosen, not only because it was Mother Gapp’s—an important consideration—but also because of the large room behind the bar, called the ‘club-room,’ which had long ago been made of two rooms and a big cupboard, by the cutting away of crazy partitions from the crazy walls.

 

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.