アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」22章146回

 ダヴ・レーンの人々は期待を上回って、大勢でやってきたので、まもなく集会室は、ジェイゴウの人々がきても、これ以上はいることができなくなるだろう。すでに客はきているのだが、それでもまだ集まり続け、人々は体を押し込んで場所を見つけた。どうすれば一番いいのかということは、少々心許なかった。そうしている間に、即席合唱会がはじまった。それは少なくとも二十人ほどの人々が、すぐに好意の証をみせようとしたからだ。次から次へと新しい参加者があらわれた。ダヴ・レーンの人々が大勢、立ち上がったので場所は少し空いたが、また新たな人々が次から次にやってきたので、とうとう集会室にはもう人々が入るのは無理な有様で、壁は飛び散ってしまいそうだった。天井は低く、紫煙がたなびき、端でテーブルに立って歌っている男たちの顔をおおい隠していた。紫煙のしたに、人々の頭や帽子、陶製パイプが密集していて、さらに包帯やら目の周りの黒痣がその風景に変化をそえていた。

 こうして中に入ってきたダヴ・レーンの人々は、席があれば、嬉々としてカウンターにむかった。ジェイゴウの人々は、男も、女も、フェザーズのドアの周囲にひしめいていた。ディッキーは他の少年よりも恵まれているので、いわゆる音楽が聞こえてくる場所なら何処だろうと出かけ、その日もカウンターを通りぬけて集会場のドアへと進むことには成功したが、それ以上は進めず、今や、おしつぶされながら立ちつくしているのは、顔はココ・ハーンウェルが着ている上着の背中の裾にぶつかり、後頭部もフルフィ・パイクのモールスキンのウエストコートにおされているせいだった。そのウエストコートは、真珠貝のボタンに前が飾られ、ポケットは巧みに隠されていた。歓迎役のひとりであるパッド・パーマーも歌っていた。彼は、自分の合唱にステップダンスをくわえ、その場に居合わせた者も共感しながら、足をふみならして歌った。

「彼女は戦士だ。噛みついたり、ののしったり、引き裂いたり。通りをうろつくコソ泥連中は、ローティ・サルと彼女を呼ぶ。だが俺はちがう。俺ならローティ・セーラーと呼ぶ。俺なら」

 

The Dove-Laners came in still larger numbers than had been expected, and before long it was perceived that there would be little space in the club-room, if any at all, for the Jagos. Already the visitors seemed to fill the place, but they still kept coming, and found places by squeezing. There was some doubt as to what had best be done. Meanwhile the sing-song began, for at least a score were anxious to ‘oblige’ at once, and every moment fresh volunteers arose. Many Dove-Laners stood up, and so made more room; but more came, and still more, till the club-room could hold not another, and the very walls were like to burst. Under the low ceiling hung a layer of smoke that obscured the face of the man standing on the table at the end to sing; and under the smoke was a close-packed array of heads, hats, and clay pipes, much diversified by white bandages and black eyes.

Such Dove-Laners as came in now were fain to find places in the bar, if they could; and a crowd of Jagos, men and women, hung about the doors of the Feathers. More fortunate than other boys, Dicky, who would go anywhere to hear what purported to be music, had succeeded in worming himself through the bar and almost to the door of the club-room; but he could get no farther, and now he stood compressed, bounded on the face by Cocko Harnwell’s coat-tails, and on the back of the head by Fluffy Pike’s moleskin waistcoat, with pearlies down the front and the artful dodge over the pockets. Pud Palmer—one of the reception committee—was singing. He accompanied his chorus by a step dance, and all the company stamped in sympathy:—

She’s a fighter, she’s a biter, she’s a swearer, she’s a tearer, The gonophs down aar alley they calls ‘er Rorty Sal; But as I’m a pertikiler sort o’ bloke, I calls ‘er Rorty Sairer, I’m goin’—’

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.