アーサー・モリスン「ジェイゴウの子ども」22章147回

ガシャン! ガチャン!

 

 ディッキーは、ココ・ハーンウェルの上着の裾にしがみつき、踏みつぶされないようにした。それからしばらくのあいだ、慌ただしく走りまわる男たちのなかに放りだされ、押しつぶされそうになったり、叩きつぶされそうになったりする有様は、白波のあいまに漂う水泳

選手のようで、喚き声やらガラスが砕ける音が周囲をつんざいていた。

 元々、頑丈につくられていた床ではなく、小さな、ふたつの小部屋をささえ、軽く、簡単に動かせる食器棚に耐えられる程度の強度の床だった。古く、もう腐っている床なのに、合唱のときに、大勢で踏みならしたものだから、床は完全に抜けてしまった。そして人々はもがきながら、五フィートほど下の貯蔵庫の樽めがけて転落すると、恐怖にかられ、テーブルや鍋、木材、火のついたパイプ、ばらばらに砕けた建具につまずきながら歩いた。

 騒乱の最中に、ダヴ・レーンの人々は、罠だったのだと大声でわめいた。すると即座に、ジェイゴウの人々とダヴ・レーンの人々は掴みあいをはじめたが、くずれおちた床板のなかで、人数の少ないジェイゴウの人々には苦しい戦いとなりそうだった。ビリー・ラリィは必死に、床材の破片でうちのめし、かたやジョシュ・ペローとプッド・パーマーは、ブリキ製の鍋で、ダヴ・レーンの人々を殴りつけた。そのとき表のほうから、ダヴ・レーンの住民が中でジェイゴウの人間を皆殺しにしているという叫び声があがった。するとジェイゴウの一団が怒涛のごとくドアから流れ込んできて、床下の混乱への入り口となっている集会室にきた。

 

Crack!—Crash!

Dicky clung to Cocko Harnwell’s coat-tails lest he were trampled to death; and for a while he was flung about, crushed and bruised, among rushing men, like a swimmer among breakers, while the air was rent with howls and the smash of glass. For the club-room floor had given way.

It had been built but slightly in the beginning, as floor for two small rooms and a cupboard, with little weight to carry. Old and rotten now, and put to the strain of a multitude, stamping in unison, it had failed utterly, and had let down a struggling mob of men five feet on the barrels in the cellar, panic-stricken and jumbled with tables, pots, wooden forms, lighted pipes and splintered joinery.

From the midst of the stramash a Dove-Laner bawled aloud that it was a trap, and instantly Jagos and Dove-Laners were at each others’ throats, and it was like to go hard with the few Jagos among the ruins. Billy Leary laid about him desperately with a ragged piece of flooring, while Josh Perrott and Pud Palmer battered Dove-Laners with quart pots. Then it was shouted without that the Dove-Laners were exterminating the Jagos within, and a torrent of Jagos burst through the doors, poured through the bar, and over the club-room threshold into the confusion below.

さりはま の紹介

何かあればsarihama★hotmail.co.jpまでご連絡ください。★は@に変えてください。更新情報はツィッター sarihama_xx で。
カテゴリー: ジャェイゴウの子ども パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.